年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

赤いきつねと緑のたぬきの違いとは?人気の差と名前の由来に驚き!

「赤いきつねと緑のたぬき、何が違う?どっちが人気?なんでこんな名前?」

みなさん、こんにちは!

カップ麺のロングセラー商品、赤いきつねと、緑のたぬき。

みなさんも、一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

「赤いきつね、緑のたぬき、それぞれの違いはなんだっけ?」

「なんでそんな名前なんだろう?」

「どっちが人気商品?」

今回はそんな、赤いきつねと緑のたぬきの気になる疑問について調べてみました!

赤いきつねと緑たぬきの違いとは?

では、それぞれの商品を詳しく見ていきましょう。

赤いきつね

名前の通り、赤色のパッケージデザインが特徴の「きつねうどん」。

つまり、油揚げが乗ったうどんです。

スープは醤油ベースで、主な具材は油揚げ、たまご、かまぼこです。

緑のたぬき

緑のたぬきは、緑色のパッケージデザインの「たぬきそば」。

つまり、天ぷら(天かす)が乗ったそばです。

スープは同様に醤油ベースで、主な具材は天ぷらとかまぼこ。

この天ぷらの中身は、「かやく(小えびてんぷら)」と表示されています。

実は東日本と西日本でも違いが

さてこの2つの商品ですが、公式ホームページを確認すると驚きの事実が!

実は「赤いきつね」「緑のたぬき」はそれぞれ、東日本と西日本で味が微妙に異なるのだとか。

地域のよって異なる味の嗜好性に合わせて、”だし”の製法を変えているのだそうです。

東日本は、鰹節ベースに醤油で仕上げたしっかりめの味わい。

西日本は、昆布だしに鰹節や煮干しなどを合わせたすっきりとした味わい。

さらに北海道向け商品には、北海道利尻昆布を使用しているのだとか。

販売地域の嗜好にあわせて味を変えるとは、とてもこまかなこだわりですよね。

実はAmazonに東西食べ比べセットも販売されているので、興味ある方はぜひ食べ比べてみてくださいね!

スポンサーリンク

どっちが人気?気になる結果はこちら…!

では赤いきつねと緑のたぬきでは、どちらの方が売り上げ人気が高いのでしょうか?

実は、公式ホームページで人気投票が行われ、その結果が発表されているんです。

その結果は…

赤いきつね(うどん):29066票

緑のたぬき(そば):24797票

ということで、赤いきつね(うどん)の勝ち!!

そしてこの投票の結果を受け、「赤いたぬきうどん」という期間限定商品が5月から販売されるそうです。

普段は緑のたぬきに乗っている小エビ天ぷらが、うどんに乗せるのだとか!

まさに夢のコラボレーション!

こちらもぜひ、食べてみたいですね。

スポンサーリンク

なぜ赤いきつねと緑のたぬきなのか?名前の由来に驚き!

次に気になるのが、このユニークな名前について。

由来は何なのでしょうか?

実は最初に開発されたのは「赤いきつね」で、「熱々の美味しさが伝わるように」という意味を込めて”赤い”というワードが使用されたそうです。

またパッケージも店頭に並んだ際に目立ちやすく、またシズル感のある「赤」を基調としたデザインが採用されたのだとか。

確かに今でも、数あるカップ麺の中でも目を惹くデザインですよね。

そしてシリーズ商品として、赤と補色関係になる「緑」を採用し「緑のたぬき」が後に開発されたそうです。

スポンサーリンク

過去には「黄色い博多ラーメン」もあった!

実はこの色シリーズには、過去に「黄色」があったことをご存知ですか?

もともとは1982年に第3段として販売されていた商品だそうですが、2014年の3月に復刻版として再登場。

食べた覚えがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

味は、煮干しと野菜の旨味に、ガーリックや胡椒などの香辛料を利かせた豚骨スープ。

具材はチャーシュー、きくらげ、紅生姜、ねぎ、ごま、と博多ラーメンを再現していたそうです。

まとめ

今回は、赤いきつねと緑のたぬきの気になる疑問について調べてみました。

ポイントは4点。

  1. 赤いきつねは「きつねうどん」、緑のたぬきは「天ぷらそば」
  2. 赤いきつね、緑のたぬきはそれぞれ、販売地域によって微妙に味が異なる
  3. 人気投票では赤いきつねの勝利
  4. 過去には、色シリーズ第3段として「黄色いまめとんこつ博多ラーメン」が販売されていた

以上です。

ぜひ次回お店に並んでいるのを見かけたら、今回の話を思い出してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。