紙幣が破損した場合の交換方法は?対応銀行や交換条件についても

お札が破れちゃった…どうすればいいんだろう?

ちえこ

急にお札が破損したり破けたりしてしまうと、そのまま使えるのか不安になりますよね。

もし、使えないとしたら新しいお札に交換してもらえるのかも気になるところ。

そこで、今回の記事では、お札が破損してしまったあなたに向けて、

  • お札が破れても使えるのかどうか?
  • お札を交換してもらうとしたらどこで交換してもらうのか?
  • どういう条件で交換してもらえるのか?

という疑問に答えていきたいと思います。

最後まで読んでもらえれば、あなたのお札は安心して使えるようになりますよ☆

スポンサーリンク

 

お札が破れたらどうするべき?

まずはお札が破れたとき、どうするべきなのか?

セロハンテープで貼る?自己流に修復してみる?

いえいえ、破れたときはまず、銀行に持っていきましょう。

銀行に持っていくことで、新しいお札と交換してもらうことができます。

ちなみにこの交換にかかる手数料は無料ですので、気軽に持って行ってみましょう。

なお、この手続きの際に身分証明書と印鑑が必要となることが多いそうですので、交換に行く際はご自身の身分証明書と印鑑を忘れずに持参しましょうね

ぼろぼろのお札よりも、綺麗なお札が入っている方が、お財布も持ち主も嬉しくなりますので(たぶん)。

どこで交換してもらえるの?

続いては具体的に、どこで交換してもらえるのか、銀行の場合と郵便局の場合とに分けてご紹介します。

銀行の場合

地方銀行、都市銀行ともに対応してくれますので、まずは窓口に持っていきましょう

ATMでは対応していないため、面倒でも窓口へ。

郵便局の場合

ゆうちょ銀行は両替業務に対応していないため、破れたお金は最寄りの銀行で交換してもらってくださいね。

スポンサーリンク

紙幣を交換してもらえる条件基準は?

続いては気になる、どのくらい傷ついた紙幣が交換対象なのか?

銀行で交換してもらえる基準をご紹介します!

破れたお札の交換条件

まずは破れたお札の場合。

1)面積の2/3以上が残っていれば交換可能
2)面積の2/3未満、2/5以上なら半額と交換可能

上記の条件が適応されます。

逆にいえば、面積の2/5未満にまでなっていると両替はできないことになりますね。

くれぐれも気を付けて、破れたお札がある場合はできるだけ面積を確保しておきましょう。

破損したお札の条件基準

では、破損したお札の場合はどうなのか?

1)水で濡れてしまった

水で濡れてしまったお札の場合、できるだけ綺麗に取り出して、乾かすことが大事です。

溶けてしまった部分があっても、多少縮んでしまっても、基本は同じく、面積の2/3以上なら全額、2/3未満2/5以上であれば半額として交換が可能です。

2)燃えてしまった

燃えてしまった場合も、上記と同じ理由で交換条件が適用されます。

出来るだけ焼失面積が小さく済むようにしましょう。(お札を燃やす経験はあまり無いとは思うのですが…)

また、ここまでの内容で、現金をたんす貯金などしておくのは危ない!ということがわかりますね。

火事や災害に備えて、銀行に預金するか、現金派の方は頑丈な金庫を用意されるとよいでしょう

 

3)シュレッダーにかけた

こんなことが実際に起きるのかは謎ですが、万が一シュレッダーにかけたとしても、綺麗に細長く裁断されていて、並べて再現できるようであれば、交換してもらえる可能性が高いです。

それでも認証に時間がかかるので、すぐには交換してもらえないかもしれません。

また、縦横に刻まれてしまっている紙幣では交換が難しくなりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

紙幣の交換まとめ

さて、今回は紙幣の交換基準等についてご紹介しました。

銀行に持っていけば意外とすんなり交換できるらしい!ということが分かりましたね。

日本の銀行券である紙幣。

不正に増やすことはできないように、しっかり巧妙に設けられた基準がありましたね。(流石です!!)

自動販売機などでは受け付けなくなってしまったぼろぼろの紙幣なども、銀行に行くひと手間でピン札に生まれ変わりますから、面倒くさがらずに綺麗な紙幣を流通させましょう。

ちなみに引退したボロお札は資源としてトイレットペーパーなどに生まれ変わっているそうですヨ。

おかねは大切に扱いたいなと思った筆者でした。(トイレットペーパーもね。)

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です