iPhoneXの防水機能はどこまで耐える?お風呂に落としても壊れない?

iPhone防水

人気のiPhoneシリーズもついにX まで来ましたね!

新しい機種が出るたびに進化し続けるiPhone。

防水機能にも力を入れているようです。

スマホを水没させてしまったという話はよく聞きます。

故障と違い、水没の場合は保証外になるので諦めてきた人は多いと思います。

では、iPhoneXの防水機能はどれほどの機能なのでしょうか?

今回はiPhoneXの防水機能についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

iPhoneXの防水機能はどこまで耐える?

Apple公式サイトによると、「IEC規格60529にもとづくIP67等級」と記載されています。

IP67等級は「一定の圧力の中で30分間水没しても水が浸入しない」と国際規格で評価されています。

これは、一時的な水没に対して保護されることを意味します。

ですが、完全防水ではありません。

そのためApple公式サイトでは、「防水」ではなく「耐水」と記載されています。

防水実験の動画も出ています▼

動画を見る限りでは、短時間の浸水であれば全く問題なさそうですね。

スポンサーリンク

iPhoneXはお風呂に落としても水没しない?

先にご紹介したように、iPhoneXの防水機能は一時的な水没なら大丈夫だとわかりました。

では、お風呂の中に落としてしまっても大丈夫なのでしょうか?

お風呂でスマホを使用する人は多く、私も半身浴をしながら電話をしたり動画をみたりして時間を潰しています。

でも、もしそのときに手が滑ってお風呂に落としてしまったら?

考えるだけでゾッとします。

iPhoneXの防水機能は、一時的な水没なら大丈夫だと国際規格で評価されています。

しかし、評価するために行った実験は「真水」です。

お風呂などのお湯では実験されていません。

精密機器は熱に弱く、それはiPhoneXでも同じことが言えます。

そのため、防水機能を過信しないで防水ケースなどに入れて使用することをオススメします。

スポンサーリンク

iPhoneXは水中で使っても大丈夫?

スマホの機種の中には、完全防水を売りにしているものがあります。

これからの季節、プールや海で遊んでそのシーンを写真や動画に撮れたら素敵ですよね。

では、iPhoneXの防水機能はどうなのでしょうか?

「一定の圧力の中で30分間水没しても水が浸入しない」ということがわかりましたが、海やプールでは条件が異なってきます。

また、一時的な水没の場合であって、水中での使用は「完全防水」ではないので止めておいた方が良さそうです。

でも、もし水中で使用したいという方は、「完全防水」の評価をされている防水ケースがあるので、そちらを使用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

iPhoneXの防水機能は、完全防水ではなく一時的な水没に対しての「耐水機能」だとわかりました。

この耐水機能は真水での実験なので、お風呂や海、プールでの耐水効果があるかはわかりません。

また、精密機器は通常使用であっても劣化してきます。

購入当初は耐水でも、使用しているうちに耐水では無くなってしまう場合もあります。

防水、耐水機能を過信せず、お風呂や海、プールでは防水ケースを使用することをオススメします。

そして、もし水没してしまっても大丈夫なように、必ずバックアップを取っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です