年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

風呂上がりのドライヤーは男にも必要?【乾かし方のコツも教えます】

男性がドライヤーをかけるイメージってありますか?

ドライヤーは女性が使うイメージが強いように感じます。
家電量販店でも女性ターゲットの商品ばかりです。

男性は頭髪も短いですし、洗いっぱなしの印象が多いです。
もちろん、私の夫もお風呂上りは自然乾燥ですし、スーパー銭湯など公衆浴場でも乾かさずに歩いています。
ですので、男性にドライヤーは不要にも感じます。

ここでは、男性に風呂上がりのドライヤーが必要なのか?
また乾かし方のコツもお教えしたいと思います。

風呂上がりのドライヤーは男にも必要?

男性の風呂上がりのドライヤーは必要です。

男性の毛髪ってゴワゴワしませんか?
その理由がお風呂上りのドライヤーをしないからです。

女性がお風呂上りにドライヤーをしているのは湯冷めの原因にならないようにはもちろんですが、最大の理由は「ヘアケア」のためです。

ですので、女性は髪の毛が長い短いに関係なくお風呂上りにドライヤーをかけているのです。
女性の髪の毛がサラサラしているのは毎晩の努力の賜物なのです!

たしかに、男性は女性のようなマメさはないので、いちいちドライヤーをかけなくてもそのうち乾く、お風呂上りで暑いのに、ドライヤーの熱で更に暑くなって汗をかきたくないなど、面倒くさい理由でしない人がほとんどです。

夏場のドライヤーは女性も嫌なんですよ・・・

スポンサーリンク

乾かし方のコツ

ドライヤーなんて暑くて嫌です。
なのでパパっとチャチャっと乾かしてしまいたいものですよね。

では乾かし方のコツをお教えします。

しっかりタオルドライをすること!

タオルで水気をしっかりとらないとドライヤーの時間がただただ長くなるだけです。
男性は短いのでチャチャっと拭いて終わってしまいがちですが、頭皮、毛先としっかりタオルドライをしましょう。

しかし、ゴシゴシ拭いては髪の毛にダメージを与えてしまうので、押し当てるように拭き取りましょう。
イメージは女性が髪の毛をタオルでポンポンと叩くように抑えているのをCMや奥様や彼女の行動で見たことがあるかと思います。

ここでしっかりタオルドライすることでドライヤーの時間はだいぶ短くなります。

乾かし過ぎないこと

乾かしすぎは毛髪の水分が減ってしまいパサついてしまいます。
せっかくヘアケアのためにドライヤーを使っているのに、オーバードライになってしまい傷みの原因をつくることになってしまいます。

①最初は温強風で根元を乾かす。
一気に乾かそうとしないでください。
とりあえず根元をまんべんなく乾かします。
ドライヤーを一定の箇所に当てるのではなく、ドライヤーを振り全体にドライヤーの熱が行きわたるようにします。ドライヤーを1か所に当ててしまうのもダメージの元になってしまいます。

 

②温弱風で中間から毛先を乾かす。
根元がある程度乾いたら中間から毛先を風量を弱くして乾かします。
一気に乾かしてしまいたいところですが、カラーリングやパーマで毛先は根元に比べて傷みがちですので、弱風で優しく乾かしていきます。
またヘアセットの際も中間から毛先を弱風で乾かしながら毛先に動きを付けるとセットしやすいですよ。

 

③最後は冷風でクールダウン
ドライヤーのCOOLは暑い時に冷風で乾かすためにあるのではありません。
①、②の状態はまだ髪の毛のキューティクルが開いている状態です。
冷風を当てることでキューティクルが閉じてツヤのある髪の毛になります。
麺を茹でて冷水につけて麺をしめるということに似ていると思います。

①~③の乾かし方で美髪男子になれます。

またボリュームが気になる人は洗い流さないトリートメントを乾かす前につけることでボリュームを抑えることができます。

正しくドライヤーをすることで翌日の寝ぐせも直しやすくなります!

スポンサーリンク

ドライヤーをしないと髪の毛はどうなるの?

ドライヤーをしないと髪の毛がどうなってしまうのでしょうか?

雑菌だらけの毛髪に

湿りは菌の大好物です。
濡れたままの髪の毛は菌の温床となってしまい、髪や頭皮が臭くなってしまいます。
また、そのまま寝てしまっては枕も濡れてしまい、ダニの繁殖にもつながってしまいます。

乾かさずに寝てると髪の毛が一瞬、洗濯物を部屋干しして生乾きの臭いを発することがありますよ。
経験済みです・・・

キューティクル破損

キューティクルってイマイチなんなのか・・・
キューティクルがダメージを受けるとパサパサになるということは男性でも知っている方もいると思います。

キューティクルは髪の毛を外部刺激から守ってくれる役割があります。
イメージとしては魚のウロコのように重なり合っていて、髪を洗うと広がってしまいます。
キューティクルが開いたままだと、外部からの刺激が髪の毛の内部にいきわたり毛髪内の水分などを奪う原因になってしまいます。

ハゲてしまうかもしれません

薄毛は男性にとって一番の大敵です!!
髪の毛が濡れている状態ですと、頭皮が冷たくなり血行が悪くなり薄毛の原因に繋がります。
血行が悪くなると発毛ができなくなります。

私たち体の細胞は血管を通して栄養をもらっています。
頭皮の血行が悪くなると発毛に必要な栄養が行きわたらなくなり、髪の毛が育たなくなってしまいます。

男性がお風呂上がりにドライヤーをしないとゴワゴワした髪の毛から臭いがしてハゲていく可能性があるのです。

スポンサーリンク

今の時代は男性も「美」を意識する時代

ドライヤーするなんて女々しさがあるかもしれませんが、ゴワゴワした髪の毛から臭いを放ちハゲることを恐れるのであれば今日からでもやるべきです!!

昔、美容師をしていましたが、ご来店いただく男性はやはり「将来の髪の毛」を気にする方が多かったです。
ですので、美容師としては毎日の「ヘアケア」をオススメするしかありません。
女性のように定期的にトリートメントしてとまではしなくても、日々の最低限の「ヘアケア」だけでも美髪は保たれます。

私が美容師をしていたころに比べると、男性の「美」に対する意識も大分変りました。
そして「ヘアケア」商品も増えました。

男性も女性も第一印象は容姿です。
清潔感のある髪を重視していますよ!

男性美のスタートとしてお風呂上がりドライヤーを始めてみてはいかがですか?