年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

クリームチーズは妊娠中に食べてOK?加熱した場合とパンに入ってる場合は?

妊娠すると制限されてしまう食品などがあり、妊婦さんは産後まで食事に気を遣ったりと大変です。

また、無性に食べたくて仕方なくなったりと、食事に対してストレスを感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

特に女性はクリームチーズ好きの方が多いと思います。

スイーツから料理にと幅広く使われており、ついつい食べてしまいがちな食品です。

そこで今回は、クリームチーズは妊娠中に食べて大丈夫なのか?について詳しくお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

クリームチーズは妊娠中に食べてOK?

食べても大丈夫です。

しかし、「避けた方がいい食品」と言われている食品の1つです。
これはクリームチーズだけに限らず、チーズ全般が妊娠中に避けて方がいいと言われています。

原因は「リステリア菌」です。
生ハムやスモークサーモンのこのリステリア菌に注意が必要とされています。

妊娠している人は特に注意しなければならない「菌」の1つです。

リステリア菌ってなに?

河川水や動物の腸管などにいる菌です。

リステリア菌に感染した時の症状

  • 下痢
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 筋肉痛

と、インフルエンザに似た症状です。

特に妊娠中は健康な人に比べて抵抗力もすごく落ちているので感染しやすい状態にあります。

妊婦がリステリア菌に感染すると流産や死産、また妊婦が感染することによって新生児がリステリア症に感染して生まれてしまい死亡などの恐れにつながります。

しかし重症化することは稀なようです。

厚生労働省HPではこれまでリステリア食中毒の報告例はないとされています。

参考:厚生労働省HP

スポンサーリンク

加熱してあれば食べても大丈夫?

リステリア菌は65℃以上で数分加熱することで死滅します。

日本では製造基準が決められていて、各メーカーは製造基準に従って製造しています。

クリームチーズをはじめとするチーズは、加熱殺菌されてから流通していますので、購入後加熱してもしなくても安心して食べることができます

それでも心配な方は加熱して食べてもクリームチーズは美味しいので加熱調理しても全然良いと思います。
しかし、賞味期限というものがあります。

賞味期限があっても、開封してしまうとチーズの傷みも早くなりますので、加熱するからといって賞味期限内でも開封してしばらく経っている、賞味期限が切れているチーズは口にしないのが一番です。

クリームチーズ入りのパンは食べれる?

前項でも言いましたが、日本の製造メーカーのクリームチーズは加熱殺菌されたものが流通しています。
パン生地に入っているモノはもちろん、ベーグルに直接塗って食べても大丈夫です。

またチーズの原材料になる「乳」も殺菌されたものを使っています。

ただ、直接ベーグルに塗って食べるクリームチーズは日本の製造メーカーのものにしましょう。
輸入チーズは発酵させて加熱殺菌せずに流通されているものが多いのです。

輸入チーズがお好きな方もいらっしゃると思いますが、妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも国内メーカーのチーズを選んだ方が良いといえます。

スポンサーリンク

クリームチーズを食べるなら色々な管理が必要

クリームチーズはカルシウムやビタミンAやビタミンBが含まれているので妊婦さんにも必要な栄養な含まれています。脂質に関してはプロセスチーズの1.2倍です。

エネルギー源としても十分な栄養となります。
朝食のパンに入っている、または塗って食べる分には良いと思います。

しかし、妊娠中は無性に食べたくなり、食べすぎてしまうこともしばしば・・・。
コンビニエンスストアでもクリームチーズ入りのスイーツが目に付くと買ってしまったりしませんか?
食べすぎてカロリー過多になりすぎる可能性も多いのです。

また、開封したクリームチーズは早めに食べきること。
冷蔵庫を過信して開封したのに賞味期限内まで大丈夫!と思っている方もいませんか?

私も妊娠中はクリームチーズが食べたくなり、開封したまま保管していたら賞味期限内でもカビが生えていたことがあります。

妊娠中は体重管理や注意しなければならない食品があります。
ただでさえ、ホルモンバランスのせいでイライラもします。
お母さんのイライラはお腹の赤ちゃんにも悪影響です。

食べたいものくらい食べたっていいじゃない!と思うのであれば、食品と自分の健康管理にいつも以上に気を付けていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください