ジップロックは電子レンジで使える?タッパーと袋タイプをそれぞれ解説!

「ジップロックってウチにも袋とタッパーみたいの両方あるけど、どっちも電子レンジ使えるのかな?」
「袋は薄いから保存専用じゃない?」
「どっちも電子レンジOKなら、料理も保存してすぐ解凍できるから便利よね」

主婦の声にはいつも、これができたら便利だとかこうあってほしいという願望があります。

その願望が叶えば家事の効率が良くなり、主婦にも余裕ができるので一石二鳥!

今回はジップロックが電子レンジで使えるのか、2つのタイプ別に詳しく解説していきます。

ジップロックは電子レンジで使える?

ジップロックは保存だけでなく、タッパーに似た「コンテナ」や袋の「バッグタイプ」の一部は、電子レンジでの使用ももちろんできます!

ただしバッグには電子レンジに対応していないのもあるので、説明書を確認してください。

袋に関しては5種類に分けられており、

①フリーザーバッグ・イージージッパー・スタンディングバッグ → 冷凍や電子レンジ解凍OKですが加熱NG
②ストックバッグ・お手軽バッグ → 冷凍や電子レンジ解凍も加熱もNG

このように使い方も違ってきます。

解凍できるバッグの耐熱温度は100度で、それ以上の温度になると袋が溶けたり破裂の恐れがあります。

このような事故を防ぐためにも、バッグでは解凍の温度に注意し、他の容器や鍋に移し替えて電子レンジを使いましょう。

タッパー(スクリューロック)タイプ

このタイプは電子レンジ解凍のほか、加熱調理もできるので、忙しいワーキングマザーや主婦には本当に便利です。
タッパータイプ(コンテナ)は容器に入れて冷凍保存していた料理を、そのまま電子レンジへ入れて待っていれば一品できちゃうという優れもの。

耐熱温度はバッグより高い140度にもなります。
ですから、保存が難しい汁物やカレーなどはスクリューロックを使うとさらに安心で便利。

しっかりふたが締まるので冷蔵庫でも冷凍庫でもこぼれる心配がなく、そのまま電子レンジで加熱できるため、忙しい朝や夜食にもいいですね。
加熱する際の注意点として、ふたは閉めたままではなく少し開けて本体からずらしておかないと中身が膨張してふたが飛ばされたりします。

袋(バッグ)タイプ

袋(バッグ)はコンテナと違い、解凍までは可能ですがレンジ加熱調理ができません
その分不便と思いがちですが、保存にはコンテナより場所を取らない分、2つを上手に使い分けることでバッグはとても使い勝手がいいのです。

バッグはまったく電子レンジで使えないものもあり、使えるものは電子レンジの解凍まで。
でも加熱だけにとらわれないで、「解凍するまでの一時保存」「外出の際の子どものお菓子やおもちゃ入れ」と、自分で何通りにも使い方を決めるものいいですよ。

袋を冷凍した際は100度までで解凍可能、次はコンテナの出番にして移し替えてまたレンジへ。こんな使い方ができるのもジップロックシリーズならではです!

スポンサーリンク

レンジ調理におすすめの容器

やはりレンジ調理でおすすめなのは「ジップロック スクリューロック コンテナ」ですね。

安定感のある円形で、スクリュー式のふたがポイント。

例えば会社でのランチ、毎日外食では栄養が心配という方にはスクリューロックにシチューやカレーなどのちょっとした汁物を前日に冷蔵庫に入れて置き、翌朝炊いたご飯をもう一つのスクリューロックに入れて二つ持って会社へ。

電子レンジでそれぞれ温めれば、ランチタイムはカレーライスが食べられるんです!

牛丼の下味付けもスクリューロックやフリーザーバッグで簡単にできますよ。

玉ねぎとだし汁・醤油やみりんなどの調味料と牛肉をジップロックに入れて冷凍庫へ。
調理の前日に冷凍庫から冷蔵庫へ移しておけば味が具材にしみ込み、しかも解凍済み。

コンテナの場合はそのままレンジで3分ほど加熱すればつゆだく牛丼の具が出来上がり!
ジップロックは冷凍・加熱できるものを使えば下味もOK、熱も通して調理できる万能容器なんです。

スポンサーリンク

ジップロックは形によって電子レンジで使えるか違ってくる

一見タッパーに見えて、実は電子レンジでも活躍するジップロックコンテナシリーズ。

バッグタイプは電子レンジに対応していない物もあるので、注意が必要です。

ではジップロックが電子レンジで使えるのか、2つについてまとめてみました。

※タッパーのようで実は優れもの「スクリューロックコンテナ」
これは円形でふたがスクリュー式に回るもので、しっかり密閉できるのが特長です。ほかのコンテナタイプは四角形でふたをかぶせるだけなのですが、スクリューロックは特にその性質を生かして料理の下ごしらえから簡単なレンジ調理ができるのです。

※マルチに使える「バッグタイプ」
袋状で密封性のあるジッパーがあるバッグは、5種類のうち3種類が電子レンジで解凍ができ冷凍保存向きです。
他の2種は冷凍も電子レンジでも使えませんが、赤ちゃん用の小物入れやハンカチなどを入れておけば清潔に保てる保存袋になるんです。

コンテナやバッグを自分流に使い分けて、ジップロックを楽しみましょう!