まるごとバナナが体に悪いと噂される3つ理由!トランス脂肪酸が危険?

かなこ

まるごとバナナが美味しいし大好きなんだけど、体に悪いって聞いたことがあって…この噂、本当なのかしら!?

今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。

【この記事の内容】
・まるごとバナナが体に悪いと言われる3つ理由
・まるごとバナナの原材料をチェック
・まるごとバナナのカロリーと糖質

バナナが一本丸々使われている贅沢なスイーツの「まるごとバナナ」。

多くの人が一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

そんな私も例に漏れずまるごとバナナが大好きなファンのひとりで、ダイエット中であるにも拘わらずスーパーで見かけるとついつい買ってしまうんですよね。

しかし、巷ではそんなまるごとバナナが体に悪いなんてことが言われているそうなんです。

これが真実なら大変なこと!

ということで今回は、まるごとバナナが体に悪いと言われるようになった原因を追求していきたいと思います。

まるごとバナナが体に悪いと言われる3つ理由

まるごとバナナが体に悪いと言われるようになった理由は、どうやら3つあるようなんです。

その理由をひとつずつ見ていきましょう!

噂①黒くならない

まずひとつめは、バナナが黒くならないということです。

バナナは日が経つと、自然と黒みがかってきてしまいますよね。

黒くなった部分はちょっとぐじゅぐじゅした感じになっていってしまい、それが苦手だという人も少なくないと思います。

しかし、まるごとバナナを思い出してみてください。

バナナが黒くなってしまっているものに当たってしまったことがあるという人は恐らくいないのではないでしょうか?

日が経てばバナナが黒くなっていってしまうのは自然なこと。

しかしわまるごとバナナではそれが起こらないんです。

おかしいと思いませんか?

バナナが黒くならないということは、まるごとバナナに使われているバナナには何かしら危険な薬品などが使われているのではないか!?なんていう憶測がされているようなんです。

しかし、実際はバナナがホイップクリームに包まれていることによって酸素に触れていないことで、黒くなることを防げているのです。

ですから、バナナになにか悪い薬品などが使われているということではありませんのでご安心ください!

噂②トランス脂肪酸が入っている

ふたつめは、トランス脂肪酸が入っているからということです。

トランス脂肪酸を多く摂取すると心疾患のリスクが高まってしまうなどということが言われており、アメリカでは食品にしようすることを禁止するまでになっています。

そんな危険な成分とされているトランス脂肪酸がまるごとバナナには含まれているんです。

ちなみに、まるごとバナナに含まれているトランス脂肪酸の量は0.7gです。

農林水産省では、トランス脂肪酸の摂取量は総エネルギー摂取量の1%よりも少なくするように言われています。

1%の量に相当するトランス脂肪酸の量というのが大体2gです。

ですから、まるごとバナナに含まれているトランス脂肪酸の量自体にはなんら問題は無いわけなのですが、やはり体に悪いと成分と分かっているものが含まれているとなると体への影響を心配してしまいますよね。

噂③カロリーが高く太りやすい

みっつめの理由は、まるごとバナナのカロリーが高すぎるということにあります。

まるごとバナナ1個のカロリーは430kcalです。

まるごとバナナにはバナナが一本丸々含まれているのに加えて、たっぷりのホイップクリームがサンドされています。

見るからに高カロリーなスイーツですよね。

ですから、まるごとバナナをひとつ食べればかなりのカロリーを摂取することになり、太りやすくなります。

このことが体に悪いと言われる所以のようですね。

スポンサーリンク

まるごとバナナの原材料をチェック

では、まるごとバナナにはどのような原材料が使われているのでしょうか。

【原材料】
・バナナ
・ホイップクリーム
・卵
・砂糖
・小麦粉
・油脂加工品
・水あめ
・デキストリン
・生クリーム
・ソルビット
・膨張剤
・乳化剤
・メタリン酸Na
・香料
・増粘多糖類
・pH調整剤
・カロテノイド色素
・V.C

これらはパンやケーキなどによく使われている原材料ばかりですので、特に問題がありそうなものはありませんでした。

まるごとバナナのカロリーと糖質

では、まるごとバナナにはどれくらいのカロリーと糖質が含まれているのでしょうか。

・カロリー…430kcal
・糖質…51.4g

ちなみに、一日に摂ってもいいとされている間食のカロリーは200kcalと言われています。

つまり、間食でまるごとバナナを食べるのであれば半分しか食べられないということになります。

まるごとバナナが如何に高カロリーなスイーツであるかが、よく分かりますね。

【結論】まるごとバナナが体に悪いという科学的根拠はほぼない

まるごとバナナが体に悪いと言われるようになった理由や原因はよく分かりましたが、どれもそれほど根拠の無い事柄ばかりでした。

バナナが黒くならないのは酸素に触れていないから。

トランス脂肪酸は含まれているものの、国の定めている規定量からはオーバーしていないので実際は問題がないということ。

ただ、まるごとバナナのカロリーは430kcalとかなり高いので食べ過ぎはよくありません。

美味しいのでついつい丸ごとひとつ食べきってしまいそうなところですが、何回かに分けて食べた方がいいですね。