年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

赤ちゃんに刺身は何歳から?【食中毒の注意点】

赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭のお父さん、お母さんは、日々お子さんの食べるものに気を遣われていることと思います。

特に大人でもお腹を壊してしまったり、時には食中毒を起こしてしまいかねないナマモノには要注意です。

でも、ずっとナマモノから遠ざけるのも難しいわけで、いつかは口にする日がやってくるでしょう。

そもそも子どもって、大人が食べているものと同じものを食べたがりますし、私たち親も子どもと一緒にお寿司を食べたいですもんね!

ということで今回は、

・赤ちゃんが刺身を食べられるようになるのは何歳から?
・赤ちゃんに刺身を食べさせる時のポイントや注意点は?
・赤ちゃんに食べさせる際に特に注意が必要な魚は?

ということについてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんに刺身は何歳から?

離乳食を作るときでも「よく火を通して」という文言をよく目にしますよね。

それくらい赤ちゃんにナマモノをあげるときは慎重にならなければなりません。

赤ちゃんが刺身を食べても問題なくなるのは、およそ2~3歳の頃からです。

しかし、これはあくまでも目安にすぎないので、お子さんの日々の体調などを見てお父さんお母さんが考えてあげてくださいね。

また、食材によってはアレルギー反応が出てしまうこともありますから、離乳食が完了していることというのが大前提としてあります。

何故2歳頃からなら刺身を食べさせても問題が無いのか。

それは、赤ちゃんの消化機能が整う時期というのが2歳頃と言われているからです。

ただ、消化機能が整うとはいえまだまだ未熟なところはあるでしょうから、余裕を見て3歳頃から食べさせ始めるという人がかなり多いみたいですよ。

お子さんをお持ちのお父さんお母さんを対象としたとあるアンケートでも、子どもに初めてお寿司や刺身を食べさせた時期として「3~4歳のとき」と答えた方が一番多かったという結果もあります。

刺身のようなナマモノで食中毒にかかってしまうと怖いですからね。

こういうのは遅いのに越したことはないのかもしれません。

スポンサーリンク

食中毒に注意!食べさせる時のポイント

では、食中毒を引き起こす危険性のある刺身を、赤ちゃんや子どもに食べさせる際の注意点やポイントにはどのようなことがあるのでしょうか。

まず注意点としては、

・新鮮な刺身を食べさせること
・赤ちゃんや子どもの体調が良いときを見て食べさせること

ということが挙げられます。

そして食べさせるときのポイントとしては、

・刺身を食べさせる最初のときは、少量(一口)から始める
・一度に色々な種類の刺身を食べさせない
・掛かり付けの病院が開いている時間帯を選んで食べさせる

ということが挙げられます。

注意点として挙げたことは、赤ちゃんや子どもの免疫力の低さが関係しています。

大人のように免疫力が高くないので、少しのことでお腹を壊してしまったり食中毒にかかってしまったりします。

なので、買ってきたばかりの新鮮な刺身を、あかちゃんや子どもの体調が良いときに食べさせるようにしましょう。

気温・湿度の高い夏場なんかは刺身が傷みやすいので特に注意が必要です。

そしてポイントとして挙げたことは、刺身を食べさせた際にアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるということが大きく関係しています。

もし一度に色んな種類の刺身を食べてしまっていては、どの食材が原因でアレルギー反応を起こしてしまったかが分からなくなってしまいます。

また、アレルギー反応を起こしてしまう食材の一度の摂取量が多いと、場合によっては命に関わることも充分にありえるのです。

その危険性を少しでも取り除くために、はじめのうちは一度に食べる量を控えめにした方がいいでしょう。

そして食べさせる時間帯についてですが、万が一アレルギー反応が出てしまったときに掛かり付けの病院に行ける状況で無いと、いざというときにパニックになってしまうと思います。

なので、刺身を食べさせ始める段階ではなるべく掛かり付けの病院が開いている時間帯に食べさせた方がいいでしょう。

お盆休みや年末年始などの長期休暇中なんかも注意が必要ですね。

スポンサーリンク

特に気をつけたい魚は?

刺身のネタの中でも、特に気を付けた方がいい魚(食材)があります。

それは、 刺身やお寿司で食べる機会の多いエビやカニといった甲殻類、イクラのような魚卵です。

これらは他の魚と比べると、特にアレルギー反応を起こしやすい食材とされています。

甲殻類は触れただけでも、触ったところが痒くなってしまったというパターンもあるので充分に注意が必要でしょう。

【まとめ】あかちゃんに刺身を食べさせるなら、年齢とあげ方に注意しよう!

初めてナマモノである刺身やお寿司を赤ちゃんや子どもに食べさせるのは少し怖さもありますが、今回ご紹介した注意点やポイントさえ抑えていれば安全に食べてもらえます。

・赤ちゃんに刺身を食べさせても大丈夫な時期は、およそ2~3歳頃
・初めて刺身を食べさせるときは、新鮮なものを少量ずつ食べさせるなどの注意点あり
・刺身では特にアレルギー反応が出やすい甲殻類や魚卵に注意が必要

これらに留意し、家族みんなで刺身やお寿司を楽しみましょう!