年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

アイスが溶けない持ち運び方法!長時間保冷するアイテムも紹介

暑い日は冷たいものを食べたくなりますよね。

うちの子供たちも夏になると冷凍庫にアイスが入っていないと文句の嵐です。
しかし、アイスは買ったものの、心配なのは「アイスが溶ける」ということ。

夏場は特にあっという間に溶けてしまいます。
暑いからアイスは買いたいけど、帰るまでに溶けてしまうことを思うと躊躇してしまいがちにもなります。
お子さんがいるご家庭ですと「溶けるから!」と断っても、「え~」と言われてしまいます。

では暑い夏でも買ったアイスが溶けない持ち運び持ち運び方法について、私が実際にやっている方法をお教えしたいと思います。

買ったアイスの溶けない持ち運び方法

============
画像 アイス
============

アイスが溶けること自体が困りものですが、パルムなどの棒についたアイスが溶けてしまうというのが一番悲惨です。

箱入りのアイスであれば型崩れの心配はありませんが、袋に入っただけのものですと潰れてしまい、冷凍庫で再冷凍しても変な型のまま凍ってしまいます。

溶けないように持ち運ぶには他の買った商品に潰されないように、かつ溶けないように冷たいもの同士でレジ袋やマイバックにいれることです。

レジ袋であれば自分で袋詰めできるので、冷凍食品とアイスを縦に入れてアイスが潰れないようにします。
冷凍食品に挟み込むように入れるだけでも溶ける時間を遅らせることができます。

マイバックやカゴを持参すると店員さんが詰めてくれます。
とてもありがたいサービスではありますが、気の利く店員さんですと考えていれてくれるのですが、忙しい時間帯や気の利かない店員さんですと適当に詰められてしまいアイスが溶けて変形する原因にもなります。
マイバックやカゴを持参する場合は冷凍食品と分けて入れてもらえるように別バックを持参するのがオススメです。

スポンサーリンク

アイスを長時間保冷するおすすめアイテム

マイバックやカゴで工夫して入れても夏場や買い物後にちょっこっと立ち寄りたい場所等があると溶けてしまいます。

そのような状況でも長時間保冷できるアイテムを紹介します。

保冷バッグ

保冷バッグは手軽に持ち歩けて、100円ショップなどで購入することができます

保冷バッグにアイスを入れる際は他の冷凍食品やジュースなどの冷たい系の商品も入れて保冷機能をある程度キープさせることがオススメです。

私はアイスと一緒に冷凍食品、鮮魚や精肉を入れるようにしています。また、冷たい商品は外気温が高いと雫がレジ袋などについてしまいますが、保冷バッグですと雫を防ぐことができます。

クーラーボックス

アウトドアには必須アイテムのクーラーボックス。
アウトドアだけではなく、スーパーに買い物に行く際に車に入れておくと重宝します。

夏場の車内はエンジンを切って30分くらいで気温が50℃くらいまでに達します。
しかし、そんな状況下においてもクーラーボックスの中は車内の気温に比べるとひんやりしています。

私は常にクーラーボックスを車に置いています。
赤ちゃんがいるため、ミルクセットを必ず持ち歩かなければならないため、ミルク用の水が暑くなるのを防ぐために、運動会にしか使わなかったクーラーボックスを車内に置いています。

アイスはもちろん、お刺身を買った時にもクーラーボックスは役に立ちます。
しかし、クーラーボックスは車内でも場所を取ってしまうのが難点です。
でも私は6人家族で8人乗りの車に常に入れています。

またクーラーボックスがない場合は発砲スチロールで代用できます。
発砲スチロールであれば軽いですので、徒歩や自転車、バス・電車に乗る人にもオススメです。

ドライアイス(保冷剤)

ドライアイスや保冷剤はアイスが溶けないようにするには持って来いのアイテム。
保冷剤はビニールにジェルが入った物よりも「フリーザーアイス ハードタイプ」が長持ちします。
100円ショップやホームセンターなどで売られています。
しかし保冷剤自体が溶けてくると水滴が大量に出ててきてしまうのが欠点です。

ドライアイスはスーパーなどで「ドライアイス下さい!」といえば無料でくれるスーパーがあります。
私の地域のスーパーはアイスや冷凍食品を買うと必ず「ドライアイスつけますか?」と店員さんの方から聞いてきてくれますので、最寄りのスーパーでも聞いてみるといいかもしれませんね。

保冷剤のように水滴が大量にでる心配はないですが「ドライアイス噴射機」でパウダー状にでるドライアイスは気温が高いと気化するのが早いです。ドライアイスは固形の方が長持ちします。

長時間持ち運ぶには色んな工夫が必要になってきます。

スポンサーリンク

万が一溶けてしまったら・・・

溶けたアイスはまた凍らせれば大丈夫と思っている人は多いと思います。
確かに、凍らせればまたアイスとして食べることはできます。

しかし、アイスを製造販売しているグリコでは溶けたアイスを食べないようHPに掲載されています。
というもの、アイスは原材料を絶妙なバランスで混ぜ合わせているからだそうです。
一度溶けてしまったアイスは、バランスが崩れてしまい食感が変わってしまうからだそうです。

確かに、ちょっと溶けかけたアイスをそのまま冷凍庫に入れると、氷の結晶がついていたりシャリシャリしたりといつもとちょっと違う食感になっています。

また、アイスは密封されていますが、溶けたことによって細菌が繁殖している可能性もあるため、衛生面を考えてグリコで「一度溶けたアイスは絶対に食べないでください」と注意を呼び掛けています。
グリコHP:https://www.glico.com/jp/enjoy/contents/bokujoshibori11/

でも、正直消費者側としてはせっかく買ったから多少溶けても捨てるよりは食べて消費したいですよね。
再冷凍するとカチカチで食感が損なわれるので、アレンジして食べることをオススメします。

再冷凍してから牛乳と混ぜてミキサーにかけて「シェイク」にしたり、ミルクの代わりに「コーヒー」や「紅茶」に入れるなどアイスのアレンジがありますよ。

溶けないことが一番ですが、溶けてしまった時はアレンジして食べてみてもいいかもしれませんね。

Cpicon おうちで簡単!バニラシェイク♪ by ちーすけ♡

スポンサーリンク

アイスは繊細な食べ物

アイスは溶けても復活する食べ物と思っていましたが、原材料を絶妙なバランスで混ぜ合わせて作られているため、溶けてしまうとバランスが崩れ美味しさも食感も失ってしまうとても繊細な食べ物です。

家にあるアイテムや代替となるアイテムを使ってアイスを溶かすことなく持ち帰ることが重要です。
アイスを買うと決めたときはしっかり準備をしてから買うようにしましょう。

また、アイスを買ったときはなるべく早く帰宅して、帰宅後すぐに冷凍庫に入れるようにしましょう。