年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

タリーズやスタバにタンブラー持ち込みはOK【数十円おトクになります】

「タリーズやスタバに売っているものではなく、自宅にある普通のタンブラーをお店に持ち込んでもドリンクを淹れてくれるのかな?」

今回はそんな疑問にお答えしていきましょう。

【もくじ】
・タリーズもスタバもタンブラー持ち込みで数十円値引き
・専用のタンブラーは高すぎておすすめできない
・機能性抜群なタンブラーのおすすめ

タリーズやスタバの店頭に並んでいる数々のタンブラー。

季節によってタンブラーのデザインも異なるので、コレクションしたい衝動に駆られることもしばしば。

マイタンブラーを持ち込むことでエコにもなりますし、更に言えばタリーズでもスタバでも数十円の値引きをしてもらうことができるのです。

なので、頻繁にタリーズやスタバでドリンクを飲むのであればタンブラーを持ち込んだ方が圧倒的におトクなんですよ!

しかし、タリーズやスタバの専用タンブラーにこだわる必要もありません。

実は自宅にあるタンブラーを持ち込んだ場合でもちゃんと値引きをしてもらえるんです。

あなたは専用のタンブラーを買いますか?

それとも自宅にあるタンブラーを選びますか?

ということで今回は、コーヒーが大好きで毎日2~3杯は飲んでいる私が、タリーズやスタバでのタンブラー持ち込みのおトク情報をご紹介していきたいと思います。

タリーズやスタバにタンブラー持ち込みはOK【数十円おトクになります】

タリーズはタンブラー持ち込みで30円値引き

タリーズの場合、タンブラーを持ち込んでそこにドリンクを淹れてもらえば30円の値引きをしてもらうことができます。

30円の値引きというのはどの商品を頼んでも、どのサイズを頼んでも同じです。

では、割引率で言えばどのくらいになるのでしょうか。

日替わりで様々なコーヒーを楽しむことができると、コーヒー好きの間で人気な「本日のコーヒー」の場合でみていきましょう。

・ショートサイズ…305円(税抜き)
・トールサイズ…355円(税抜き)
・グランデサイズ…405円(税抜き)

各サイズの価格は以上のようになっています。

ここから30円の値引きをすると、

・ショートサイズ→約10%オフ
・トールサイズ→約8%オフ
・グランデサイズ→約7%オフ

小さいサイズを選んだ方がより割引率が高くなるということが分かりますね。

スタバはタンブラー持ち込みで20円値引き

一方スタバでは、タンブラーを持ち込んでそこにドリンクを淹れてもらえば20円の値引きをしてもらうことができます。

こちらも同じように、タリーズでいう「本日のコーヒー」のように日替わりのコーヒーを楽しめる「ドリップコーヒー」を例に挙げてみていきましょう。

・ショートサイズ…290円(税抜き)
・トールサイズ…330円(税抜き)
・グランデサイズ…370円(税抜き)
・ベンティサイズ…410円(税抜き)

スタバはタリーズよりもサイズ展開がひとつ多いですね。

そして気になる割引率ですが、

・ショートサイズ→約7%オフ
・トールサイズ→約6%オフ
・グランデサイズ→約5%オフ
・ベンティサイズ→約5%オフ

ドリンク自体の価格はスタバの方が安いですが、割引率でいえばタリーズの方がおトクであることが分かりますね。

タリーズはプリペイドカードを使うともっとおトクに!

タンブラーを持ち込んだ場合タリーズの方がおトクにドリンクを飲めるということが分かりましたが、なんとそれだけではなくプリペイドカードで買い物をすれば更におトクにドリンクを購入することができるんですよ!

タリーズには、タリーズのみで使うことができるプリペイドカード「タリーズカード」があります。

発行手数料は無料で、1,000円単位で残高上限が20,000円までをタリーズ店舗にてチャージすることができます。

このタリーズカードを利用してドリンクを購入すると、ドリンク代金から10円の値引きをしてくれるのです。

つまり、タンブラーの持ち込みをしてこのタリーズカードで会計をすれば、計40円の値引きをしてくれるというわけなんです。

スタバにも同じようにチャージ式のプリペイドカードがありますが、このような値引きサービスはありません。

ですから、この方法でドリンクを購入すればスタバよりも倍の値引きをしてもらえます。

スポンサーリンク

専用のタンブラーは高すぎておすすめできない

タリーズやスタバの専用のタンブラーは高すぎる

タリーズやスタバでは専用のタンブラーが売られていますが、これらは値段がかなり高いので個人的にはあまりおすすめできません。

店舗の目立つところに陳列されているので、みなさん見たことがあるのではないかと思います。

期間限定のものであったり、ご当地限定のものだったり、ついつい何本も買いたくなってしまうような可愛らしいデザインになっているんですよね。

かくいう私も、スタバのクリスマス限定デザインのタンブラーと春限定の桜柄のタンブラーの2本持っています。

しかし、タリーズブランド、スタバブランドということもあり正直なところ価格は非常に高いです。

タリーズだとトールサイズの350mlが入るサイズのタンブラーで安いものでも1,240円(税抜き)、高いものだと3,150円(税抜き)します。

一方スタバだと同じくトールサイズの350mlが入るサイズのタンブラーで安いものでも1,500円(税抜き)、高いものだと4,000円(税抜き)します。

スタバの場合期間限定や店舗限定のデザインになっているタンブラーの種類が非常に豊富で、そういったものになるともっと高価なものもあります。

もちろんそれくらいの値段がしてもおかしくないくらいの価値があると言えますが、ドリンクを淹れるだけのものとして考えるならやはりちょっと高すぎますよね。

自宅にあるタンブラーを持ち込んだ方がおトク

タリーズやスタバで売られているタンブラーは少し高価であることが分かりましたが、やはりみなさんの自宅にあるような普通のタンブラーを店に持ち込んでドリンクを淹れてもらった方が断然おトクなんです。

タリーズやスタバにタンブラーを持ち込む場合、専用のタンブラーでないとドリンクを淹れてもらうことができないとおもわれている方もたくさんいらっしゃると思うのですが、実はどんなタンブラーでも対応してもらうことができるのです。

もちろん、ちゃんと先述したような値引きもしてもらえます!

そう考えたら以前から使っている自宅にあるタンブラーや、お手頃価格のタンブラーを買って持ち込んだ方が結果的におトクになるということは分かりますよね。

スポンサーリンク

機能性抜群なタンブラーのおすすめ

タリーズやスタバで売られている専用のタンブラーでなくてもいいということが分かったところで、私的におすすめなタンブラーをご紹介しましょう。

ポイントは、どのサイズのタンブラーにするかということです。

たっぷり飲みたい方は500mlの大容量タンブラーの方がいいとは思うのですが、タリーズやスタバで圧倒的にポピュラーとされているサイズはトールサイズです。

トールサイズの容量はタリーズもスタバも350ml。

350mlサイズのタンブラーであれば鞄に入れて持ち歩くにしてもそんなに場所を取らないですしね。

そしてもうひとつ抑えておきたいのが、保温保冷の機能があるものかどうかということです。

タリーズやスタバでドリンクを頼むとき、アイスかホットの二択になります。

せっかくならアイスなら冷たさ、ホットなら温かさを保持しておきたいものです。

となれば、タンブラーは是非とも保温保冷の機能があるものを選ぶべきですよ。

これらをふまえた上でおすすめしたいのが、こちら!

■サーモス 真空断熱 ケータイマグ 350ml

サーモスのタンブラーは保温保冷の機能にとても優れているのにも拘わらず、非常に軽いです。

また、キャップはワンタッチで開くという手軽さです。

それでいてフタを開くときに押すボタンにはしっかりとロックを掛けることができるので、鞄のなかで誤ってボタンが押されてしまってフタが開いてしまう、なんていうアクシデントが起こってしまうという心配もまずありません。

私は元々500mlサイズのサーモスのタンブラーを愛用していたのですが、あまりにも使い勝手がいいので350mlサイズのものも追加で買い足したほどです!

「これが本当に500mlの保温保冷の機能がついているタンブラーなの!?」と驚くくらいの軽さですから、サーモスのタンブラーなら500mlサイズのものを購入してもいいかもしれませんね。

【まとめ】タリーズやスタバにはタンブラー持参は必須!

タリーズやスタバに自分のタンブラーを持ち込むだけで20~30円の値引きがあります。

タリーズの場合はそれに更にタリーズカードを併用すればもう10円値引きをしてもらうことができますし、高値であるタリーズやスタバのタンブラーを買わなくても自宅にあるタンブラーでもドリンクを淹れてもらうことができます。

色々なものを活用しながら、よりおトクにタリーズやスタバのドリンクを楽しんでくださいね!