年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

アソビル横浜の入場料金は?混雑状況と駐車場アクセスまとめ!

横浜駅から直通「遊べる駅近ビル」として、2019年3月15日にオープンした「アソビル横浜」

遠くに行かなくても「わくわくドキドキする体験」ができる施設として注目を浴びています。

そこでこの記事では、「アソビル横浜」に心ひかれているアナタのために、「入場料金は?」「混んでるんじゃない?」「駐車場やアクセスは?」といった不安にお答えしています。

ぜひ参考に!「わくわくドキドキ」する新しい体験をしに行きましょう。

「アソビル横浜」とは?ビルまるごと遊び場!

<出典:https://asobuild.com>

  • 所在地:神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル
  • 横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分
  • 横浜中央郵便局別館(みなみ通路直通予定)をリノベーションした複合型体験エンターテインメント施設

1F:横浜の人気飲食店が集まる体験型グルメフロア
2F:エンタメ体験のセレクトショップ
3F:毎日20ジャンル以上のハンドメイド体験
4F:親と子が一緒に「遊びながら学ぶ」キッズスペース (5月OPEN予定)
RF:フットサル、バスケットなどが出来るスポーツコミュニティ
B1:アミューズメントバーラウンジ

駅近で子供から大人まで遊べるビル「アソビル横浜」には、「楽しい♪」が一杯詰まっています。

それでは詳細を見ていきましょう。

アソビル横浜の入場料金は?

「アソビル横浜」への入場料金は無料ですが、各フロアごとに料金がかかります

例えば、今話題の「うんこミュージアムYOKOHAMA」は…

【前売り】
大人(中学生以上) 1600円
小人(小学生)  900円
小学生未満  無料

【当日】
大人(中学生以上) 1700円
小人(小学生) 900円
小学生未満 無料

になっています。

気になる体験が見つかったら、事前に「アソビル横浜」公式サイトからチエックしてみて下さい。

アソビル横浜公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

平日や土日祝日の混雑状況

オープンから間がなく春休みに突入したこともあり、連日混雑しているようです。(3月28日現在)

特にエンタメ体験ができる2Fフロアは、体験ごとにチケットが必要になるので、公式サイトで予約しておく方が確実です▼

チケットの予約はコチラから

内容は期間限定で随時更新されますが、現在は「うんこミュージアムYOKOHAMA」が大人気になっています。

https://twitter.com/_kodomoto_/status/1109086841209131009

まだビル全体がオープンしていないので、確実な混雑状況は把握できませんでしたが、「新しい体験ができる」今までにない複合施設なので、暫くは混雑を覚悟しておいた方が良いでしょう。

春休みが過ぎれば、平日が狙い目かと思いますが、人気のエンタメ体験は予約しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

車で行く場合の駐車場と料金

「アソビル横浜」には駐車場がありませんので、近隣の駐車場をご案内します。

■リパーク横浜中央郵便局駐車場

所在地:神奈川県横浜市西区高島2丁目14ー2横浜中央郵便局

営業時間:24時間

収容台数:3台

料金:全日8:00-23:00 15分/400円 23:00-8:00 30分/400円

HP:三井のリパーク公式サイト

■横浜駅東口地下駐車場

所在地:神奈川県横浜市西区高島二丁目18-1

営業時間:6:00~24:00

収容台数:500台

料金:全日6:00~24:00 30分/310円 00:00~6:00 60分/310円 

提携店舗:横浜ポルタ (3000円以上のお買上で60分無料サービス) そごう (2000円以上のお買上で90分無料サービス)  マルイシティ横浜 (2000円以上お買上で90分無料サービス) ヨコハマスカイ (3000円以上お買上で60分無料サービス) ルミネ (2000円以上お買上で60分無料サービス)

その他の周辺駐車場はGoogleマップでチェックしてみてください▼

Googleマップの周辺駐車場を検索

電車で行く場合のアクセス方法(行き方)


<出典:アソビル横浜公式サイト>

「アソビル横浜」への行き方は、横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分になっています。

各電車改札からのアクセスは以下の通りです。

■JR線利用の場合

4つあるJRの改札口のうち「JR南改札」を出て、案内板に従って「東口方面」へ向かいます。「みなみ東口」の案内板が出てきたら、突き当りの右奥の階段を上がり道なりに進みます。

■京急線利用の場合

3つある京急の改札口のうち「京急南改札」を出て、突き当りまで進むと「みなみ東口」の案内板が出てきます。左奥の階段を上がり道なりに進みます。

■東横みなとみらい線利用の場合

地下にあるホームから上がり正面改札から中央通路に出ます。案内板に従い「東口方面」に向かいます。東口から階段で地上に出ると、右に見える横浜中央郵便局の横が「みなみ東口」です。

■地下鉄ブルーライン利用の場合

2つあるブルーライン改札のうち「JR・相鉄連絡口」を出て、「出口3・・5」へ向う階段を上ります。案内板に従って真っすぐ進み、突き当りの階段を上がり進みます。

■相鉄線利用の場合

2つある相鉄線の改札のうち「1F改札」から出ます。右側のエスカレーターを降りて、南通路を「東口方面」に向かって突き当たるまで進み右奥の階段を上がります。

各電車の改札から「みなみ東口」までの所要時間は、「1分~4分」程度になっています。

アソビル横浜の営業時間

全館営業時間: 10:00-22:00(フロアによって異なります)

 

RF営業時間: 7:00-23:00
4F営業時間: (5月オープン予定)
3F営業時間: 10:00-22:00
2F営業時間: 10:00-22:00
1F営業時間: 7:00-翌5:00
B1F営業時間: 18:00~00:00(金、土、祝前日は4:00まで)

1Fのグルメフロアが朝まで営業しているので、エンタメ体験は置いておいてもグルメ好きには嬉しいですね。

スポンサーリンク

「アソビル横浜」は「遊べる駅近ビル」子供も大人も楽しい♪が一杯!

オープンしたての「アソビル横浜」をご紹介しましたが、「楽しそうな遊び場」が1つ増えたって感じですね。

「アソビル横浜」の料金体系は…

入場料金は無料で、各フロアごとに料金がかかります。
2Fのエンタメ体験は公式サイトから予約ができるので、当日券より前売り券の方が少しお安くなっています。

「アソビル横浜」の混雑状況は…

オープン間なしで春休み中のため、連日混雑しているようです。
春休みが終わると平日は落ち着いてくると思われますが、人気のエンタメ体験は公式サイトから予約しておくことをオススメします。
一番人気は、「うんこミュージアムYOKOHAMA」で「7月15日(月)」まで開催されています。

「アソビル横浜」に駐車場はなく、横浜駅から直結しているので電車を利用して遊びに行くのが気軽でオススメです。

もちろんご案内したように近隣に駐車場は沢山ありますが、電車を降りて10分くらいで「アソビル横浜」に到着するので、電車を使わない手はないでしょう(笑)

インスタ映えポイントも沢山あるので、ぜひぜひ足を運んでみましょうよ♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました。