年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

ピッタマスクで肌荒れやニキビは増える?寝る時は付けない方がいい?

ピッタマスクは色も可愛らしく再利用が可能ということで若い人の間では人気のマスクです。
先日、イベントでピッタマスク詰め放題でも話題になっていましたね。

しかし、気になるのが肌荒れやニキビです。
不織布マスクだど肌が擦れて肌荒れの原因になったり、マスクしてたらニキビが増えたりという肌トラブルもあります。

私も春になると花粉症のような症状が出てきたり、肌もガサガサしてくるのでマスクについて色々調べて「ピッタマスク」と思っていたのですが、新型コロナウイルスのせいでピッタマスクをはじめとするマスクがない状態になっていますね。

今回はピッタマスクで肌荒れやニキビが増えるのか?
また、就寝時はつけない方が良いのかについて解説していきたいと思います。

ピッタマスクで肌荒れやニキビは増える?《逆に減った人の方が多い》

どうやらピッタマスクで肌トラブルが減ったという声が多いようです。
その理由はピッタマスクの素材にあるようです。

ピッタマスクの素材はポリウレタンを使っています。
水着やユニクロのワイヤレスブラなど直接肌に触れ通気性と伸縮性を求められるものにも使われています。
下着など直接肌に触れても柔らかい素材なのでポリウレタン素材の下着は今人気を高めています。

柔らかい素材、そしてしっかりフィットすることで摩擦などで頬が擦れる心配もないようです。
そしてニキビもマスクの通気性が良いので不織布マスクを使っていた時に比べると減ったという声もありました。

繊維は糸状にしたものを織って布状にしていきますが、不織布は織ることなくシートのように組み合わせているのでキメの粗い生地で通気性がどうしても悪くなってしまいます。
不織布マスクは使い捨てマスクなので安価にするには仕方ない素材です。

また不織布マスクはウイルスや花粉の侵入を防いではくれますが、マスクの中は蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすいようです。

ピッタマスクの魅力の1つが「洗って使える」ということ!
肌にしっかりフィットするマスクですので、使ったら必ず洗いましょう。
ファンデーションもつかなったし!と思っていても顔にはファンデーション以外の汚れも付着しています。

洗わないとその汚れを顔につけてしまうことになるので、せっかく洗えるマスクを不潔にしてしまうことで肌トラブルを起こす原因になってしまいますので正しく使いましょう。

ピッタマスクは何回洗える?《洗い方と表裏の見分け方》
スポンサーリンク

ピッタマスクは寝る時に付けない方がいい?《付けても大丈夫》

風邪やインフルエンザになるとやはり夜もマスクをつけて寝る人も多いと思います。
しかし不織布マスクは通気性が悪いことから息苦しさや、ゴムで耳が痛くなることから無意識に外してしまっていることがあります。

また、不織布マスクはフィット感がないので寝返りなどのタイミングで外れてしまうこともあります。

しかし、ピッタマスクに関して普段から通気性が良いということもあるので寝ていても息苦しさもなく、しっかりフィットし柔らかい素材のため耳周りも痛くならないということで就寝時の使用感も愛用者からは絶賛されています。

ちなみに私の友人は筋肉の大会などに出ているようで、ジムでトレーニングする際にピッタマスクをつけているそうです。
心拍数を高めるためにつけているようですが、不織布マスクに比べると断然良いようです。

しかしトレーニングしながらなので、通気性が良くても汗が加わるとやはり蒸れてしまうことはあるようです。
ハードなトレーニングしている人もつけているので、寝ている時につけても全然大丈夫そうですね。

スポンサーリンク

マスクで肌荒れしない肌作り《保湿ケアが大事》

ピッタマスクをしていてもその後のケアを怠ってしまうと肌トラブルを起こります。
ピッタマスクに限らず、不織布マスクでも勘違いしてしまうのが「マスクで保湿されている」思ってしまうことです。

確かに保湿状態といえばそうなのですが、マスクで覆われている部分は要はスチームを浴びているような状態です。

エステサロンで行うスチームは毛穴を広げて汚れを出す、そしてしっかり毛穴に美容成分を入りやすい状態にしているのです。

私はスッピン隠しにマスクを使うことがありますが、やはりマスクをしているといつもより毛穴が広がって見えます。
毛穴が開いた状態ですと、皮膚の水分が奪われやすい状態になってしまうのです。

洗顔のあとにしっかり保湿をすることで肌トラブルを減らすことができます。
空気が乾燥していると肌の保湿力も減り、肌のバリア機能が低下して肌トラブルを起こしやすい状態になります。
特に花粉症のシーズン、季節の変わり目は肌トラブルを起こしやすい時期です。

確かに、接触性皮膚炎など触れたものが原因でアレルギー症状を起こしてしまう肌トラブルもあります。
しかし、いつも使っているマスクなのにマスクが触れた部分だけカブレてしまう原因は自分のケア不足が原因ということの方が多いです。

季節に合わせて肌ケアもしていかないとトラブルを起こす引き金を引いてしまうのです。

まとめ ピッタマスクはノンストレスマスク

カラーバリエーションも豊富で、毎日のコーディネートにも合わせやすいオシャレ感覚のマスクです。
そのため2019年にグッドデザイン賞も受賞しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mimi❤︎(@prt_cat)がシェアした投稿


ファッションに富んでいるのに、着け心地も良く、耳周りも痛くならない、苦しくない。
そして肌にも優しい素材です。
マスク業界に革命を起こしましたね。

これまでのマスクといえば、息苦しい、耳が痛い、蒸れるけど「花粉・ウイルス対策」にはやむを得ないからつけいた人がほどんどだと思います。
やはりピッタマスクを使ってからはもう他のマスクは無理という声も多いです。

ピッタマスク3枚入りで500円前後の価格ですが、1枚を3回まで洗って使えるのでエコなマスクではありますが、不織布マスクに比べるとちょっと高いかなというところもあります。
そういう方は肌トラブルを起こしやすい時期にだけ使うのもいいと思います。

マスクで肌トラブルを起こしやすい人はピッタマスクを試す価値はありそうですね。
その前に、早くマスクが店頭に並びますように・・・