五所川原立佞武多2018!日程・観覧席・駐車場・交通規制をチェック!

「五所川原立佞武多」

これ、読めますか?

「ごしょがわらたちねぷた」と読みます。

青森県のお祭りねぷた祭りの一つで、青森ねぶた、弘前ねぷたに比べると、
全国的な知名度は劣るのですが、高さ約20メートルの人形ねぷたが、五所川原の街を練り歩く姿は、迫力満点です。

今回は、五所川原立佞武多についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

五所川原立佞武多とは?

【立佞武多の歴史】

ねぷたは、400年以上もの間、津軽地方を中心に受け継がれてきた火祭りで、五所川原市のねぷたは「立佞武多」と呼ばれています。

五所川原の記録に出てくるのは、明治40年ごろで、大地主の力の象徴として、20メートルもの高さを誇るねぷたが作られていました。

その姿は10キロ以上も離れている、旧金木町からも見えたと言われています。

のちの電気の普及により、街に電線が張り巡らされねぷたは小型の一途をたどります。

戦後の大火で設計図などもなくなり、ねぷたは姿を消しました。

しかし、1993年に当時の設計図と写真が発見されたことで、翌1994年に市民劇団によって高さ7メートルのねぷたが復元されました。

その後市民有志により、現在の五所川原立佞武多が復活していったのです。

囃子方の掛け声は、青森の「ラッセラー」 弘前の「ヤーヤドー」に対し、「ヤッテマレ」です。

「ヤッテマレ」とは津軽弁で、標準語にすると「やってしまえ!」という意味に近くなります。

スポンサーリンク

五所川原立佞武多2018 日程と運行ルート

【開催日】

8月4日(土)~8日(水)

立佞武多の開催は毎年曜日に関係なく同じ日程で行われます。

【運行時間】

19:00~21:00

【運行ルート】

JR五能線 五所川原駅前→立佞武多の館→五所川原市役所→つがる総合病院

→ローソン五所川原市役所前店→増田病院→ホテルサンルート五所川原→五所川原駅前

スポンサーリンク

おすすめ観覧場所と有料席情報

【有料席】

スタート・ゴール地点

  • 全席指定 500席/1日
  • 販売価格: 3000円

購入方法

①旅行会社

クラブツーリズムや阪急交通社など旅行代理店での手配が可能です。

宿泊や交通手段など、セットになっていることが多いので、旅行の手配も同時に済むので楽ですね!

↓ ↓ ↓ ↓

②個人販売

窓口・FAX・メールでの受付となります。

  • 受付開始: 4月9日10:00~
  • 申込方法: 窓口 → トカトントンスクエア太宰治「思ひ出」の蔵
  • 住所:青森県五所川原市大町501-2→地図
  • FAX → 0173-33-6338
  • メール → ap-91125@machinaka-go.co.jp

③イープラス

8月4日 5日 のみ、イープラスでも予約可能です。

【有料桟敷席】

五所川原商工会議所が販売する桟敷席です。

受付開始: 10席以上 3月2日(金) 9:00~

      9席以下 4月23日(月) 9:00~

申込方法: 五所川原商工会議所HPからダウンロードした専用申込書にて、FAXまたは窓口

販売価格: 2500円

詳細は五所川原商工会議所HP

【おすすめ観覧場所】

立佞武多は、高さが20メートルもあるので、一番前で見るだけがすべてではありません。

少し離れて全体を見るのもとても迫力があります。

おすすめの場所としては、増田病院前から布屋町の交差点辺りまでが、見通しが良く、ねぷたを存分に楽しむことができます。

見所は?

見所は何といっても、高さ20メートル越え、総重量約20トンの立佞武多が、「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」の掛け声と、囃子・太鼓とともに練り歩く姿です。

ビル7階建てに相当するねぷたを見上げると、その迫力に圧倒されてしまいます。

さらに、旧金木町出身の吉幾三さんが、祭りを盛り上げてくれます。

その名も「立佞武多」。

地元愛を感じますね。


スポンサーリンク

アクセス・駐車場・交通規制情報

【電車】

新青森駅からJR奥羽本線 川部駅 五能線に乗り換え 五所川原 約70分

新青森駅から弘南バスで65分

【車】

東北自動車道浪岡インターチェンジから津軽自動車道で20分

【駐車場】

祭り期間中は、会場付近は渋滞と交通規制がかかります。

少し離れますが、ショッピングセンターエルムにて、無料駐車ができます。

エルムからはシャトルバスが運行されます。

エルム http://www.elm-no-machi.jp/

【交通規制】

運行ルート周辺は、18:00ごろから21:00まで規制がかかります。

昨年の交通規制案内図です。

http://go-kankou.jp/tachineputa/2017guide2.pdf

スポンサーリンク

五所川原立佞武多まとめ

五所川原立佞武多は、青森のお祭りの中でも決して規模の大きなものではありません。

また、交通も便利とは言い難く、気軽に訪れることは難しいかと思います。

それでも、写真ではなく実際に見てみると、その迫力と五所川原の人の熱量に、わざわざ見に来てよかった!と思うこと間違いなしです。

同じ8月上旬は、青森ねぶた、弘前ねぷたも開催されています。

3つはしごして、思う存分青森の火祭りを体感してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です