妊娠中に飲みたいお茶オススメ5選!私の一押しはコレ!

日本人の生活になじみ深いお茶は季節を問わずに無くてはならないものです。

家で煮出して作ったり、市販のペットボトルのお茶も様々なものが販売されています。お茶は天然由来の成分が多く含まれるため、妊娠中の水分補給として気軽に飲むことができます。

妊娠中はカフェインの含まれる物は良くないとされていて、お茶が好きな私は妊娠中に飲むお茶を気を付けて選んでいました。

この記事では妊娠中に飲むお茶の選び方や注意点、飲んだ中でオススメしたいお茶を紹介していきます。

悩んでいる妊婦さん、選び方や注意点を知って快適な妊娠ライフを過ごしましょう。

スポンサーリンク

 

妊娠中に飲むお茶の選び方と注意点

妊娠中のお茶はカフェインとカテキンに注意

お茶と呼ばれるものには多くの物の中にカフェインが含まれています。

特に玉露や緑茶、紅茶などに多く含まれており、カフェインは妊娠中の母体にとっては良いものではありません。

また、緑茶などに多く含まれるカテキン(タンニン)の過剰摂取も妊娠中は避けたいものの一つです。

妊娠中に飲みたいお茶オススメ5選!

カフェイン・カテキンの含まれないお茶とはどんなものがあるのでしょうか?

いろいろある中から私が良いと思ったオススメ5選を紹介します。

ルイボスティー

健康に良いと知られているお茶ですが、鉄分が多く摂取できるので鉄分不足と診断された妊婦さんには特にオススメです。

ミネラルも多く含まれていて、腸内環境を正常化してくれる作用もあるので腸内から免疫をアップさせてくれます。

 

麦茶

夏の定番飲料である麦茶はカフェインが含まれていないお茶として有名ですね。

麦茶には体のほてりを鎮めたり、胃の粘膜を保護して胃腸を整えるほか、夏バテ防止、むくみを予防する、血圧を下げる作用もある為、妊娠中の健康維持や夏の妊婦さんにオススメです。

 

タンポポ茶

タンポポの根には体を温める効果があります。

別名 タンポポコーヒーと呼ばれていて、焙煎してある為、若干コーヒーのような味で香りも良いお茶です。

鉄分やカルシウムが多く含まれていて、便秘解消、高血圧、糖尿病に良いとされています。

妊娠中の太り過ぎを予防するダイエット効果もあるので体重管理に不安がある妊婦さんにオススメです。

 

ごぼう茶

ごぼうの皮には多くのポリフェノールが含まれていることから、体の内側からキレイにしてくれるお茶として人気です。

ポリフェノールは体内の活性酵素を取り除いてくれる働きをする為、生活習慣病の予防のために摂っておきたい天然成分です。

香りも良く、ノンカフェインなので安心して飲むことができます。

 

ローズヒップティー

ハーブティーの中にはカフェインが含まれている物もありますが、人気のローズヒップティーはカフェインレスなのでオススメのお茶です。

女性に不足しがちな鉄分などのミネラルのほか、ビタミンA・ビタミンE・βカロテン・リコピンなどが含まれます。

好みの濃さに煮出して、温めて飲めば香りを楽しみながらリラックス出来るのでオススメです。

 

私の一押しはコレ!

私の一押しはルピシアというお茶の専門店が出している「ラビアンローズ」というルイボスティーとローズヒップティーをブレンドしたお茶です。

ルイボスティーとローズヒップティーの効果を一度に取れますし、抽出中の茶葉がローズの花弁とルイボスティーのルビー色が混ざるのがとても綺麗で癒されます。

香りもとても良いのでリラックスしたい方にはぜひ透明なティーポットで目で見て楽しんで貰いたいです。

ティーバックタイプも売られているので手軽に入れたい人はそちらをオススメします。

まとめ

妊娠期は身体に気を使いますね。できるだけ体を冷やさない為、リラックスする為にも温かいお茶を頂くと良いと思います。

生まれたらゆっくりする時間もないので今のうちにティーポットで優雅にお茶を頂きながら、好きな映画のDVDを見たり、読書をしたり、または赤ちゃんの為にスタイや手袋などを作ったりしても良いかもしれませんね。

妊娠中はサプリメントや医薬品を簡単に摂ることができませんから、お茶の持つ栄養効果を取り入れながら快適な妊娠ライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください