コーラのカフェイン含有量は?妊娠中の妊婦や子供に悪影響はあるのか?

コカ・コーラが好きでよく飲んでいるという人もいますよね!

コカ・コーラの炭酸はスッキリしたいときに飲むと爽快感を与えてくれるので、私もよく飲んでいます。

我が家の小学生の息子もコカ・コーラが好きで週に何度か飲んでいますが、ここで気になるのがコカ・コーラに含まれている「カフェインの量」です。

カフェインは、子供や妊娠中の女性が摂取しても問題はないのでしょうか?

一日どのくらいなら飲んでもいいのか気になったので、コカ・コーラに含まれているカフェインについて調べてみました。

カフェインを取らない方が良い人もいるようなので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

コカ・コーラに含まれるカフェイン量は?

コカ・コーラにはカフェインが含まれていますが、実際にはどのくらいの量が含まれているのでしょうか。

普通のコカ・コーラの場合

普通のコカ・コーラに含まれているカフェインの量は100mlあたり9mgです。

コーヒー100mlに含まれるカフェインの量は約46mgですから、コーヒーに比べると5分の1程度の量になります。

コカ・コーラゼロの場合

コカ・コーラゼロに含まれているカフェインの量は普通のコカ・コーラと同じ100mlあたり9mgになります。

コカ・コーラゼロは、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、糖類はゼロですが、カフェインは含まれています。

カフェインにはどんな効果があるのか?

カフェインには興奮状態にさせる物質を促す効果や覚醒作用があるため、眠気を覚まして体に疲れを感じにくくする効果があります。

他にも、集中力を高める、作業の効率を上げる、運動能力を高めるといった効果があります。

また、自律神経の働きを活発にする作用もあるため、身体の代謝を良くして脂肪の燃焼をする効果や食欲を抑える効果もあり、ダイエットにも有効です。

スポンサーリンク

カフェインを取らない方が良い人はどんな人?

コカ・コーラやコーヒーなど、カフェインが含まれている飲み物が好きでよく飲んでいるという人もいますよね。

ですが、中にはカフェインを取らない方が良い人もいます。

妊婦さん

妊婦さんがカフェインを摂りすぎてしまうと、胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんにカフェインが届いて赤ちゃんの成長に良くない影響を与えてしまうことがあります

低体重での出産になったり、流産のリスクが高くなる可能性もありますので、妊婦さんの場合は1日に100mg以上カフェインを摂取しないようにしましょう。

子供

子供がカフェインをたくさん摂取してしまうと、テンションが高くなる、心拍が早くなるなどといった症状が出ることがあります。

カフェインをたくさん摂取することでカフェイン中毒になり、めまいや動悸、イライラ、不安感などが現れることもあります

子供がカフェインを摂取する場合は、コカ・コーラであれば500mlのペットボトルを1日1本程度にしましょう。

消化性胃潰瘍の人

カフェインの効果で交感神経が刺激されると、胃腸の消化液の分泌量も多くなります。

自分の体から出た消化液で胃や十二指腸の粘膜を傷つけてしまうことになってしまい、この病気の人がカフェインを摂取すると悪化する可能性があります。

うつ病・不眠症の人

カフェインが交感神経を刺激するとアドレナリンが分泌されます。

そうすると、うつ病の症状やイライラを引き起こして体を休めることが出来なくなる可能性があり、眠れなくなることもあります

うつ病や不眠症の人もカフェインは控えましょう。

パニック障害

カフェインの影響でアドレナリンがたくさん分泌されてしまうと、脳内の伝達物質のアデノシンの働きが弱まる可能性があります。

そうするとパニック障害の発作が起きやすくなってしまうので、パニック障害の人もカフェインの摂取の仕方には注意しましょう。

スポンサーリンク

カフェインを含まない炭酸飲料もたくさんある!

コカ・コーラが好きでもカフェインを摂取出来ないという人もいますよね。

でも、コカ・コーラにはコカ・コーラゼロカフェインというカフェインが含まれていない商品もあります。

 

カフェインが入っていない物ですと、お子さんや妊婦さんでも安心して飲むことが出来ますし、夜寝る前に飲むことも出来ますね!

カフェインを含まない炭酸飲料としてはほかにもこんな商品があります。

【カフェインを含まない炭酸飲料】

  • スプライト
  • キリンレモン
  • 三ツ矢サイダー
  • カルピスソーダ
  • オランジーナ

上記の商品にはカフェインが含まれていませんので、カフェインを摂取したくないけど炭酸飲料を飲んでスッキリしたいという人にはおすすめになります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 普通のコカ・コーラに含まれているカフェインの量は100mlで9mg
  • コカ・コーラゼロに含まれているカフェインの量は100mlで9mg
  • カフェインには覚醒作用があり、集中力を高める、運動機能を高める、眠気を覚ますなどといった効果がある
  • 妊婦さん、子供、消化性胃潰瘍、うつ病や不眠症、パニック障害がある人はカフェインを取らないほうが良い
  • コカ・コーラにはカフェインが入っていない「コカ・コーラゼロカフェイン」という商品もある

コカ・コーラに含まれているカフェインの量は、普通のコカ・コーラもコカ・コーラゼロもどちらも100mlで9mgになります。

カフェインたくさん摂取出来ないという妊婦さんや子供、うつ病や消化性胃潰瘍などの病気がある人は、カフェインが入っていないコカ・コーラゼロカフェインを飲むと安心です。

カフェインには覚醒作用があり、集中力を高める効果や運動機能を高める効果もありますが、飲み過ぎると眠れなくなったり、興奮状態になることがありますので飲み過ぎには注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください