年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

じゃがポックルとじゃがビーの違いとは?どっちが先に発売されたのかを調査!

北海道土産で有名なじゃがポックルとカルビーから発売されているじゃがビー。

この2つ、似ているなーと思われたことはありませんか?
形状だけでなく、じゃがいもを生かした味も似てますよね。
じゃがビーの北海道版がじゃがポックル?違いは何?と私は疑問に思ったものです。

この記事では、じゃがポックルとじゃがビーの違いや、どちらが先に発売されたのかなどをお伝えしたいと思います。

きっと記事を読み進めていくうちにじゃがポックルとじゃがビーを食べ比べたくなること必至ですよ!
それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

じゃがポックルとじゃがビーの違いとは?

じゃがポックルとじゃがビーの違い。
実はこの2つの違いは、販売元であるカルビーの公式HPで回答を見つけることが出来ましたのでご紹介します。
なんと、原料と作り方の違いでした!

どちらも、じゃがいもの味や風味を活かすようにカルビー独自の製法で作っています。しかし、原料と作り方が少し異なります。
■原料
『じゃがポックル』は北海道産の厳選した原料のみを使用しています。じゃがいもについては、『じゃがポックル』は北海道産のみ、『Jagabee(じゃがビー)』は北米産のじゃがいもを使用しております。塩については、『じゃがポックル』は、「オホーツクの焼き塩」に限定して使用しております。
■作り方
『じゃがポックル』は、小さな釜でフライして揚げムラを細かくチェックし、フライ後も少量ずつ丁寧に選別するなど、手作りに近い生産をしております。『Jagabee(じゃがビー)』の製造の流れは『じゃがポックル』とほぼ同じですが、一部の工程を機械化しており、より大きな釜でフライしているため、比較的多くの量の生産を行うことができます。

引用元:http://faq.calbee.co.jp/

じゃがポックルとじゃがビーの違いは、原料のじゃがいもと塩、そして作り方の違いだったんですね!

わかりやすいように書いてみますね。

  じゃがポックル じゃがビー
原料 北海道産のじゃがいも 北米産のじゃがいも
オホーツクの焼き塩 食塩
作り方 少量で丁寧な手作りに近い生産 一部の工程を機械化&大量生産

北海道産の原材料にこだわったじゃがポックルは、手作りに近い製法ということからも、お土産になるだけの価値は十分にありますね♪

ただ、じゃがポックルはなかなか食べることができないので、スーパーで手軽に買うことができるじゃがビーは、じゃがポックルを食べたい時にはもってこいですね♪

ちなみに生産の工場もじゃがポックルは北海道工場のみに対して、じゃがビーは全国の工場でつくられているそうですよ。

じゃがポックルとじゃがビー、うーん、食べたくなってきた・・・。

スポンサーリンク

どっちが先に発売されたのか?元祖をチェック!

では、じゃがポックルとじゃがビーの発売はどちらが先なのでしょうか?
調べてみると

  • じゃがポックル…2003年発売
  • じゃがビー…2006年発売

ということでした。

じゃがポックルが爆発的人気で品薄になったことから、コストカットと機械化でじゃがビーを全国発売したんだろうなというイメージを持てますよね。

じゃがビーがじゃがポックルの「類似品」という扱いなのかはわかりませんが、北海道のみで発売されていたじゃがポックルに似たものを手軽に食べられるのは嬉しいです!

新発売と生産中止が激しく繰り返されるお菓子業界で、まだまだどちらの商品も発売されているということは、人気がある証拠なんでしょうね♪

スポンサーリンク

どっちが人気?じゃがポックルとじゃがビーの売上を比較!

じゃがポックルとじゃがビーの売上はどちらが上なのでしょうか!?

北海道土産の定番!品切れ続出のじゃがポックルか。
全国発売でみんなが手に入りやすいじゃがビーか。

勝敗はいかに・・・・!?

調べてみた結果、、、

売上はじゃがビーの方が上でした!

2017年度のカルビー決算報告書によると、じゃがビーがカルビー売上の3.5%、じゃがポックルが1.9%ということでした。

発売当初はじゃがポックルの方が上なのでは?と思い調べてみましたが、じゃがビー発売当時でもじゃがビーが5%、じゃがポックルが1.2%と、じゃがビーの方が上でした。

商品単価はじゃがポックルの方が高いのですが、やはり北海道内だけの販売になるので、全国で購入できるじゃがビーの方が人気なのでしょうね。

スポンサーリンク

じゃがポックルとじゃがビーの良さをおさらい!

じゃがポックルとじゃがビーの違いや歴史を見てきました。

それぞれの良さを振り返ってみましょう。

●じゃがポックル●
・北海道産の材料&北海道メイドのレア感
・手作りに近い製法でじゃがいもの感じをより味わえる

 

●じゃがビー●
・全国のスーパーで購入できるお手頃感
・じゃがポックルに比べ割安
・カルビーの人気商品

私はスナック菓子が大好きなので、じゃがビーももちろん好きですが、やはり「特別感」という意味でじゃがポックルが好きですね~。

じゃがポックルは18gの小袋が10袋入って885円。
お土産としては比較的お手頃で、個包装になっているので分けやすいのも嬉しいポイントですよね。
最近は定価より高くはなりますが、インターネットでも購入可能になりました(送料がかかる場合もあります)。

じゃがポックルとじゃがビー。
皆さんはどちらが好きですか?
じゃがポックルが手に入った際は、じゃがビー(うすしお味)も購入し、食べ比べてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください