年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

妊娠中に炭酸はダメ?飲む場合の注意点とおすすめの炭酸飲料を紹介

妊娠中は妊娠前と比べて嗜好に変化が起きることがあります。

「なぜか炭酸が飲みたくなる」という妊婦さんもいるのではないでしょうか。

私は二児の母ですが、妊娠中にものすごく炭酸を飲みたくなったことがありました。

でも、初めての妊娠の場合、「妊娠中に炭酸を飲むことはダメではないのかな」と不安を感じることもあります。

初めての妊娠は、色々なことに不安を感じてしまうものです。

少しでもその不安を軽減できるように、先輩ママとして「妊娠中の炭酸水の是非」について調べてみました。

不安を抱えている新米妊婦さんは、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

妊娠中の炭酸はダメ?お腹の赤ちゃんへの影響

妊娠中に炭酸を飲むことに抵抗を感じている妊婦さんもいますよね。

私も実際にそのような心配をしていましたが、おなかの赤ちゃんへの直接的な影響はありませんので、安心してください。

でも、炭酸がお腹の赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、ママの体には影響を与えることがあります。

炭酸はママの体にメリットを与えたり、反対にデメリットを与えることがありますので、チェックしてみましょう。

妊娠中に炭酸を飲むメリット

妊娠初期~中期の頃は辛いつわりに悩まされることがあります。

この時、炭酸を飲むことでつわりの気持ち悪さを解消してくれる効果が期待できます。

また、炭酸を飲んでげっぷが出ることで、胃がすっきりするような感覚になることもあります。

このほかにも、体の血行を良くして疲労回復を促すなどの嬉しい効果もあります。

お通じが良くなる効果もありますので、妊娠中の炭酸には妊婦さんに嬉しいメリットがあるのです。

妊娠中に炭酸を飲むデメリット

妊娠中に炭酸を飲むことにはデメリットもあります。

炭酸で胃の中が膨らみ、膨満感や不快感を感じることがあります

また、腸への刺激が強すぎて下痢をしてしまうことや、おなかが大きくなってくる妊娠後期には、おなかの赤ちゃんに胃を圧迫されることに加え、炭酸によって胃に刺激を感じることがあります。

妊娠中の炭酸にはメリットもありますが、このようなデメリットがあることも覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

妊娠中に炭酸を飲む場合の注意点

「炭酸」というと、コーラのような甘い飲み物を想像する人もいますよね。

このような甘い炭酸は「炭酸飲料」と呼ばれるもので、糖分が含まれています。

「炭酸水」はこの炭酸飲料とは違い、水に炭酸を加えた飲み物のことを言います。

炭酸水は糖分が入っていないため、妊娠中に飲むのであれば、炭酸飲料よりも炭酸水を選んで飲むようにして下さい

つわりでムカムカするときに飲んでスッキリするからといって炭酸飲料を飲みすぎてしまうと、糖分を摂取しすぎてしまうことがあります。

また、炭酸飲料の中には、カフェインが含まれているものもあるため、糖分やカフェインのことを考えてみても、妊娠中に炭酸を飲むときは、炭酸飲料ではなく炭酸水を選んで飲むようにしましょう。

このほかにも、ゼロキロカロリーの炭酸飲料にも注意が必要です。

ゼロキロカロリーの炭酸飲料には、カロリーを減らして甘みをつけるために人工甘味料が使われています。

人工甘味料の過剰摂取は悪影響になる可能性もありますので、ゼロキロカロリーの炭酸飲料であっても飲みすぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク

妊婦におすすめの炭酸飲料を紹介!

妊婦さんにはどのような炭酸がおすすめなのか、気になる方もいますよね。

先ほどご紹介したように、炭酸飲料を飲みすぎてしまうと、糖分を摂りすぎてしまったり、カフェインを摂りすぎてしまう可能性があります。

妊婦さんが炭酸を飲むときは、炭酸水にレモン汁を少し絞って入れたり、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツを絞って果汁を入れることをおすすめします。

炭酸水をそのまま飲むと味気なく感じてしまうこともありますが、柑橘系のフルーツを絞って入れるとスッキリとした味わになります。

そうはいっても、どうしてもコーラやサイダーを飲みたくなることもありますよね。

このような炭酸飲料も、飲みすぎないようにすれば妊婦さんが飲んでも問題はありません。

炭酸飲料を飲む場合は、飲む頻度を少なくして、量も飲みすぎないようにしましょう。

まとめ

  1. 妊娠中に炭酸を飲んでも赤ちゃんに悪影響はない
  2. つわりで辛いときに炭酸を飲むとつわりの症状を軽減できることがある
  3. 妊婦の炭酸の飲みすぎで妊婦の体に不調が起きることがある
  4. 炭酸飲料と炭酸水は違い、炭酸飲料もは糖分が含まれている
  5. 炭酸飲料を飲むときは、糖分だけでなくカフェインにも注意が必要
  6. 妊娠中は炭酸水に柑橘系のフルーツを絞って入れて飲むのがおすすめ

妊娠中はつわりの症状に悩まされることがありますが、そのようなときに炭酸を飲むと、ムカムカがスッキリすることがあります。

炭酸を飲んでも赤ちゃんに悪影響を与えることはありませんが、炭酸飲料を飲みすぎることで、糖分やカフェインを摂取しすぎてしまうこともあるため、注意するようにしましょう。

炭酸は妊婦さんの味方になってくれる飲み物です。

妊娠中に上手に取り入れることで、妊娠中の不快な症状をうまく改善できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください