飛行機用の足置きを100均グッズで代用!おすすめの快適グッズも紹介!

海外旅行は楽しさがたくさんですが、長時間の飛行機がつらい…と懸念される方も多いかと思います。

確かにずっと同じ姿勢で座っていなくてはいけないので、動かないとはいえ疲労がたまりますよね。

特に私自身つらいのが、足のむくみやだるさ。

ずっと足を下に降ろしている状態が続くので、つい自分の荷物に足を乗せて簡易足置きにしてしまうくらいです。

そこで今回は、快適に機内で過ごすために100均で用意できる足置きを調査!

また、併せて揃えておきたい快適グッズもいくつかご紹介します。

これさえ用意しておけば、空の旅がグッと快適なものになりますよ☆

ぜひ次回の旅行の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 

100均で調達できる!飛行機用の足置きグッズ

「足置き」や「フットレスト」と検索すると、様々な商品が市販で売られていますが、物によっては航空会社の規定により使用できないものも。

せっかく高いお金をかけて専用の物を買っても、万が一使えなかったとしたら非常に残念ですよね。

でも、100均で揃うアイテムなら手軽にゲットできて後悔もなし!

どんなアイテムが足置きグッズになるのでしょうか?

①枕

本当に色々なものが売られている100均ですので、多くの店では枕の取り扱いがあります。

枕1つでは足置きとして低すぎてしまいますが、足を乗せるだけなので大きさは不要。

2つ折りにして高さを出すことで、解決できます。

また店舗によっては、いぐさ枕など少し高めの枕なども売られていることがありますので、ぜひ探してみてください。

機内で配られる枕もありますが、それを床に置いたり土足を乗せるのは気が引けてしまいますよね。

でも、自分で持参したものであれば好きに使うことができ快適ですよ!

100円の枕なら、一度の使い切りでも惜しみなくお別れもできるでしょう。

使う回したい方は、汚れてもよい袋を持参してそれに入れて使えば解決です!

②ビーチボール

「かさばるものを持参するのはちょっと…」という方には、ビーチボールがおすすめ。

機内に乗り込んでから、空気を自分で入れて膨らませるので荷物にならないのが最大のメリット。

旅行先で海やプールを楽しみたいと思っている方は、そのまま現地でも使えますね。

ただしビーチボールは球体なので、安定感がないので要注意。

足を離すと転がってしまうので、使用中は常に足を乗せておくようにしましょう。

長時間のフライトの場合は、バランスボール感覚で足先の運動もかねて使うのも良いですね。

③折り畳み式踏み台

安定感とかさばらなさの両方を兼ね備えたいという方は、折り畳み式の踏み台がおすすめ!

機内用の鞄に折りたたんで閉まっておけば、離陸後に用意がすぐにできます。

ちょっと周りの視線が気になる…という方は、布を一枚かけてしまえば問題なし!

足の置き心地は抜群ですし、はたから見れば荷物に足を乗せているようにしか見えませんね。

様々なサイズや重さのものが出ていますので、色々探してみてくださいね。

ただし、すべてのアイテムに関して言えることですが、安全の理由から航空会社によっては使用ができない場合もあります。

可能であれば、あらかじめ利用先の航空会社に問い合わせておくと安心です!

スポンサーリンク

手作りの足置きはやめた方がいい!その理由は?

冒頭で少し触れましたが、「機内用 足置き」などで検索をすると、様々な市販商品が出てきます。

中でも、座席前にある机部分にヒモをかけて、ブランコのような状態で使うタイプのものが主流のようです。

確かに、足を宙に浮かすことができるので快適そうなグッズではあります。

市販商品の値段は様々ですが、最近は「同じタイプのものを手作りできる!」といった紹介サイトなども存在しています。

「安くて手作りできるなら一番!」とつい手を出しがちですが、ここで注意が必要です。

実はこの、座席前の机にかけて使うタイプの足置きは、航空会社によって使用が禁止されていることが多々。

もちろん、市販であっても手作りであっても扱いは同様です。

わざわざ工夫して手作りをしても、結局のところ使えなくては意味がありませんよね。

機内での安全確保のため、航空会社の規定に則ったグッズを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

空の旅を快適に!おすすめの100均グッズ5選

さて、足置き意外にもまだまだ空の旅を快適にする100均グッズはたくさんあります。

今回は「足」に関するおすすめのアイテムを、3つご紹介します!

機内用スリッパ/サンダル

長時間の飛行機移動でこわいのが、エコノミークラス症候群。

特に靴を履きっぱなしの状態では、指先が固定されて窮屈さを感じてしまいやすいですよね。

とはいえ、トイレに行ったりするたびに靴を履きなおすのは面倒…。

そんなときは、指先が自由に動かせるような幅広のスリッパやサンダルの持参がおすすめです。

100円で色々なデザインのものが出ていますので、ぜひ快適そうなものを選んでくださいね。

着陸後は使い捨てにしてもOKですし、海外などは部屋に備え付けスリッパがないことも多いので現地でも活躍することが多いですよ!

もこもこ厚手靴下

飛行機に乗って、寒い経験をしたことがある人は少なくないかと思います。

これは、機内の空調設定があらかじめ低めに設定してあるため。

日本人に比べると体温が高い欧米人が多く乗る国際線は特に、20度~24度ほどの設定となっていることが多いようです。

そんなとき、特に女性におすすめしたいのが「もこもこ厚手靴下」!

国際線などを利用する場合は、季節を問わず機内用の鞄に忍ばせておくと便利です。

足の冷えは体内の血流が悪くなってしまい、体調不良のもとに繋がります。

普段履いている靴では窮屈になると思いますので、サンダルやスリッパとあわせて着用しましょう。

フットスパシート

飛行機に乗ったら足がだるくなる、むくむ、のは仕方がない…と諦めていませんか?

最近の100均には、フットスパシート(足裏樹液シート)なるものまで用意があるんです!

老廃物のたまりやすい足の裏に張ることで、疲れを癒す効果が期待できます。

香りや成分の違い、メンソール感の強さなど、色々なタイプのものが出ていますのでチェックしてみてくださいね。

飛行機の旅を快適にする足置きまとめ

今回は、100均で用意できる飛行機用の足置きと、おすすめ快適グッズをご紹介しました。

ポイントは3点。

  1. 足置きとして代用できるものとして、枕、ビーチボール、折り畳み踏み台などが便利
  2. 安全上の都合から利用できない場合もあるので、事前確認をしておくと安心
  3. 機内用スリッパ、厚手靴下、フットスパシートがあれば、機内はさらに快適に!

以上です。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください