プロセスチーズは妊娠中に食べてもOK?おすすめチーズも紹介!

かなこ

「妊娠中に無性にチーズを食べたくなっちゃったんだけど、プロセスチーズなら食べてしまっても大丈夫なのかなぁ?」

チーズは発酵食品なので、妊娠中に食べても大丈夫なのかが気になるところ。

一口にチーズと言っても色々な種類があるわけなのですが、大きく分類したときにプロセスチーズは比較的安全に、安心して食べられるような気はしますが…

実際のところはどうなのでしょうか。

ということで今回は、プロセスチーズは妊娠中に食べても大丈夫なのかどうかということについて見ていきたいと思います。

プロセスチーズは妊娠中に食べてもOK?

プロセスチーズは妊娠中に食べても問題はありません。

プロセスチーズというのは、いわゆる加熱処理のされているチーズのことを指します。

チーズを妊娠中に食べてもいいか心配する理由は、食中毒などの危険性があってのことだと思います。

ですが、加熱処理が成されているプロセスチーズにはその心配はほとんどありません。

プロセスチーズというのはスライスチーズや6Pチーズなどがそれにあたります。

妊娠中に食べること自体はまったく問題は無いものの、プロセスチーズの多くが塩分が高かったりするので食べる量には気を付けた方がいいでしょう。

メーカー別にプロセスチーズを解説

では、メーカー別にどのようなプロセスチーズがあるのかを見ていきたいと思います。

雪印

まずは「チーズと言えば」な国内メーカーである雪印です。

雪印のプロセスチーズには、

・スライスチーズ
・とろけるスライス
・6Pチーズ

があります。

このなかでも特におすすめしたいのが、6Pチーズの塩分25%カットという商品です。

先述した通り、プロセスチーズは塩分のことが気になるところです。

ですが、こちらの6Pチーズは塩分が25%もカットされているのでその分安心して食べられます。

クラフト

クラフトのプロセスチーズには、

・スライスチーズ
・6Pチーズ

があります。

ですが、クラフトで扱われている他のチーズもすべて加熱処理が施されているとのことで、ナチュラルチーズ扱いである切れてるチーズやクリームチーズも妊娠中に食べられるということでした。

そのなかでもおすすめなのが、小さなチーズケーキという商品です。

ほんのり甘い、チーズケーキ風なチーズです。

チーズケーキをひとつ食べるよりもカロリーは低くて済むので、罪悪感無くおやつとして食べられるのではないでしょうか。

キリ

フランスで有名なチーズであるキリのクリームチーズは加熱処理が施されているため、妊娠中でも安心して食べることができます。

キリのクリームチーズにはカルシウムが豊富に含まれているので、手軽に摂れるという意味でもおすすめです。

また、クリームチーズをそのまま食べる他に、料理としてアレンジしやすいので飽きがこない食べ方ができるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

妊娠中におすすめのチーズはコレ!

妊娠中に、妊婦さんにおすすめしたいチーズがこちら!

雪印のさけるチーズです。

みなさん、一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

さけるチーズは他のチーズと比べるとかなり弾力のある食感になっています。

そのためしっかり咀嚼をしながら食べるため、満腹中枢が刺激されて少量でも満足感を得ることができます。

妊娠中は体重制限なんかもありますから、食べ過ぎ防止できるさけるチーズはおすすめですよ!

【まとめ】プロセスチーズは妊娠中でも食べて大丈夫

・プロセスチーズは加熱処理されているため、妊婦さんでも食べられる
・各メーカー、様々なプロセスチーズが展開されている

プロセスチーズは加熱処理されているので食中毒などの心配はありませんが、その代わり塩分が少々高めであるという点が気になります。

最近はいろんなフレーバーのチーズがあるので飽きずに食べられる分、たくさん食べてしまいがちなのでそのあたりは気を付けるようにしましょうね!