年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

ピスタチオの正しい食べ方!【殻むきのコツも伝授】

ナッツって一度食べ出すと、次から次に食べてしまって止まらないですよね。

特にピスタチオが大好きです!

友人と宅飲みの時にもおつまみとして出したのですが、その友人はピスタチオを食べたことがなかったのです。

殻付きのまま出したら、“そのまま食べるの?殻をむいて食べるの?”と食べ方が分からなかったのです。

ピスタチオを食べたことがない人は他にも大勢いるでしょう。

今回は、友人のようにピスタチオの食べ方が分からない方に以下の項目をご紹介します。

・ピスタチオの正しい食べ方

・殻むきのコツ

・ピスタチオの栄養効果について

スポンサーリンク

 

ピスタチオの正しい食べ方

殻をむいて食べる

ピスタチオの正しい食べ方は・・・

“殻をむいて食べます!”

ピスタチオの殻はとても硬いので、殻付きのまま食べるのは無謀です。

“じゃあ、どうして殻付きで売っているの?”と疑問に感じます。

一説では、風味を損なわないよう酸化防止のために殻付きのまま売っているのだとか・・・

薄皮は剥いた方が良い?

殻をむくと、緑色の薄皮があります。

薄皮は剥いても剥かなくても、どちらでも大丈夫です。

食物繊維が豊富なので、薄皮ごと食べるのがおすすめです。

殻むきのコツ

ピスタチオは、殻付きのまま売られていることがほとんどです。

食べる際には殻むきが必要です。

中にはとても硬くて上手く剥けないものもあります。

でも、コツさえ掴めばとても簡単です。

割れている殻を用意し、殻の隙間にねじ込んで捻るだけ!

これでほとんどのピスタチオは剥けます。

スポンサーリンク

ピスタチオを食べると嬉しい効果が!

ピスタチオを食べると、体にとても嬉しい効果があります。

むくみ改善効果

ピスタチオは、“カリウム”が豊富に含まれています。

“体の水分を保持するナトリウム”を排出する効果があるので、水分が溜まらずむくみ改善につながります。

高血圧予防効果

ナトリウムが体内に蓄積されると、高血圧や動脈硬化の原因になります。

ピスタチオに含まれるカリウムの作用で、ナトリウムを排出する効果があります。

生活習慣病予防効果

ピスタチオには、“不飽和脂肪酸”が含まれています。

この不飽和脂肪酸は、コレステロール値を正常にする働きをします。

そのため、生活習慣病の予防につながります。

疲労回復効果

ピスタチオには、疲労回復に効果のあるビタミンB群が豊富です。

また、エネルギー不足を補ってくれる良質な脂質も含まれ、体を元気にしてくれます。

貧血改善効果

ピスタチオには鉄分が多く含まれ、血中のヘモグロビンを増やす働きがあります。

そこため、貧血改善効果が期待できます。

美肌効果

ピスタチオには、体内の酸化(老化)を防ぐ“抗酸化作用”のあるビタミンAやビタミンEが豊富です。

食物繊維も豊富で、肌荒れの原因にもなる便秘を解消してくれます。

そのため、老化防止、美肌効果が期待できます。

ピスタチオがこんなにも栄養豊富で、健康と美容に効果的なのは初耳でした。

ダイエットのお供に良さそうです!

スポンサーリンク

美味しいピスタチオを食べて、健康と美肌を手に入れよう!

一度食べると病み付きになるピスタチオ。

殻付きで売っているものの、コツさえ掴めば簡単に殻が剥けます。

ピスタチオはとても栄養が豊富です。

・むくみ改善効果

・高血圧予防効果

・生活習慣病予防効果

・疲労回復効果

・貧血改善効果

・美肌効果

これだけの素晴らしい効果があります。

食べたことがないなんて勿体ないです。

そのまま食べても美味しいですが、お菓子や料理にも使えます。

是非ピスタチオを食べて健康と美肌を手に入れてください。

ダイエットのお供にも良さそうですが、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください