コーヒーを水筒に入れると危険?金属中毒になるという噂の真相!

「コーヒーを水筒に入れると金属中毒になってしまうっていう噂を聞いたことがあるんだけど、本当なの!?」

コーヒーショップやコンビニでコーヒーを買うとこれなりのお値段しますから、自宅でコーヒーを淹れて水筒に注いだものを持ち歩いているという人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、巷ではコーヒーを水筒に入れるのは金属中毒になる原因になって危険だということが言われているんだとか。

これが本当のことなら、絶対にやってはいけないことですよね!?

ということで今回は、コーヒーを水筒に入れる行為が危険だと言われているのは本当のことなのか、真相を追求していきたいと思います。

コーヒーを水筒に入れると本当に危険なの?

結論から言えば、

コーヒーを水筒に入れることで金属中毒になるというようなことはほぼありません。

コーヒーを水筒に入れて金属中毒を引き起こすと言われるのは、コーヒーが酸性であることが大きく関係しています。

酸性の液体を金属である水筒に入れると、化学反応を引き起こして金属が液体中に溶け出てしまうということが言われています。

ですが、実際は水筒にはなにかしらのコーティングが施されているので、そこがバリアを張ってくれているおかげで酸性のコーヒーを入れてもそのようなことは起こりません。

ですが、「絶対に」無いというわけではありません。

たとえば水筒の内部に大きな傷がついてしまっていて一部コーティングが剥がれてしまっているところがあれば、そこから金属が溶け出してしまうということも無きにしもあらずです。

そのため、水筒に気になる傷がある場合はコーヒーや、同じ酸性であるスポーツドリンクなどを入れるのはやめておくようにしましょうね。

スポンサーリンク

コーヒーを持ち運ぶのにおすすめの水筒はコレ!

水筒にコーヒーを入れて持ち運びたいという方におすすめなのは、コーヒーショップで販売されているタンブラーや水筒です。

こういったところで販売されているということは、商品であるコーヒーを入れることを前提として作られているものですからね。

テフロン加工がしっかり施されているのはもちろんのこと、飲みやすいように飲み口も工夫されていたりします。

また、コーヒーブランドとして有名なネスカフェから、公式のコーヒー専用のマグが販売されています。

こちらも先ほど同様、コーヒーを入れることを前提として作られているものですので、安心してコーヒーを入れられますよね。

スポンサーリンク

水筒に入れるコーヒーの作り方

水筒にコーヒーを入れて持ち運ぶのであれば、以下のようなことに気を付けてコーヒーを作りましょう。

・ホットではなくアイスにする
・牛乳を入れない

ホットではなくアイスにする

水筒に入れるコーヒーはアイスコーヒーをおすすめします。

ホットコーヒーはアイスコーヒーに比べると、酸化してしまうスピードが早いです。

そのため、ホットコーヒーだと持ち運んでいる間に酸化が進みどんどんコーヒーの風味が失われていってしまいます。

ですから、どちらかと言えばアイスコーヒーを入れて持ち運ぶことをおすすめします。

しかし、冬場にアイスコーヒーを飲むのは辛いものがあります。

どうしてもホットコーヒーが飲みたいのであれば、すぐに飲みきれるくらいのサイズにしましょう。

こちらの水筒は130mlしか入らない、手のひらに収まるくらいの大きさの水筒ですので、ホットコーヒーを入れるのには最適なサイズ感ですよ!

牛乳を入れない

コーヒーを水筒に入れて持ち運ぶ場合は、牛乳を入れるのはやめておきましょう。

牛乳は非常に腐りやすく、菌も繁殖しやすいです。

一度コーヒーに口をつけると、唾液から菌が流れ込んでしまいます。

このとき、コーヒーに牛乳を入れていると夏場なんかは特に腐ってしまうリスクが高くなります。

ですから、どうしても牛乳を入れたいというのであればコーヒーフレッシュを別で持ち歩いて飲む直前に入れるといいですね。

まとめ

・コーヒーを水筒に入れると金属中毒になるということはほとんど無い
・コーヒーを持ち歩きたい場合は、コーヒーショップで売られているタンブラーや水筒がおすすめ
・コーヒーを持ち歩く場合は、アイスにして牛乳をいれないようにするのが良い

最近はスタバやタリーズといった有名コーヒーチェーン店以外でも、エコの観点からタンブラーを持参すると値引きしてくれるようなお店が増えてきています。

ですので、ひとつくらいはコーヒー専用のマイ水筒やマイタンブラーを持っていてもいいのかもしれないですね!