年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

冷凍した食パンはいつまで大丈夫?保存期間と長持ちする冷凍のコツ

「冷凍庫に食パンが保存してあるけど、いつまで大丈夫かな?」

みなさん、こんにちは!

食パンは、忙しい朝や小腹がすいたときにサッと食べられる便利な食品。

でも中途半端に残ってしまったり、一人暮らしなどですぐに食べきれない…ということも。

そんなとき思いつくのが、冷凍庫での保管。

常温や冷蔵に比べ、ずっと長持ちしそうですよね。

「どれくらいの期間、食パンは冷凍保存できるのかな?」

「食パンを冷凍するときのコツって何かあるのかな?」

今回は、そんな食パンの冷凍保存についてまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

冷凍した食パン、保存期間はどれくらい?

「冷凍保存なら、ずっと大丈夫なイメージ!」

なんて思っている方、実はいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに常温や冷蔵に比べるとかなり長持ちしますが、食パンの冷凍保存はだいたい2週間~1か月程度

これは、冷凍庫の中で徐々に乾燥が進んでいくためです。

どれだけ完璧に密閉保存をしても、残念ながら乾燥を完全に防ぎきることは出来ません。

味や香りが劣ったり、ポソポソとした食感になってしまうので、1か月以内には食べるように心がけましょう

食パンを冷凍するときに長持ちするコツってある?

少しでもおいしく食パンを保存しておくコツがあれば、覚えておきたいですよね。

意外かもしれませんが、食パンも鮮度が命

食べきれない分は、買ってきたその日のうちに冷凍してしまうのがおすすめです。

食パンを冷凍する際は、買ってきたままの状態ではなく、必ずスライスしてから一枚ずつラップで包みましょう。

そして、フリーザーバッグにまとめて収納します。

その際、しっかりと空気を抜いて冷凍することで、冷凍焼け(パンが乾燥してしまう原因)を防ぐことが出来ます。

一枚ずつ切って包むのは少し面倒かもしれませんが、最初に手間をかけてしまえば、食べるときは好きな量だけ解凍できるので便利ですよ!

スポンサーリンク

冷凍した食パンの解凍方法は?

凍っている食パンを自然解凍してしまうと、水分で食パンがべちゃっとしてしまいます。

凍った状態のまま、トースターで焼き始めましょう。

その際、トースターをあらかじめ温めておくと、サクっとおいしく仕上がりますよ!

また、凍った状態の食パンに軽く霧吹きで水をさっとかけてからトーストすると、真ん中の部分がふんわりやわらかく仕上がります。

ぜひ、自分のお好みの仕上がり具合を探してみてくださいね!

菓子パンなどは、アルミホイルで包んでからトーストすると、熱が全体に広がり、表面の焦げ付きを防ぐことが出来ます。

なお、一度解凍したパンは風味が落ちてしまうので、再冷凍などはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

食パンの冷凍保存まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、食パンの冷凍に関してまとめてみました。

食パンをおいしく冷凍保存するコツは、以下の5点!

  1. 食パンは、買ってきたその日のうちに冷凍保存する
  2. 一枚ずつラップに包み、フリーザーバックに空気を入れないようにして密閉収納
  3. 冷凍した食パンの保存期間は、だいたい2週間~1か月程度
  4. 食べるときは解凍せず、凍ったままの状態でトーストする
  5. 一度解凍した食パンは、再冷凍しないで食べきる

以上です。

冷凍した食パンがあれば、忙しい朝やおやつに気軽に食べられて便利ですよね。

おいしい食パンがいつでも食べられるよう、正しい保存方法や保存期間を覚えておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください