年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

レモン水の持ち歩き最適な容器って何?正しい作り方と飲み方も!

健康や美容の観点で若い女性を中心に注目されているレモン水ですが、これを持ち歩く際にはどのような容器に入れるのがおすすめなのでしょうか?

レモン水と言えばおしゃれなカフェなどで出てくるイメージがありますが、最近はそれを自宅で作って持ち歩くという人が増えてきているようなんです。

ですが、健康や美容に良いということが謳われている飲み物なだけあって、普通の水筒に入れるだけでもいいものなのか気になります。

ということで今回は、

・レモン水を持ち歩くときに入れる最適な容器ってどんなもの?
・レモン水を入れるための容器で、通販で買えるおすすめのものは?
・レモン水の正しい作り方とは?
・レモン水の効果的な飲み方とは?

ということについてご紹介していきたいと思います。

レモン水の持ち歩き最適な容器って何?

健康や美容に良いと謳われているレモン水は、今やご家庭で手作りして飲むという人が増えてきているようです。

なので、レモン水を自宅にある容器に移し変えて持ち歩くという人もいらっしゃるようなのですが、これを入れて持ち歩くのに最適な容器ってあるのでしょうか?

おすすめなのは、中身が見えるクリアボトルです。

レモンの輪切りを浮かべている場合はそれだけでも見た目が綺麗なので、せっかくですからそれを見えるような容器に入れるのがいいですね。

レモン水のようなフレーバーウォーターやデトックスウォーターを入れる目的のクリアボトルは、なんと100均にも売られているくらい人気なんです!

また、金属製のボトルはおすすめできません。

というのも、レモンの酸の影響で場合によっては金属が溶け出してしまうことがごく稀にあります。

そうするとレモン水自体の味が変わってしまうこともありますから、レモン水を入れる容器としては金属製のボトルは避けるようにしてください。

通販で買えるおすすめ容器3選

では、通販で買うことができる、レモン水の持ち歩き用の容器を3つご紹介しましょう!

①クリアーボトル 500ml 直飲み 水筒

まずはこちらのクリアボトルです。

とてもシンプルなタイプのもので非常に軽いので、持ち歩きするのには最適なボトルとなっています。

口が広いのでレモンの輪切りも簡単に入れられますし、飲むときには専用のキャップを取り付けられるようになっているのでレモンの輪切りが邪魔して飲みにくくなるという心配もありません。

楽天でチェック→https://a.r10.to/hbvuls

②retapbottle05 リタップボトル 500ml

ふたつめは、ガラス製のクリアボトルです。

きれいな曲線を描いているこちらのボトルは見たが美しいのもおすすめしたいポイントのひとつなのですが、なによりガラス製ということでプラスチックボトルと比べると劣化しにくいという点がおすすめポイントです。

ガラス製のボトルは臭い移りや色移りしませんよ!

楽天でチェック→https://a.r10.to/hfprqQ

③組み替えドリンクジャーS(360ml)

みっつめは、蓋の部分が組み替え可能になっているタイプのクリアボトルです。

用途によって蓋を組み替えられて、ストローを差して飲むことができるようになっています。

楽天でチェック→https://a.r10.to/hybcwn

スポンサーリンク

レモン水の正しい作り方

ではここで、レモン水の正しい作り方についてご紹介したいと思います。

用意するのはレモンと飲料水のふたつだけ!

水にレモンの搾り汁を混ぜるか、もしくはレモンの輪切りを水に浮かべるかの二通りの作り方があります。

《搾り汁を混ぜる作り方》
・水200mlに対してレモンの搾り汁20ml(大体レモン1/2個分の搾り汁)を混ぜ合わせる

《輪切りを浮かべる作り方》
・レモンをしっかりと水洗いして汚れを落とし、薄くスライスしたものを水に浮かべる

どちらもとても簡単ですので、是非手作りしてみてくださいね!

レモン水の効果的な飲み方

レモン水には効果的な飲み方ってあるのでしょうか?

ポイントは以下の二点です。

・一日に三回飲む
・飲むときは食前に

この二点さえ守れば、レモン水としての効果を最大限に引き出して得られることができるのです。

ちなみに、一回の摂取量はコップ一杯程度で構いません。

たったこれだけで血糖値の上昇を抑えてくれたり、脂肪の燃焼を手助けしてくれたりします。

ですが、レモン水は飲みすぎるとレモンの酸によって胃痛を引き起こしてしまうリスクがありますから、摂取のしすぎには気を付けましょうね。

【まとめ】レモン水を持ち歩くための容器には金属製のボトルを使わないように!

せっかくレモン水を自作して持ち歩くのであれば、おしゃれな容器で持ち歩きしたいですよね!

・レモン水を持ち歩くときに入れる容器として、金属製のものはおすすめできない
・レモン水の作り方は、飲料水にレモンの搾り汁を混ぜるか、レモンの輪切りを浮かべるかの二通りある
・レモン水は一日に三回、食前にコップ一杯分飲むのが効果的とされている

今回ご紹介したボトルにレモン水を入れれば、それだけで気分も上がること間違いなしですよ!