年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

生茶デカフェは妊娠中でも飲める?【1日あたりのカフェイン摂取量目安も】

「どの程度なら体を動かしてもいいの?」
「どんな食べ物は食べない方がいいの?」

など、妊娠中ってどうしても過敏に考えてしまいがちですよね。

それは飲み物でも同じことで、妊娠中はカフェインを摂らない方がいいということは広く知られていますし、妊婦さんやそのまわりのひとは気を付けられているのではないかと思います。

最近はカフェインの含まれていない、いわゆる「デカフェ」の飲み物が多く売られていますが、では生茶のデカフェはどうなのでしょうか。

ということで今回は、

・生茶のデカフェは妊娠中に飲めるのか?
・妊娠中に接種可能なカフェイン量
・妊娠中でも飲むことができるお茶

についてご紹介していきたいと思います。

生茶デカフェは妊娠中でも飲める?

妊娠中は口にするものを過剰に気にしてしまいがちですが、生茶のデカフェは妊娠中に飲んでも問題はないのでしょうか?

デカフェ、つまりカフェインゼロなので、妊娠中普通の生茶はあまり飲むことをおすすめしませんが、生茶デカフェであれば問題なく飲めます!

生茶デカフェは、緑茶を淹れたあとに天然由来の素材でカフェインを取り除いているとのことで、それも妊娠中に安心して飲めるポイントとなっているのではないでしょうか。

また、使用している茶葉は国産100パーセント

無香料なので、妊娠中悪阻などで臭いに過敏になっている時期の妊婦さんでも飲みやすくなっていると思います。

普通の生茶と比べると味わいはすっきりしていますが、それでも十分緑茶の風味を楽しめる味に仕上がっているようですよ。

生茶デカフェは、妊娠初期は飲みすぎに注意が必要!

生茶デカフェはカフェインが全く含まれていないため、妊娠中でも気にせず飲めます、とご紹介しましたが、ただし妊娠初期の場合はそうではありません。

というのも、生茶(緑茶)にはカテキンが含まれているのですが、これが妊娠初期にはあまり良くない働きをするのです。

妊娠初期には葉酸を充分に摂ることが必要であるということが知られていますが、カテキンはこの葉酸の働きを邪魔してしまう作用があります。

ですので、デカフェだからと言って妊娠初期に安心しきって飲みすぎると、赤ちゃんに良くない影響を及ぼしてしまう危険性があるのです。

そのため、妊娠12週頃まではデカフェであっても生茶をたくさん飲むのは控えた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

1日あたりのカフェイン摂取量目安

妊婦さんはカフェインを全く摂取してはいけない!

と認識されている方も多くいるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

というか、日常生活を送るなかで、カフェインの摂取をゼロにするなんてなかなか難しいですからね。

現在言われている、妊娠中の1日あたりの理想的なカフェインの摂取量というのが、200mgです。

ただ、これだけ言われても具体的にどのくらいのことを指しているのか分かりせんよね。

これは、コーヒーで言えばマグカップで2杯程度を指します。

では、他のカフェインを含む飲み物だだたらどうでしょう。

・紅茶→60mg
・ウーロン茶→60mg
・緑茶→40mg
・コーラ→30mg
(※
それぞれ、300mlに含まれるカフェイン量を表示しています)

カフェイン量の目安としては、それぞれ以上のようになっています。

つまり、一日にコップ45杯程度飲んでもそこまで影響は無いということになります。

ただ、妊娠中はどうしても色んなことが気になってしまいがちですから、少しでも不安要素を取り除きたいのであればやはり生茶デカフェのようなカフェインゼロの飲み物を飲むことをおすすめします!

スポンサーリンク

妊娠中でも飲める市販のお茶

ただ、妊娠中の1010日の間だけとは言え、毎日ずっと生茶デカフェばかり飲んでいてはいつか飽きがやってきますよね。

でも安心してください、生茶デカフェ以外にも市販のお茶で妊娠中でも安心して飲めるお茶が他にもあるんです!

生茶デカフェのようにカフェインゼロの市販のお茶は、

・天然ミネラル麦茶(伊藤園)
・香ばし麦茶(キリンビバレッジ)
・爽健美茶(コカ・コーラ)
・十六茶(アサヒ飲料)

など、これはほんの一部ですがペットボトル飲料のお茶だけでもこれだけの種類売られているのです。

スーパーやコンビニに行けば、ほぼ確実にどれかは手に入れられるでしょう。

【まとめ】生茶デカフェは妊娠中におすすめ!妊婦が摂取できるカフェインの量も知っておこう

生茶デカフェがカフェインゼロとは言え、また別の理由で妊娠初期には飲まない方がいいとは知りませんでしたね。

・生茶デカフェはカフェインゼロなので、妊娠中に飲んでも問題は無い
・妊娠中に摂取できる一日あたりのカフェインの量は、200mg=マグカップでコーヒー2杯程度
・飲料メーカー各社から、カフェインゼロのお茶が出されている

あまり過敏になりすぎるのも妊娠中の母体にはストレスになるので良くありません。

一日に摂取できるカフェインの量を知っておき、適量のコーヒーや紅茶を飲みながら一息つくのも大事なのかもしれません。