トースターでのアルミホイルの使用はOK《ただし使い方には注意が必要》

主婦
電子レンジではアルミホイルは使用できないと聞くけど、トースターの場合はどうなんだろう?」
「燃えてしまったらどうしようかと心配だな…」

そんなお悩みにお答えしていきましょう。

【目次】
・トースターでのアルミホイルの使用はOK
・トースターの間違った使い方《一歩間違えると家事の危険性も》
・料理で使いやすいおすすめのアルミホイル

トースターの説明書を確認すると、アルミホイルの使用は可能であるということが明記されています。

ですから、アルミホイルが燃えてしまうのではないかという心配をする必要はほとんどありませんよ。

ただし、トースターの使い方を間違えてしまうと危険な場合もあります。

一歩間違えると家事になってしまう危険性もあるんです。

ということで今回は主婦歴5年目である私が、トースターの正しい使い方について詳しくお伝えします。

正しい知識を得てトースターを安全に使いましょう。

トースターでのアルミホイルの使用はOK

トースターでアルミホイルは使える

トースターでアルミホイルを使った調理をすることはできます。

トースターと同じ食べ物を「温める」目的で使う電子レンジではアルミホイルを使うことはできませんが、トースターなら使えるのには温め方が大きく関係しています。

電子レンジはマイクロ波、つまり電磁波で温めています。

マイクロ波は金属を通り抜けることができず一点に集中し、放電することで火花を散らします。

場合によってはこの火花が原因となり火事を招く事態になってしまうことから、電子レンジでのアルミホイルの使用は禁止されているというわけなのです。

一方トースターは、赤外線とヒーターによって温めています。

そのためアルミホイルと反応して火花を散らすなんてことはないので使用することができるのです。

電子レンジのオーブン機能でなら使用できる

電子レンジの機能としてオーブンが備わっている場合、オーブン機能のときであればアルミホイルを使用することはできます。

電子レンジでは赤外線によって食べ物を温めるとご説明しましたが、オーブン機能のときはトースターと同じでヒーターで温めているのです。

そのため、オーブン機能のときであればアルミホイルを使用することができるというわけなんですね。

ですから、ご自宅にトースターが無くてもオーブン機能付きの電子レンジがあればアルミホイルを使った料理を問題なくすることができます!

スポンサーリンク

トースターの間違った使い方《一歩間違えると家事の危険性も》

トースターでアルミホイルを使用するとき、ヒーターの部分にアルミホイルが触れてしまっていると発火してしまう危険性があります。

アルミホイルの素材として使われているアルミは金属ではありますが、実は可燃性なのです。

そのため、アルミホイルが長時間ヒーターの部分に触れていると焦げたり、最悪の場合発火して火事になってしまうことだって十分にあり得るわけなんですよ。

ですから、トースターでアルミホイルを使って調理をするときはヒーターの部分に触れていない状態かどうかをあらかじめ確認してから加熱するようにしましょうね。

料理で使いやすいおすすめのアルミホイル

主婦歴5年目の私がおすすめする、料理で使いやすいおすすめのアルミホイルはクックパーのフライパン用ホイルです。

食材がくっつきにくいだけでなく、タレやバターなどが焦げ付くという心配もありません。

また、魚を焼くときなんかは油をひかなくてもくっつくこともないので、よりヘルシーに焼き上げることができるのです!

私はこのアルミホイルを一度使ってからその使いやすさの虜になってしまい、今ではすっかり愛用しています。

【まとめ】トースターでアルミホイルは使用できる!

トースターでのアルミホイルの使用は可能ということでした。

ですが、アルミホイルが中のヒーターに触れている状態だとアルミホイルから発火してしまう危険性もありますから十分に注意しなければなりません。

ご家族がトースターでアルミホイルを使用するときも、火事にならないようにするためその点注意してチェックするようにしましょう!