ウオーキングしても痩せない人2つの特徴!ダイエット成功に導くやり方を伝授

痩せたいのに運動が苦手と感じる方がとても多い時代です。

「ちゃんと時間も決めてウオーキングしてるのに、何で痩せないんだろう」
「どうすれば効果的なウオーキングできるのかな?」

ウオーキングといえば、代表的な有酸素運動でダイエットがブームになり始めたときに流行ったやり方でもあります。

実はウオーキングにもダイエットに効果的なやり方とそうでないやり方があったのです。

今回はウオーキングによってダイエットが成功するやり方をご紹介しましょう!

ウオーキングしても痩せない人2つの特徴

痩せるというのは、摂取カロリーが消費カロリーを超えない場合に起こるのですが、ぜい肉や余分な脂肪を落として体重を減らすのは、ウオーキングでも何でもそんな生易しいことではありません!

ウオーキング中の身近な落とし穴で、痩せないという理由が2つあります。

①歩くときの姿勢が正しくない。
②基本的な歩き方ができていない。

この2つがウオーキングを毎日していてもなかなか結果が出ない、という場合の特徴です。

人には向き・不向きや、個人差などがあるので必ずこれだけやったら結果が出るという保証はありません。

ウオーキングでダイエットを目指すなら、ただ歩けばいいということでもないんです。

次の章で、上記の2つ特徴に合った正しいウオーキングの仕方を解説します。ぜひ実践してみてください。

ダイエット成功に導く正しいウォーキングのやり方

さあ、ウオーキングで痩せない理由がわかったら正しいやり方を覚えるだけです!

①歩く姿勢

歩幅は普通に歩くより広めに取り、それで普通に歩くのではなく、ウオーキングをしているという意識を高めることが大事です。ただ歩幅に気を付けて歩くのは痩せるための要素ではないのです。歩く前に「立ち姿勢の美しさ」をマスターしましょう。

横から見て耳・肩・膝・くるぶしが縦一直線になるのが正しい立ち姿勢。この姿勢を崩さずに意識してウオーキングすることで、全身に力が入り筋力も付きます。普通に歩くより消費カロリーもアップするんですよ。

②歩く基本を守ることで質を高める

歩くという行為は、私たち人間が必ず毎日行っている動作ですね。日常的に無意識に歩くことがほとんどですから、筋肉を意識したりすることはほとんどありません。

しかし、ウオーキングは別。ウオーキングの時間がなかなか取れない場合でも、普通に歩く動作をウオーキングに変えるよう意識して歩けば、自然とウオーキングしているのと同じ効果が得られるんです。

ウオーキングに時間をとれるなら、先程の姿勢を保ちつつ全身の筋肉を意識して大きく歩きましょう。

スポンサーリンク

ウオーキングで痩せるなら他にも工夫が必要!

痩せるって、太るのと比べると何十倍も大変!

でもウオーキングは全身運動なので、長い目で見て続けるダイエットとしては効果があります。

このウオーキングという楽しみながら誰でもできるダイエットで痩せる方法についてまとめてみました。

※ウオーキングで痩せない人には原因があった
全身を使って歩くウオーキングは、やり方を工夫するだけでダイエットにとても効果的です。なのになかなか結果が出ないというのは、何かが足りないか余計なものがあるということ。キーワードは、「歩く姿勢」「歩く基本を守る」の2つでした。

※ウオーキングでダイエットを成功させるコツは?
ウオーキング経験者でも、姿勢を意識して歩く人って少ないかもしれません。時間を長く歩くより、姿勢と基本を意識してウオーキングに取り組むのがダイエットにつながるんです。常に正しい姿勢を保ち、歩幅を広く取り、普通よりちょっと早めに歩くことから始めましょう!

いつもの通勤時、家の中を歩くとき、いろんなシーンで姿勢と基本を思い出して歩けば意外な結果が出ることでしょう。