アルフォートは太る?1個あたりのカロリーを算出してみた!

チョコに船の柄が描かれているのがなんともおしゃれなお菓子、アルフォート。

スーパーやコンビニに行けば必ず置いてある、チョコレート菓子の定番です。

あの内容量で100円ちょっと払えば買えるというお手頃さも人気の理由のひとつでしょうね。

チョコレートとビスケットがうまく融合し合っているので甘すぎず、気付いたら1箱無くなっていた!なんてこともよくあります。

でも、やっぱり食べ過ぎると太るのでは!?という心配事は付き物です。

ということで今回は、

・アルフォート各種類の1個あたりのカロリーは、どれくらいなの?
・アルフォートをダイエット中に食べるのはまずいのか?

ということについてご紹介していきたいと思います。

アルフォート1個あたりのカロリーを種類別に算出

すばり、アルフォート1個あたりのカロリーはどれくらいあるのでしょうか?

アルフォートにはいつくか種類がありますので、それぞれのカロリーをご紹介していきましょう。

アルフォートって、どんなお菓子?

まずはアルフォートについての簡単なご紹介から!

アルフォートは、全粒粉のビスケットに帆船の柄が刻み込まれているチョコレートが組合わさったお菓子です。

「アルフォート」として商品化されたのが2003年、それ以来チョコレート菓子として根強い人気を誇っています。

アルフォートの種類

アルフォートには、まず大きく分けて2種類あります。

大袋に入っているタイプの「アルフォート」。

小箱に入っているタイプの「アルフォートミニチョコレート」です。

「アルフォート」は1個あたりの重さが10.1g、「アルフォートミニチョコレート」は1個あたりの重さが4.9gと、大きさは倍くらい違うのが分かると思います。

そしてアルフォートはチョコレートの味にいくつか種類があります。

期間限定の味も度々販売されるのですが、今回は定番の味をご紹介しましょう。

まず最もポピュラーなのがミルクチョコレート、そしてバニラホワイトチョコレート、塩バニラチョコレート、ブラックチョコレートとあります。

そして、アルフォートミニチョコレートには更にプレミアムシリーズというのがあります。

これには濃茶と濃苺の2種類があります。

アルフォートのカロリーを種類毎にご紹介!

では、アルフォートのカロリーをそれぞれ種類毎にご紹介していきましょう。

まずは大きいサイズのアルフォート、こちらは1個あたりのカロリーが53kcalとなっています。

お次は小さいサイズのアルフォートミニチョコレート、ポピュラーな味であるミルクチョコレートのカロリーは一箱316kcalとの表記があります。

アルフォートミニチョコレートは一箱12個入り。

つまり1個あたりのカロリーは26kcalということになります。

では、アルフォートミニチョコレートの他の味のカロリーはどうなっているでしょうか。

先にご紹介した各フレーバーの1個あたりのカロリーは以下の通りです。

・バニラホワイトチョコレート…24kcal
・塩バニラチョコレート…24kcal
・ブラックチョコレート…24kcal

ミルクチョコレートとそれほど変わらないカロリーであることが分かりました。

では、プレミアムシリーズの2種類のカロリーはどうなっているのでしょう。

・濃茶…26kcal
・濃苺…26kcal

カロリーもプレミアム級なのかと思いきや、他のミニチョコレートと変わらないカロリー数であることが判明しました!

スポンサーリンク

アルフォートは太るのか?ダイエット中はヤバい?

アルフォートそれぞれの種類のカロリーが分かったところで、次に気になるのはアルフォートは食べると太りやすいお菓子なのかどうかということです。

アルフォートのカロリー自体はそれほど高くはありませんが、ダイエットをしている方にははっきり言ってむいていません。

何故かというと、アルフォートは腹持ちが悪いからです。

腹持ちが悪いということは、1個食べただけでは満足できないということ。

そのため、ついつい次から次へと口に運んでいってしまうというリスクがあるのです。

1個だけで我慢できる自信があると言うのであれば、1個あたりのカロリーはさほど高くないので食べても問題はないと思いますが、果たしてその誘惑に勝てるかどうかというところが問題だと思います。

【まとめ】アルフォートは意外と低カロリーなお菓子だった!

チョコレート菓子なのでカロリーはとても高いのかと思っていましたが、実は1個あたりのカロリーはそれほど高くなかったのですね。

・アルフォート1個あたりのカロリーは53kcal、アルフォートミニチョコレート1個あたりのカロリーは24~26kcalだった
・アルフォートは腹持ちが悪いので、ダイエット中には向いていないお菓子だった

1個あたりが意外と低カロリーだからと言って、食べすぎてしまうのには注意が必要ですね!