年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

コーヒー豆の挽き方!ミルの代わりにミキサーで代用できる?

コーヒー豆挽き方

コーヒー豆を挽いて美味しいコーヒーを飲もうと思っていた時、コーヒーミルが何かの事情で使えないと豆を挽くことができませんよね。

また、普段はコーヒー豆が自宅にはないのに、頂き物でもらったときなどにコーヒー豆を挽きたいということもあるでしょう。

私は普段インスタントコーヒーを飲んでいるので、豆から挽いてコーヒーを飲むことはありません。

でも、お友達から美味しいコーヒー豆をもらったことがあり、その時にどうにかして豆を挽くことができないか調べてみたことがあります。

コーヒーミルがない時や壊れたときは、自宅にある○○を使えばミルの代わりの豆を挽くことができますよ!

スポンサーリンク

 

コーヒー豆をミキサーで挽くことができる?

コーヒー豆挽き方

コーヒー豆を挽きたい時、コーヒーミルが壊れたりして使えない状況の場合、コーヒーミルの代用品としてミキサーを思い浮かべる人もいますよね。

コーヒーミルの代わりにミキサーを使ってコーヒー豆を挽くことは、基本的にはしない方が良いです。

ミキサーの種類によってはコーヒー豆を挽くことができるものもありますが、コーヒー豆を挽くために作られた専用の物ではないため、ミキサーの内部を傷つてけてしまうこともあります。

ミキサーをコーヒーミルの代用品として使いたいというときは、必ず取り扱い説明書をよく読み、代用品として使うことができるのかチェックしてみましょう。

コーヒーミルの代わりにフードプロセッサーは使える?

コーヒーミルが使えない、ミキサーも使えないという時、フードプロセッサーを使えば豆を挽くことができる場合もあります。

フードプロセッサーを使う場合も、取扱説明書をよく読んでから豆を挽くようにしましょう。

フードプロセッサーは回転する速度が速いため、挽きたい粒の粗さよりも細かくしてしまう可能性があります。

また、粒の大きさが均一になりにくいということもありますし、フードプロセッサーの刃を傷つけてしまうこともあります。

フードプロセッサーを使ってコーヒー豆を挽く時は、フードプロセッサーの回転数に気をルけて挽いてくださいね。

スポンサーリンク

すり鉢とすりこぎでもコーヒー豆を挽くことができます

すり鉢とすりこぎを使ってもコーヒー豆を挽くことができます。

ですが、この方法は時間がかかる上に粒子の粒の大きさをそろえることが難しくなってしまいます。

また、すり鉢とすりこぎを使ってコーヒー豆を挽く時は、乱暴にしてしまうとすり鉢の中からコーヒー豆が飛び出てしまうこともあります。

あまり乱暴にせずに、丁寧にすり潰すようにしましょう。

すり鉢とすりこぎを使ってコーヒー豆を挽く時は、少々時間はかかってしまいますが、コーヒー豆の風味を損なわないように挽くことができますので、美味しいコーヒーを入れることができるというメリットもありますよ!

スポンサーリンク

コーヒー豆の粒の大きさについて

コーヒー豆挽き方

コーヒー豆を挽く時は、コーヒーの粒子の大きさによって味も変わってきます。

粗挽き

酸味が少し強い味わいの挽き方です。

酸味があるコーヒーの方が好きだという人は、粗挽き程度の挽き方にしましょう。

ザラメくらいの粒の大きさが目安になります。

中挽き

雑味がでにくいので、スッキリとした味わいが好きな人におすすめの挽き方です。

ザラメよりも少し小さく、グラニュー糖よりも少し大きいくらいの粒の大きさが目安になります。

細挽き

コクがある味わいが好きな人におすすめの挽き方です。

苦みが強くなり、少し雑味も感じるようになります。

グラニュー糖よりも少し小さく、上白糖よりも少し大きい粒の大きさが目安になります。

自分が好きな味のコーヒーを入れたい場合は、粒の大きさを調整してコーヒー豆を挽きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • コーヒーミルの代用品としてミキサーを使うのは基本的にはNG
  • コーヒーミルの代用品としてフードプロセッサーを使って豆を挽くことができる
  • ミキサーやフードプロセッサーを代用品として使いたい場合は取扱説明書をよく読む
  • すり鉢とすりこぎを使えばコーヒー豆を挽くことができる
  • コーチ-豆は粒子の大きさで味や風味が変わる

コーヒー豆を挽く時、コーヒーミルが壊れてしまっていたり、家にミルがないというときは、代用品として使うことができるものがあればとっても便利ですよね!

ミキサーをコーヒーミルの代わりに使えないかと思う人もいるでしょうが、ミキサーを使うと内部を傷つけてしまう可能性があるのでおすすめはできません。

フードプロセッサーやすり鉢・すりこぎを使えば豆を挽くことができますので、上手に活用してコーヒー豆を挽いてみましょう。

コーヒーの粒子の大きさによって味や風味が違いますので、好みの味を見つけて美味しいコーヒーを入れてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください