年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

三ツ矢サイダーのカフェイン含有量はゼロ!妊娠中1日に飲んでいい量は?

妊娠中は喉が渇きやすく、炭酸飲料を飲んで爽快になりたい時があります。
私も何度と炭酸飲料を飲んでスッキリしたことか・・・

しかし、炭酸飲料にもカフェインを含むものがあります。
エナジードリンクやコーラは有名です。

では三ツ矢サイダーはどうでしょうか?

実は三ツ矢サイダーにはカフェインは入っていません。

妊娠中の奥さんには嬉しいですよね!

とはいえ飲み過ぎは禁物です。

今回は三ツ矢サイダーを妊娠中に飲む場合の注意点についてお伝えします。

三ツ矢サイダーのカフェイン含有量はゼロ!

三ツ矢サイダーにはカフェインは含まれていません。
三ツ矢サイダーを製造販売しているアサヒ飲料のHPでも確認することができます。

参考:アサヒ飲料 お客様相談室Q&A

つまり、妊婦さんでもカフェインを気にせず飲むことができます♪

妊娠中1日に飲んでもよい量はどのくらい?

妊娠中のカフェイン摂取量は200~300mg(マグカップでコーヒー2杯分程度)が望ましいとされています。
でも三ツ矢サイダーにはカフェインが含まれいませんので、カフェインを気にする必要はありません。

しかし、三ツ矢サイダーは「炭酸飲料」です。
しかも「炭酸水」とは違い「糖分」が多く含まれています

糖分の過剰摂取によって、体重増加や妊娠中は糖尿病にもなりやすいですので、カフェインに関しては心配はいりませんが、糖分は食事などからも摂取しているので十分注意する必要があります。

目安としては1日500ml(ペットボトル1本)までにしておきましょう。

私は1日500mlペットボトル1本と決めていましたので、1日1本や1日にコップ1杯など、自分でルールをつけると「今日はもう決めた分飲んじゃった」と思うと我慢できましたよ。

スポンサーリンク

妊娠中におすすめの炭酸飲料はコレ!

元々炭酸飲料大好きな私は、妊娠中炭酸飲料を毎日のように飲んでいました。
では私が飲んだ中でオススメの炭酸飲料をご紹介します。

妊娠初期はリアルゴールド

4人子供がいますが、共通して飲んだ炭酸飲料は「リアルゴールド」です。

エナジードリンクですが、意外にも「ノンカフェイン」。
冷え性改善や血糖値の抑制、免疫機能向上と妊婦さんに嬉しい成分が入っています。

4人中3人がつわりがひどく、3人目の時には「妊娠悪阻」で入院宣告されました。
もちろんそんな状態の時に炭酸飲料を飲んだら、吐き戻すたびに炭酸が鼻に入ってしんどいですのでオススメしません。

なんかちょっとムカムカするな~くらいのつわりの時期がオススメなのです。
つわりを軽減させるビタミンB6も入っていますので、ムカムカが軽減されました。

つわりの軽減は個人差もあると思います。
また160ml缶は量としても飲み切れる量なので毎日飲んでいました。

my炭酸飲料をつくる

4人目の時はとにかく「酸味のある炭酸が飲みたい!」という状態になり、柑橘系の炭酸飲料を飲んでいましたがやっぱり物足りない。

そんな私が行きついたのが「お酢」です。
ポッカサッポロの「レモン酢」を炭酸で割って飲んでいました。
レモン果汁を発酵させているので強い酸味を強炭酸水でわることで「じゅわ~」が全身に染み渡る感じに病みつきになりました。

疲労回復に効果のあるクエン酸が入っています。
上3人が男の子、仕事をしてからの家事と育児、プラス4人目お腹にいる・・・
レモン酢の炭酸割りをググっと1杯飲んでパワーアップしてからすべてをこなしてました。

また、レモン酢には疲労回復の他に美肌効果や血圧を下げる効果、カルシウムの吸収を促進する効果もありますので、妊娠中はもちろん産後も飲み続けることができます。

妊娠中のむくみに要注意

妊婦検診の際にも必ずチェックされるのが、「むくみ」です。
妊娠後期なればなるほどお腹が大きくなり血管が圧迫されてむくみやすくなります。
また、むくみは妊娠高血圧症候群の原因にもなりますので、注意が必要です。

炭酸飲料水には糖分が多く含まれています。
糖分が蓄積されてしまうと一緒に水分にも蓄積されてしまいます。

むくみやすい状態にむくみの原因になるものを飲むことになります。

他の妊婦さんはどうかわかりませんが、3人目妊娠時むくみがひどかった原因が炭酸飲料水です。
むくみがあるとないとでは、体重も結構変わります。

妊娠中は喉も乾きますし、夏場はビールも飲めず夫が美味しそうに喉を鳴らしてビールを飲む姿を見るのすら苦痛ですよね。
だから炭酸飲料を飲んで「クーッ」としたくなるのですが、炭酸飲料を飲んだあとは意識をしてお茶を飲むように心がけてむくみ防止をしてました。

元気な赤ちゃんを産むためには体調と相談しながら飲むことをお勧めします。