キッコーマンの無調整豆乳がまずい…苦手な人でも飲みやすい飲み方を紹介!

「豆乳」といえば、昔は「お豆腐屋」さんのイメージが強かったのですが、大豆の栄養が健康に良いことが広まり、スーパーへ行くと必ずと言っていいほど「豆乳」を見かけるようになりました。

一番目につくのは「キッコーマンの豆乳製品」 わが家でも子供たちが好きなので、買い物へ行くとまとめ買いしています。

そんなキッコーマンの豆乳製品の中で、「無調整豆乳がまずい!」と感じて敬遠される方が多いようです。

そこで、わが家の子供たちが喜んで飲んでいる「キッコーマンの無調整豆乳」の飲みやすい飲み方をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、健康な体作りのために無調整豆乳にチャレンジして下さいね!

スポンサーリンク

 

キッコーマンの無調整豆乳 苦手な人もコレなら飲める!飲みやすい飲み方

無調整豆乳は、大豆と水しか使っていない絞りたての味なので、大豆特有の青臭さと味が「まずい!」と感じる理由になっています。

逆に言えば、素材そのものの味で甘さが無いため、まずいと感じる青臭ささえ消せれば飲みやすい味にアレンジしやすいのです。

  • コーヒーや紅茶など独特の香りと味で大豆の臭いを上手く消してくれるソイラテ風アレンジ
  • 100%のフルーツジュースや野菜ジュースを加えることで、大豆の臭みが爽やかさにかわるアレンジ
  • 新鮮な野菜や果物と組み合わせることで、大豆の臭みが調和され美容と健康によいスムージーにアレンジ

…など、アレンジ方法は沢山あるので、あなたの飲みやすい方法でアレンジしてみて下さいね。

いくつかレシピをご紹介しておきます。

りんごのフルーチェ風ドリンク

☆材料

  • 100%りんごジュース:出来上がりの半分の量
  • 無調整豆乳:りんごジュースより少し少なめの量

☆作り方

  • カップに材料を入れて混ぜるだけでOK!程よい酸味と甘さのフルーチェ風ドリンクの完成。

簡単な上に大人から子供まで飲みやすいです。

豆乳トロピカルドリンク

☆材料(1人分)

  • オレンジの炭酸飲料:100ml
  • 無調製豆乳:50ml
  • マンゴー:50g
  • 氷:3個

☆作り方

  1. マンゴーは皮をむいて一口大に切りミキサーへ入れる
  2. ①に無調整豆乳と氷を入れてミキサーを回す
  3. マンゴーと氷が細かくなったらミキサーを止めてオレンジの炭酸飲料を入れて完成

マンゴーの甘みと炭酸のシュワっと感が口に広がり、豆乳とは思えない爽やかなドリンクになります。

スポンサーリンク

バナナヨーグルト豆乳ドリンク

☆材料(1人分)

  • 無調整豆乳:60ml
  • ヨーグルト:90g
  • バナナ:40g
  • お好みでグラノーラ

☆作り方

  1. ミキサーに無調整豆乳、ヨーグルト、バナナ(飾り用はよけておく)を入れてよく混ぜる
  2. グラスにそそぎ、バナナとグラノーラを飾って完成

朝の一杯にピッタリな健康的なドリンクです。

キッコーマンの豆乳飲料に「バナナ味」があるので、組み合わせに間違いなしデス。

チョコミント豆乳ドリンク

☆材料(1人分)

  • 製菓用チョコ:30g
  • 無調整豆乳:200cc
  • ミントの葉っぱ:10枚
  • 氷:適量

☆作り方

  • 材料をすべてミキサーにかければ完成

チョコの甘さにミントの爽やかさが加わり、豆乳の青臭さがまったく気にならなくなります。

スポンサーリンク

豆乳とりんごのソイラテ

☆材料(1人分)

  • 無調製豆乳:150ml
  • りんご:1/4個
  • はちみつ:小さじ1
  • シナモンパウダー:少々

☆作り方

  1. りんごの皮をむき、芯を取り除いて薄切りにする
  2. シナモン以外の材料をミキサーにかける
  3. なめらかに混ざったらカップに注いで、吹きこぼれない程度に電子レンジで温める。お好みでシナモンをかけて完成

電子レンジでチンするとフワフワで優しい甘さのドリンクです。

甘酒豆乳ホットドリンク

☆材料(1人分)

  • 無調整豆乳:150ml
  • 米麴甘酒:大さじ3杯

☆作り方

  • 豆乳と甘酒を混ぜて電子レンジで軽く温めるだけで完成

米麴の粒々が気になる方は、ミキサーにかけてOK!

豆乳と甘酒はどちらも美容によいので女性にとって最強の組み合わせです。

無調整豆乳の青臭さを消してくれて、甘みが加わる素材であれば何でもOKなので、アレンジレシピは他にも沢山あります。

ただし、ダイエットのために無調整豆乳を飲もうと思われている方は、カロリーに注意して下さいね。

スポンサーリンク

キッコーマン豆乳製品のラインナップ

キッコーマンには無調整豆乳以外にも豆乳製品が沢山あるので、ご紹介しておきます。

大きく分けると「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3つになります。

無調整豆乳

大豆固形分が8%以上で大豆と水のみを使っているものを「無調整豆乳」と言います。

大豆の栄養素が一番多く含まれる豆乳です。

調整豆乳

大豆固形分6%以上で大豆と水以外に飲みやすくするためカルシウムや砂糖も加えられているものを「調整豆乳」と言います。

無調整豆乳よりも大豆成分が少ないので臭みは抑えられ飲みやすくなっています。

豆乳飲料

大豆固形分4%以上で果汁が入っていない物と大豆固形分2%以上で果汁が入っているものを「豆乳飲料」と言います。

果汁などで加工してあるので、ほとんど臭いは気にならず一番飲みやすくなっています。

すっきりした甘さの「紅茶味」がイチオシです!

スポンサーリンク

キッコーマンの無調整豆乳はアレンジ次第で美味しく飲める!

さて、いかがでしょうか?

無調整豆乳は大豆の素材そのままの豆乳なので、飲みにくいのは確かで「まずい!」と感じる方もおられるでしょう。

でも、大豆の栄養が飲むだけで摂取できる手軽な機能性食品です。

ご紹介したアレンジ方法やお好みのアレンジで苦手を克服して、体のために飲んでみませんか。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください