バナナは冷蔵庫に入れると真っ黒になる!【常温で吊るすのがベスト】

「買ってきたバナナを冷蔵庫に入れていたら、数日で真っ黒になっちゃった!
「じゃあ、バナナはどうやって保存しておくのがいいのかしら?」

今回はそんなお悩みを解決していきたいと思います。

【もくじ】
・バナナは冷蔵庫に入れておくと真っ黒になる
・バナナの正しい保存方法は「常温で吊るす」
・バナナを保存するためのおすすめアイテム

スーパーや八百屋さんで買ってきた野菜や果物は、基本的には冷蔵庫で保存をしますよね。

その流れでバナナも冷蔵庫に入れてしまうと、数日でバナナは真っ黒になってしまうんですよ!

バナナの正しい保存方法は、「常温で吊るす」というもの。

これはあまり知られていないかもしれないですね。

しかし、夏場などの常温保存が難しい場合には冷蔵庫で保存するというのも例外であります。

ただし、保存の仕方には注意が必要です。

ということで今回は、バナナ大好き主婦の私がそれらのお悩みを解決していきたいと思います!

バナナは冷蔵庫に入れておくと真っ黒になる

バナナを冷蔵保存するのは真っ黒になる原因

バナナを冷蔵保存すると、バナナが真っ黒になってしまうってご存知でしたか?

野菜や果物を買ってきてすぐに冷蔵庫に入れてしまう人もいるかもしれませんが、モノによってはそれは間違った保存方法になります。

バナナも例に漏れず、冷蔵庫に入れるとだめな果物です。

ご存知のように、バナナは熱帯地方の果物です。

そのため、常に10℃くらいの温度が保たれている冷蔵庫の中というのはバナナにとっては過酷な環境となります。

それはつまり、バナナに過度なストレス=負荷がかかっているということになり、細胞が壊れていくのです。

この状態はバナナに低温障害が引き起こされているということで、バナナが真っ黒になっていってしまう原因となっているというわけなんですね。

夏場は冷蔵庫で保存しても大丈夫

バナナは冷蔵庫では保存してはいけない、と先述したばかりですが、場合によっては冷蔵庫で保存してもいいこともあるんです。

その例外となる場面というのが「夏場」です。

いくらバナナが熱帯地方の果物だからといっても、あまりに暑すぎる環境下で数日間保存していると腐ってしまうこともあります。

そういったことを防ぐためには、冷蔵庫で保存することも必要になるのです。

しかし、ただ単に冷蔵庫にバナナを放り込んでおけばいいというわけではありません。

バナナを冷蔵庫に入れるときに一番大事なことは、バナナを冷蔵庫の冷気から守るということです。

そのためにはバナナをひとつずつ切り離し、それらを新聞紙などでくるみます。

そしてそれをジップロックなどで密封保存しておけば大丈夫!

こうすることで、バナナを冷蔵庫に入れていても真っ黒になることは防げます。

スポンサーリンク

バナナの正しい保存方法

「常温で吊るす」のがベスト

では、本来はバナナはどのように保存すればいいのかということですが、正しい保存方法としては「常温で吊るす」というのがベストです。

直射日光がガンガンに当たってよっぽど温度が上がるような場所でなければ、基本的にはどこに置いておいても対丈夫です。

しかし、バナナを直置きしてしまうとテーブルなどに面している部分が傷んでしまったりします。

それを防ぐために、吊るして保存するというのが大事なんです。

バナナを保存するためのおすすめアイテム

バナナの正しい保存方法として「吊るす」ということをご紹介しましたが、そうは言っても自宅でバナナを吊るすなんて難しいのでは?なんて思われるかもしれないですね。

でもご安心ください!

バナナを吊るすためのアイテムがあるんですよ。

それが、こちらです!

こちらのバナナスタンドは、色味も素材もシンプルなのでお部屋のインテリアの邪魔をすることなく飾っておくことができます。

また、スタンドの底面は皿になっているためバナナの他にも果物を置いておくことができるんですよ!

これならいつでも美味しいバナナを食べることができますよね。

【まとめ】バナナは冷蔵庫に入れるとストレスで真っ黒になる

野菜や果物って、良かれと思ってついつい冷蔵庫に入れてしまいがちですが、バナナの場合はそれだと真っ黒になってしまって良くありません。

バナナスタンドというアイテムがあることからも分かるように、バナナは常温で吊るして保存するのがベストな方法なのです。

どうしても冷蔵庫内で保存するというのであれば、冷気に触れないように気をつけて保存するようにしてくださいね!