ゆで卵が電子レンジで爆発する!?破裂の原因と安全な調理方法のコツ

みなさん、こんにちは!

時間短縮調理などに欠かせないのが、電子レンジ。

スイッチを押すだけで、温めだけではなく火も通るので、様々なレシピに活用している人も多いかと思います。

でも、注意しなくてはいけないのが卵料理。

特に、ゆで卵はレンジで加熱をすると「爆発する!」と聞いたことがあるかと思います。

そこで今回は、なぜレンジでゆで卵を作ると爆発してしまうのか、その原因と安全な調理方法についてご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

レンジでゆで卵を作ると爆発する?その原因とは?

ゆで卵が爆発してしまう原因は、レンジと卵の構造によるものです。

レンジは食品に対して、マイクロ波を出して振動させることで熱を発生させます。

また食材は、外側からではなく内側から加熱が進んでいきます。

一方の卵の構造ですが、ご存知の通り殻に完全に覆われていますよね。

そのため、加熱されると熱の逃げ場がない状態となります。

つまり卵の黄身の部分の水分がまず沸騰、そして膨張していきます。

その結果、体積が増加した黄身が白身と殻を押し破って、爆発してしまうというわけです。

鍋で湯を沸かすときに蓋をぴったりと閉めてしまうと、吹きこぼれてしまいますよね。

それと同じような現象が、卵の殻の中でも起きていると考えるとイメージしやすいかと思います。

スポンサーリンク

殻がなければ爆発しない?

ここで気になるのが、「じゃあ殻を割った状態でレンジにかければ爆発しないのか?」という点。

答えは…「爆発します」

なぜかと言うと、卵は殻がなくても、常に薄い膜が張られている状態であるためです。

そのため内側に熱がこもり、結果として同じような爆発が起きてしまいます。

レンジでゆで卵は作れるの?

では、爆発をさせないでレンジでゆで卵を作ることはできるのでしょうか。

実は意外な方法で、簡単かつ安全に作ることは可能です。

必要なのは、水、卵が入るサイズの耐熱性コップ、アルミホイルのみ。

手順は以下の通り、とってもシンプルです。

  1. 卵をアルミホイルで隙間なく包む
  2. 耐熱性コップに卵を入れ、卵が隠れるまで水をたっぷり注ぐ
  3. レンジで約5分加熱し、2分ほど放置する
  4. アルミホイルごと水で冷やして、完成!

「レンジ加熱にアルミホイルを使用して大丈夫?」と不安になる方もいるかと思いますが、水に完全に浸すことで発火を防ぐことができるんです。

なぜこの方法であれば爆発をしないのかという点ですが、アルミホイルはマイクロ波を通さないという性質があります。

そのため、アルミホイルに包まれた卵には、熱は直接には発生していません。

イメージ的には、コップ内の水を沸騰させて温めているという状態です。

つまりレンジの中で、鍋で茹でているのと同じような環境を作っているので、爆発しないというわけです!

お使いのレンジのワット数や、放置時間にとって、卵の黄身の硬さ加減が異なります。

お好みの仕上がりを、ぜひ見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

レンジで目玉焼きは作れるの?

さてゆで卵の作り方と併せて覚えておきたいのが、レンジで作る目玉焼きレシピ。

殻を割っても爆発するということでしたので、気になりますよね。

実はこれも意外と簡単で、必要なのは「少量の水」と「つまようじ」だけ!

  1. 耐熱性の容器に小さじ1ほどの水を入れ、そこに卵を割ります
  2. 割った卵の黄身に、数か所つまようじを刺す
  3. ふんわりとラップをかけ、30秒加熱、一度様子を見て、さらに30秒加熱で完成!

たったひと手間、つまようじを数か所刺すことで卵の膜が破れ、熱の逃げ場ができ爆発しなくなるのです。

この場合も、お好みの硬さ加減によってさらに10秒ほど加熱するなどアレンジ可能です。

わざわざフライパンを汚す必要もなく、調理したお皿のまま食べられるのも嬉しいですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、レンジでゆで卵を作るときの爆発の原因と安全な調理方法についてご紹介しました。

ポイントは3点。

  1. 殻付き、殻なし、どちらの場合もレンジでそのまま加熱をすると卵は爆発してしまう
  2. ゆで卵を作る場合は、アルミホイルで包み、水を張ったコップに入れて調理
  3. 目玉焼きはつまようじで膜を破ることで、熱の逃げ場ができレンジ調理可能に

以上です!

忙しい朝食の準備にも、レンジがあれば簡単かつスピーディーに支度ができそうですね。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!