【簡単】ホット麦茶の作り方!便秘解消など嬉しい効果効能がたくさん♪

麦茶って、暑い夏の水分補給としてよく飲まれていますね。

実際我が家では大家族ということもあり、3L入るポットの麦茶があっという間になくなるほど。

「麦茶って夏のイメージがあるけど、ホットで飲んでもおいしいだろうな」
「ホットの麦茶は作ったのをあっためるだけでも、おいしく飲めるかな?」

こんな素朴な疑問を抱える人も多いんです!

今回はホット麦茶についていろいろ調べてみました。きっと、ホット麦茶がすぐ飲みたくなること間違いなし!

【簡単】ホット麦茶の作り方

麦茶は今ではティーバッグを使って手軽に作れる時代ですね。

暑い夏には簡単にミネラルが摂れる飲料として、とても重宝します。

でも、ホット麦茶ならではの風味や便利さもあるということご存知でしたか?

まず作り方ですが、ティーバッグの場合は下記の手順で行います。

①沸騰したやかんのお湯の中に1リットル当たり1袋のティーバッグを入れます。
②3分から5分弱火で煮出し、火を止めてさらに5分程置いてからティーバッグ取り出す。

水出しよりは手間暇がかかっていますが、その分おいしさが格段に違いますよ。

次に丸粒麦の場合ですが、麦の量はお好みで調整できるので、何度か作るうちに自分に合った量がわかるでしょう。

①やかんに1.5リットル分のお湯を沸かし、沸騰したら中へ約30グラムの麦を入れます。
②そのまま5分から10分、弱火で煮たて、時々色を見て金色から茶色の間ぐらいの色になったら飲み頃ですが、濃いのが好きという方はもっと時間をかけるか麦の量を増やすといいでしょう。
③出来上がったら、ふきんや清潔なガーゼでこして冷ましてから、冷蔵庫へ入れて保存します。

冷蔵庫へ入れる前にホット麦茶を飲んでみると、いつもの麦茶より香ばしさがアップしほのかな甘みも感じられます。

もちろんポットの中に入れるだけの水出しでもおいしくできますが、煮出しの場合だと、一度火を通して飲むので、薄めなくても赤ちゃんにも安心して与えられるというメリットがあります。

スポンサーリンク

ホット麦茶の日持ち期間

ホット麦茶は、全く保存料などが入っていない天然飲料です。

その分、日持ちもあまりしませんが、冷蔵庫で保存することで少々日持ち期間が延びます。

ホットで作り、冷めたら冷蔵庫に入れた場合で約2~3日はおいしく飲めますよ。

ホットで飲み切れない時は、必ず冷蔵保存しましょう。

ティーバッグで作った場合は、お好みの濃さになったらすぐ取り出すのが少しでも長く持たせるポイントです。

みなさん経験があるかもしれませんが、あまり麦茶を冷蔵庫に入れっぱなしだと、容器がぬるっとしてきたり、ふたのパッキンや注ぎ口が汚れてくるんです。

これは劣化してきた麦茶によるもので、こんな症状を見つけたらすぐ廃棄しましょう。

ホット麦茶の効果効能

「麦茶なら冷たい方がおいしいんじゃないの?」

そう思われる方がほとんどだと思います。

暑い夏には欠かせない天然のお茶ですし、しかし、暑い夏こそホット麦茶が効果を現すんです!

暑さから少しでも逃れるためや水分補給には、冷蔵庫から出した麦茶はおいしいのですが、急激に体の中や胃腸、腎臓が冷やされてしまい、本来の麦茶が持つ効果が失われることが多いんですよ。

麦茶は、熱中症を予防する働きのあるミネラルを始めとして、いろいろな効果がある飲み物。

でもこの働きを維持するには、実はホットで飲むのが一番なんです!

ホット麦茶を飲むと、体を冷やすことがなくミネラル等を吸収し、冷たい麦茶を飲んだ時より内臓に負担がかからないので他の効能にも効果があるのです。

ちなみにホット麦茶で得られる効果として、便秘解消・血圧を下げる・血行促進などがあります。

冷たい麦茶でも上記の効果はあると言われていますが、体に吸収する効果が高いのがホット麦茶という訳ですね。

スポンサーリンク

ホット麦茶で健康な毎日を

ホットの麦茶にこんないい効果があるとは…と改めて感じました。

今までティーバッグの冷たい麦茶で済ませていた方、この記事を読んで少しでも興味を持たれたならぜひ、ホット麦茶を飲んでみませんか。

ホット麦茶のポイントをまとめてみました。

※作り方と日持ち期間
ホット麦茶だからといって、難しく考える必要はありません。ティーバッグでも充分、ポイントは煮出しすることです。水に浸けておくだけもおいしいのですが、煮出しすることでさらに香ばしさがアップ!でも粗熱を取って冷蔵庫に入れておかないと、麦茶はもちろん、冷蔵庫内の物も傷むので注意です。

※ホット麦茶の嬉しい効果
麦茶にはもともと、血行促進・血圧降下・美肌・熱中症予防などいろいろな効果がありますが、冷たすぎるとあまり効果を発揮しないんです。そこでホット麦茶!体を冷やすことも内臓に負担をかけることもなく、麦茶の持つ効果を高めてくれるんです。

夏場は冷たい麦茶が一般的ですが、冷房の効いた部屋で冷たいものを飲むなら、ぜひホット麦茶でくつろいでみましょう!