リップクリームの使用期限は?期限切れの判断と他の使い道について

乾燥する時期に気になる唇の荒れ。

放っておくと唇の皮がパリパリになって、割れて血が出てきてしまうことがあります。

唇の乾燥対策にリップクリームを使う人は多いでしょう。

私もポーチの中に入れて、いつも持ち歩いています。

リップクリームって、無くなると困るけど意外と無くならないですよね。

「このリップクリーム、いつから使っていたかな?」とふと気になりました。

あまり長期間使っていると衛生的に悪い様な気がするし、そもそもリップクリームに使用期限はないのでしょうか?

口に付けるものだし、使用期限があるならきちんと知っておきたいです。

そこで今回はリップクリームの使用期限や期限切れ後の他の使い道についてご紹介したいと思います。

リップクリームの使用期限はあるの?

化粧品等は未開封のものであれば、製造日から3年以内に使わなければいけません。

ちえこ

それ以降は品質が落ちる可能性があるそうです。

では、開封後のリップクリームの使用期限はいつまでなのでしょうか?

未開封での使用期限が3年にも関わらず、開封後は6ヶ月以内とされています。

リップクリームにどうして使用期限があるの?

食べ物と違い期限が書かれていないのに、どうして使用期限を守る必要があるのでしょうか?

その理由は、「酸化」と「雑菌の繁殖」です。

酸化

開封後、リップクリームの油分が空気に触れて酸化が始まります。

酸化してしまうと、雑菌の増殖にも繋がります。

そしてこの酸化、厄介なのがシミや色素沈着の原因となる「活性酵素」に変身してしまいます。

くすんだ唇は不健康に見られたり、老けて見られたりします。

若々しい唇のためにも、酸化したリップクリームは使わないようにしましょう。

雑菌の増殖

使用期限を守らないといけないもう一つの理由は、雑菌の増殖です。

唇に使用するものなので、リップクリーム自体に唾液が付いてしまいます。

その唾液を餌に雑菌が増殖してしまいます。

雑菌は唇が荒れる原因になりますし、衛生的にもあまり良くありません。

「酸化」と「雑菌の繁殖」している場合は、嫌な臭いがしたり変色したりしているので確認しやすいと思います。

使いきれないリップクリームの他の使い道はある?

リップクリームの使用期限についてご紹介しましたが、使用期限内に使いきれないこともあります。

でも、捨てるのって勿体ないですよね。

捨てなくて済むように他の使い道はないのでしょうか?

鼻づまり対策

メントール入りのものなら、スースーするので鼻の下に塗ると鼻づまりの辛さが緩和されます。

鼻をかんで荒れてしまった肌の保湿もできますね。

まつ毛の保護

リップクリームの保湿効果を利用して、まつ毛に塗ってまつ毛保護に使用できます。

まつ毛を保護することで、丈夫な長いまつげが生えるのでおすすめです。

アイシャドウやチークの下地

アイシャドウやチークの下地としてリップを塗ることで、発色が良くなりメイクが落ちにくくなります。

指先の保湿

指先にリップクリームを塗ることで、手荒れ防止ができます。

ヘアワックスの代わり

髪の毛に付けることでヘアワックスの代わりになります。

おくれ毛などにサッと塗ると簡単にまとめることができます。

保湿効果もあり、髪の毛の保護もできます。

リップクリームの保湿効果を利用した画期的な使用方法でしたね。

でもこれは、肌に付ける方法なので使用期限内にしてください。

では、使用期限が切れたものはどうしたら良いのでしょうか?

靴ずれ防止

靴ずれしやすい靴の部分に塗ることで、滑りが良くなって靴ずれ防止ができます。

革製品のお手入れ

カバンや靴などの革製品に薄く塗ることで、リップクリームの油分が革を輝かせ保護してくれます。

まとめ

リップクリームの使用期限は、未開封のものが3年、開封後は6ヶ月だとわかりました。

使用期限を守らないと酸化したり雑菌が繁殖したりします。

酸化は活性酵素になって、シミや色素沈着に繋がり美容の大敵です。

雑菌が増殖すると、肌荒れの原因になります。

リップクリームの使用期限なんてあまり意識していませんでしたが、酸化や雑菌の繁殖のことを知るととても怖くなりました。

これからは使用期限を意識して使い、もし使いきれない場合は今回知った他の使い方を試してみたいと思います。