年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

コーヒーフレッシュの代用品まとめ!生クリームや牛乳でもいける?

「コーヒーは飲みたいけど、コーヒーフレッシュは使いたくない!」と思っておられる方のために、コーヒーフレッシュの代用品をまとめてみました。

「コーヒーフレッシュ」は元々、牛乳や生クリームの代替品としてミルクに似せて作られた物なので、逆に考えれば生クリームや牛乳をコーヒーフレッシュの代用品として使うのは大正解!です。

ここでは、ポピュラーな「生クリーム・牛乳」以外にもコーヒーフレッシュの代用品になる物を一挙公開!美味しい飲み方のポイントと共にご紹介していますので、ぜひ参考して下さいね。

コーヒーフレッシュの代用品をまとめてご紹介

そもそも「コーヒーフレッシュ」は、コーヒーに入れる事でコーヒーをマイルドな味わいにしてくれます。似た働きをしてくれるものを選んでみました。

① 牛乳

先にもお伝えしているように、「牛乳」をコーヒーフレッシュの代用品にするのが一番ポピュラーです。(冷蔵庫の中にもありがちですし…)

「コーヒーフレッシュ」はミルクに似せているとはいえ主原料は植物性脂肪なので、牛乳を使う方が体のためには良さそうです。

MEMO

熱々のコーヒーがお好きな方は、牛乳を少し温めてから入れた方が良いです。
コーヒーフレッシュを入れた時より「あっさり」とした味わいになるので、なるべく脂肪分の多い牛乳を選ぶ方が美味しく感じられます。

② 生クリーム

牛乳より高価になりますが、コクがあり味わい深くなります。

MEMO

乳脂肪分の高いクリームをそのまま加えると脂肪分が分離することがあるので、乳脂肪分の少ないものを選んで下さいね。

生クリームに砂糖を加えて固く泡立てると「ホイップクリーム」になります。これをコーヒーに浮かべたものが「ウインナーコーヒー」ですが、ひと手間かけるだけで喫茶店の味が楽しめますよ。

③ クリープ

森永乳業が販売している「粉末ミルク」ですが、「コーヒーにはクリープ」と、使われている方も多いです。

クリープは、原材料が「乳製品、乳糖」となっているので「ミルク生まれの甘みと豊かなコク」で、安心して使えます。

MEMO

粉末ミルクには他にも名の通った「ブライト」がありますが、こちらの原材料は「植物油脂、砂糖、カゼイン(乳由来)、pH調整剤、乳化剤、香料、クチナシ色素」で、コーヒーフレッシュと同じような原材料になっています。
粉末ミルクを選ぶ際は、原材料を確かめることをオススメします。

スポンサーリンク

④ 豆乳

いわゆる「ソイラテ」になってしまいますが、豆乳が苦手な方でなければコーヒーフレッシュの代用品として使ってみて下さい。健康的ですしダイエットを考えている方ならピッタリです。

MEMO

豆乳には「無調整豆乳」と「調整豆乳」がありますが、どちらを使うかはお好みです。
甘くない方が良い場合は「無調整豆乳」、少し甘さが欲しい場合は「調整豆乳」になります。
美味しく飲むためには、コーヒーを濃い目に淹れるのがベストです。

⑤ スキムミルク

スキムミルクは、牛乳から脂肪分を抜き取って粉末状にしたものなので、好き嫌いが分かれ美味しく感じられないかもしれません。
その分カロリーは低いので、豆乳同様ダイエットにはピッタリです。

MEMO

スキムミルクを入れても物足りない方は、砂糖を黒糖に変えると甘さにコクがプラスされ美味しくなります。
少し溶けにくいので、よくかき混ぜましょう。
乳製品は日持ちが悪いですが、スキムミルクなら粉末なので日持ちが良く、小袋に入れて持ち歩けるので外出先でも使えます。

スポンサーリンク

⑥ シナモンシュガー

お菓子作りに使われることが多いイメージですが、コーヒーとも相性ピッタリです。
コーヒーの香りとマッチしてリラックス効果もあります。

MEMO

いつも飲んでいるように淹れたコーヒーに入れるだけですが、他にリンゴやフルーツジャムと組み合わせても美味しいアレンジになりますよ。

⑦ マシュマロ

SNSでも賑わっている「マシュマロコーヒー」です。トロリとした甘さと可愛いさにハマる方続出のようです。

MEMO

マシュマロ自体に甘さがあるので、幾つマシュマロを入れるかはお好みで調整して下さい。
マシュマロの硬さや状態によって、すぐに溶ける場合と生地が硬くなってしま場合がありますが、サッと溶けるのがお好みならマシュマロをレンジで軽くチンしてから入れるのがベストです。

スポンサーリンク

自宅で簡単に作れるコーヒーフレッシュのレシピ

先にお伝えしましたが、元来コーヒーには牛乳や生クリームが使われていました。

牛乳や生クリームに代えてコストを良くするために生まれたのがコーヒーフレッシュですから、本来の姿に戻すだけで美味しいコーヒーフレッシュが作れます。

コーヒー専門店など本格的なコーヒーが飲めるお店では、コーヒーフレッシュを使わず牛乳や生クリームで作られたものが出されています。本格コーヒー専門店の味を家庭でも楽しみましょう。

出来上がり200㏄のコーヒーフレッシュ

 

材料:乳脂肪分47%の生クリーム120㏄/乳脂肪分3・5%の牛乳80㏄

 

作り方:材料を混ぜ合わせるだけですが、生クリームの分量が多いほどコクのある深い味わいのコーヒーフレッシュが出来上がります。

混ぜ合わせたものを加熱して煮詰めると、トロリとしてより本格的なコーヒーフレッシュになりますが、焦げないように手が離せないので時間がある時にチャレンジしてみて下さい。

最後にバニラエッセンスやシロップなどお好みで少量加えると、オリジナルのコーヒーフレッシュになりアレンジするのが楽しいです。

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュ代用品オススメは生クリーム×牛乳!トレンドはマシュマロ

さて、いかがでしたでしょうか?

コーヒーフレッシュの由来からすると、コーヒーフレッシュの代用品としては「生クリームと牛乳」がピッタリです。健康的にもその方が良さそうですね!

ひと手間かけて「生クリーム×牛乳」で本格的なコーヒーフレッシュを手作りするのも素敵なコーヒータイムになります。

今、「マシュマロコーヒー」がSNSで盛り上がっていますが、確かに美味しいです!ただし、カロリーを気にしている方は美味しいからと飲み過ぎないように気をつけて下さいね。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。