年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

カボスは冷凍保存で長持ち!冷凍と解凍のやり方を解説

使いかけのカボスは、みなさんどのようにして保存していますか?

寒くなってくると鍋などの料理で使うことが増えるカボスですが、ほとんどの場合丸々一個は使いきることができず余らせてしまうんですよね。

残った分を冷蔵庫に入れておくものの、保存方法が悪かったのかダメにしてしまって結局捨てるはめに…

なんてこと、よくあるのではないでしょうか。

カボスの正しい保存方法って、どうすればいいのでしょう。

冷凍庫で保存すると長持ちするってご存知でしたか!?

ということで今回は、

・カボスってどうやって保存すると長持ちするの?

・カボスの冷凍保存、解凍方法はどうすればいいの?

ということについてご紹介していきたいと思います。

カボスの保存方法。冷凍だとどのくらい保存できる?

使いかけのカボスを保存するとき、多くの人が切り口にラップをかけて冷蔵庫に入れるというような保存方法を実践されている方が多いのではないでしょうか。

ですが、これだとあっという間にカボスがダメになってしまっているはずです。

私はこれで何度使いかけのカボスを捨ててしまったことか…。

でも保存方法を工夫すれば、そんなお悩みもすっきり解決します!

カットしたカボスを保存する方法

まずは使いかけの、カットされた状態のカボスを保存する方法からご紹介しましょう。

カボスは4~6等分の大きさにカットし、それぞれ1個ずつラップに包みます。

このとき、なるべく隙間無く密着させるようにして包んでくださいね。

それをジップロックなどの密封できる袋に入れて冷凍保存してください。

こうすれば1ヶ月ほど保存がききますよ。

カボスの果汁を保存する方法

カボスは果汁でしか使わないという人には、果汁のみの保存方法をおすすめします。

搾ったカボスの果汁を製氷皿に入れ、冷凍して凍らせておきます。

カボスの果汁が凍ったら製氷皿から外し、それをジップロックなどの密封できる袋に入れます。

こうしておけば、必要なときに必要な数だけ取り出して使うことができますよ。

こちらも1ヶ月ほど保存しておくことが可能になります。

カボスを丸ごと保存する方法

カボスを丸ごと保存しておく場合は、そのままの状態のものをジップロックなどの密封できる袋に入れて冷蔵庫若しくは野菜室に入れておくだけで日持ちするようになります。

このとき、袋のなかの空気を可能な限り抜ききってから封をするようにしてくださいね。

こうすることで、新鮮なカボスであれば2ヶ月ほど日持ちさせることが可能になります。

カボスの解凍方法

カボスの冷凍保存については先述した通りのやり方を実践していただければ確実に長く保存しておくことができます。

では、その冷凍保存しておいたカボスはどのようにして使えばいいのでしょうか。

カットしたカボスを解凍する方法

まずカットした、使いかけの冷凍保存されたカボスの解凍方法についてですが、解凍はせずに凍った状態のままですりおろすか切り刻んで使いましょう。

若しくは、カットしたカボスから果汁を使いたい場合には流水に浸して半解凍させ搾ればいいです。

カボスの果汁を解凍する方法

そしてカボスの果汁を冷凍したものを解凍する方法についてですが、使う分量だけ別の容器か袋に移し替えて流水に浸し解凍するか、加熱して使用するのであればそのまま鍋などに入れて加熱してしまっても構いませんよ。

調理方法や使用目的に合わせて変えてみてください。

【まとめ】使いかけのカボスでも冷凍保存すれば1ヶ月は保存可能に!

カボスを冷凍保存する際のポイントさえ抑えておけば、1ヶ月も保存可能になるとは驚きました。

・カットしたカボスや果汁は冷凍保存すれば1ヶ月、新鮮なカボスであれば丸ごと冷蔵保存すれば2ヶ月もつ!

・冷凍保存したカボスは流水に浸して解凍する

これらの方法さえ分かっていればカボスを余らせてしまっても安心ですね!