ヒートテックの危険な3つの理由!寝るときに着るのは辞めた方がいい?

みなさんこんにちは。

寒くなってきましたね…特に朝と晩は冷え込みます。

そんな中、便利なあったかシャツのヒートテックを着用している方も多いのではないでしょうか。

ですが、

実はヒートテックには危険なのかも…?

という噂があります。

実際に筆者もヒートテックを着たことで蕁麻疹が出てしまったことがありました。

もしかしたら同じように悩んでいる人もいるかもしれませんね。

というわけで今回は、ヒートテックの危険性とその対策についてバッチリ紹介していきたいと思います!

ご愛用者の方も、これから着用予定の方も、必見です。

スポンサーリンク

 

そもそもヒートテックはなぜあたたかい?

そもそも、ヒートテックはなぜあたたかく感じるのか?というと、答えは「吸湿発熱」という原理。

これは人間の体から出ている水蒸気(汗をかかなくても常に出ています)の持つ運動エネルギーを、特殊な化学繊維に吸着することで熱エネルギーに変換するというもの。

つまりは湿気を熱に変えてしまうのですね。

さらにヒートテックには、発熱を促す化学繊維(レーヨン)のほかに、発生した熱を逃がさないよう、別の化学繊維(アクリル)が外側を覆っているので、あたたかさが持続するのです。

スポンサーリンク

ヒートテックが危険と言われる3つの理由

ユニクロの人気商品でもあるヒートテックが危険と言われる理由は大きく分けて3つあります。

  1. 肌荒れや蕁麻疹(じんましん)の原因になる
  2. 着たまま寝ると体温が上がりすぎてしまう
  3. 運動時に着ると逆に体を冷やしてしまう

1)肌荒れや蕁麻疹の原因になる

ヒートテックを着ることで肌荒れや蕁麻疹を起こしたという人が多くいます。(実は筆者もそのひとりです…)

原因は、ヒートテックに含まれる化学繊維のせいと考えられます。

具体的には、レーヨン・アクリル・ポリエステル

大丈夫な人は全然平気なのですが、化学繊維に対してアレルギーを持っていたりすると、肌荒れや蕁麻疹を起こしてしまうことがあります。

もしヒートテックによって肌トラブルを起こしてしまう場合には、ヒートテックの下に一枚普通のTシャツを着ることで対策することができます。

2)着たまま寝ると体温が上がりすぎてしまう

寝るときにヒートテックを着るのは基本NGです。

夜寝るときに、布団の中では人間の体温が保温された状態ができるので、あたたかさを維持されます。

しかし、ここでヒートテックを着てしまうと、布団の保温効果と相まって、どんどん熱がこもる状態になっていきます。

そして汗をかき、また発熱し…と繰り返され、最終的には布団の中が暑く、体も火照り、熱が出たような状況になってしまいます。(サウナ状態…)

ここまで聞くともう、寝苦しさが想像できてしまいますね…。

この現象はより汗を多くかく子どもたちに顕著なので、(熱がこもると真っ赤になるのも、子どもによく見られる現象ですね)眠るときには着させない方が良いでしょう。


スポンサーリンク

3)運動時に着ると逆に体を冷やしてしまう

これが一番危険かもしれません

ヒートテックは湿気に反応するので、汗をかくとさらに発熱、そしてまた暑くなって汗が出る…と繰り返してしまいます。

そして最終的には汗で濡れてしまったまま乾かず、今度は急に冷えてしまうことになります。

特に登山などのアウトドアでは本当に危険ですので、ヒートテックの仕組みを正しく理解して、運動時には着用しないように気をつけましょう。

運動時に着るインナーとしては加圧シャツがオススメです。普段、猫背などで姿勢の悪い人は加圧シャツを着ることで、自然と身体がビシっとなるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

10087

まだある!ヒートテックを着る際に気をつけたい3つの注意点!

薄いのにあたたかく、とても便利なヒートテック。

でも実は、さらにいくつかの注意点があります。

  1. 乾燥肌の方は注意
  2. 乾燥機にかけてはダメ
  3. 子供に着させるのは微妙
  4. MRI検査では着用NG

ではひとつずつ、確認していきましょう!

1)乾燥肌の方は注意

汗などの水分を吸って、発熱する仕組みのヒートテックですが、この「水分を吸う」仕組みによって肌の水分が必要以上に奪われ悪化する危険性があるのです。

乾燥肌の方は皮膚が弱い方も多いので、そもそも化学繊維が向いていない、という場合もありますよね。

かゆみや赤み、刺激を感じたらすぐに着用をやめましょう。

下着はお肌に優しい、綿100%のものが良いですね。

また、お子さんがヒートテックを着るときも、注意してあげましょう。

乾燥肌の方は保湿を忘れずに!

→肌ラボ 極潤 ヒアルロンクリーム 50g極潤(ごくじゅん)

↑コスパもまずまずな上に高保湿。

ぷるっとしたクリームが肌の水分を一気に満たしてくれます。

2)乾燥機にかけてはダメ

ヒートテックの取り扱い欄を読んだ方はご存知でしょうか。(筆者は見ていませんでした…)

実は注意書きとして「乾燥機にかけないでください」と書かれています。

これはヒートテックの原理上、非常に高温になってしまい服自体が痛む可能性があることと、もしかしたら洗濯機が壊れてしまうかも、という危険性から禁止されています。

また、服が肌に密着している方が効果は高いそうで、乾燥機にかけて生地が伸びてしまうと効果が落ちるようです。

洗うときは洗濯ネットに入れて、乾燥機にはかけないでおくようにしましょう。

3)子供に着させるのはちょっと微妙かも

子供は大人よりも肌がデリケートです。

なので、ヒートテックの化学繊維が湿疹の原因になってしまう場合が多いようです。

もし使う場合は下にシャツを重ね着して対策してあげましょう。

4)MRI検査では着用NG

病院でMRI検査を受ける際にはヒートテックは着用NGとなっています。

ちなみにヒートテックで検索すると「ヒートテック 危険 心臓」というワードが出てきますが、これはMRIを受ける際の注意事項として、ヒートテック着用や心臓にペースメーカーが入っている人はNGと書かれているからだそうです。

心臓に悪いわけではないので、間違えないようにしてください。

スポンサーリンク

代用品でおすすめのインナーは?

ヒートテックは合わない。でも寒い。。

そんな方の為にヒートテックよりも肌にやさしく暖かいインナーをご紹介します。

綿100%のインナー!!

皮膚科のお医者さんもおすすめしているので、多く知られている事ですが、肌に一番優しい素材は、綿100%です!

肌に当たる裏起毛部分が綿100%で肌に優しいインナーおすすめ▼

シルク100%のインナー!

シルクも天然素材で、常に水分を保有し続けるという性質があるので、肌に優しいと言えますね!

ただ、ツルツルしているので着た時のひんやり感が嫌な人や、暖かさを追求している人には、おすすめしません。

シルク100%のインナー超おすすめ▼

天然素材100%のインナーを組み合わせて重ね着技!

かゆみ対策には、天然素材のインナーを着るのがベスト!な事はわかったのですが、「やっぱり暖かさがイマイチ・・・」という人は、天然素材100%のインナーを重ね着してみて下さい。(ゴワゴワもそもそするのが嫌な人は、薄手を選んで見て下さいね!)

重ね着技、かなり有効です◎

ヒートテックまとめ

今回はヒートテックの危険性について、お伝えしました。

寒さにはうってつけの秀才ヒートテックですが、やはり弱点はあるということですね。

着用時は快適に過ごせるよう、時と場所とを考えて、賢く利用しましょう。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です