40代になると食べてないのに太るのはなぜ?体重増加が止まらない40代のアナタへ

「若い頃は普通体型だったのに、なんで今はこんなにぶよぶよなの?」
「そんなに食べない方なのに、なんか最近太ってきたのよ」

自身も40代後半で、こんな会話を何度もしていますが、この記事を読んでくださっているアナタはどうですか?

同じ世代でも若々しくてスリムな人ってたくさんいるのに、世の40代女性の悩みは尽きませんね。

今回は、40代になるとなぜ太るのか、そしてその対処法についてご紹介しましょう。

40代になると食べてないのに太るのはなぜ?

人間は摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、太ります。

これは世代に関係ないのですが、個人差があり、いくら食べても太らない大食いで痩せている人もいます。

それが、40代になると食べなくても太ってきたという厳しい現実が起こるのです。

おそらくアナタもそうではないでしょうか?

いったいどういうことかといいますと、「基礎代謝の減少」「体の老化現象」この2つが引き金になっているのです。

基礎代謝の減少について

基礎代謝とは、生きるのに必要な活動(内臓や脳の活動・睡眠等含む)を維持するためのエネルギーで、もともと体内に備わっています。
10代から20代の体も心も健康で全盛期には、基礎代謝は十分な機能を果たしていますが、30代から徐々に減少していきます。
40代は減少のピーク直前で、ここで基礎代謝を上げれば体型維持も期待出来ますが、下がった基礎代謝を上げるのはなかなか難しいものなんです。
特に女性は男性よりもホルモンのバランスの変化が大きいため、基礎代謝も下がり幅が大きいといわれています。

体の老化現象ついて

老化というと、見た目の老いを連想するアナタ、必見です。
外見に老いがあるように、体にも「老化」があり、それが40代の女性の天敵なのです!
彼女たちの体の中では、酸化・糖化・ホルモンの変化が起こり始めています。
少しでも食い止めるには、食事での栄養管理・運動が必要になり、それを継続することで老化の速度を遅らせることにつながるのです。

スポンサーリンク

40代になってから体型を維持するために気をつけたいこと

40代ともなると、若いときには気にならなかったことが次々と気になりだすものです。

一番はお腹周りで、生活は変わっていないのに、サイズだけが変わることで気が付きます。

この急速な体型の崩れに気が付いた時が、変化の始まりです!

ダイエットをするわけではありません、筋肉を増やすために運動をしましょう!

ジムに通うようなハードなものではなく、ずっと使わなかった筋肉を目覚めさせるちょっとしたエクササイズで充分なんです。

おすすめは「ピラティス」という、緩い動きが特徴のエクササイズ。

やり方は本当に簡単で、呼吸と動かす筋肉の場所に気をつけて、良く変えたい場所に刺激を与えるというエクササイズを何セットか行うのが基本です。

三日坊主で終わらないように継続すると、頑張った分効果が出ますよ。

40代は体型崩れのボーダーライン

実は30代後半から始まる体型崩れ、40代に入ると進むスピードが速くなるため、気を付けなければなりません。

食べる量や内容にもよりますが、普段から少ない人でもやはり体重オーバーやお腹から出ていく人が多いようです。

では、40代で太る理由と対策についてまとめましょう。

※体重増加と体の変化で一気に老ける
基礎代謝の減少と次第に現れる老化現象で、なかなか増える数字は止まりません。
でも体の変化も自分では止められないので、せめてその速度を遅らせる努力をすることが大事です。
自分の現在に起こっていることを受け止めて、少しずつ始めることできっと変われます!

※止められなくても遅らせる方法がある
基礎代謝は減少してもゼロになることは生きてるうちはありません。
なので、今のうちに手を打てばいいのです!
ハードな運動より、緩くても長く続くエクササイズのほうが断然効果あり!
辛く感じる運動は挫折するとそこで終わりですが、一度にやるエクササイズが少なくても、継続することで今まで動いていなかった筋肉が目覚め出し、次第に筋力が付いてきます。
使わない筋肉こそが脂肪に変わりやすいので、そこを食い止めるよう地道に努力していきましょう!