年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

安パイ(あんぱい)の意味を簡単に!現代語としての使い方を事例で解説

あんぱいという言葉をご存知ですか?

現代では、気軽に使われている言葉のひとつでもありますよね。
この言葉は、麻雀をやったことのある方なら、ご存知でしょう。

麻雀をやったことのない方でも、ニュアンスはわかる、という方は多いと思います。
でも、どんな時にどう使えばいいのだろう?

この使い方は間違ってはいないかな?とちょっと不安になる方もいると思います。
そんな方々へあんぱいを調べて説明させていただきます。

あんぱいの意味

あんぱいとは、

・安全な選択。
・危険が少ない選択。

の時に使われる言葉です。

他に俗語として

・当たり障りの無い事柄。
・無害な様子。
・リスク(危険や失敗)が少ない。
・可もなく不可もない。

としても使われます。

「あんぱい」の「あん」は「安全」の「安」ということですね。

それでは、「あんぱい」の「ぱい」はなんでしょうか?
「あんぱい」の「ぱい」は「牌」のことです。

「牌」といって一番に思い浮かぶのは、麻雀で使われる「麻雀牌(まーじゃんぱい)」ではないでしょうか。
つまり「あんぱい」を漢字で書くと「安牌」ということになりますね。

以下、三省堂 大辞林での解説です。

・麻雀で、捨てても相手に上がれることのない牌。
・転じて、事をなすに当たってなんの害もなく扱いやすい人や選択肢のこと。

あんぱいの由来

安牌はもともとは麻雀で使われる「安全牌(あんぜんぱい)」という言葉でした。

麻雀では、自分が捨てた牌で相手にあがられると負けてしまいます。
麻雀において、捨てても相手にあがられる危険性がないか、あっても危険度の少ない牌を「安全牌」と言います。
逆に相手にあがられてしまうリスクのある牌のことを「危険牌」と言います。

麻雀において、「この牌を捨てても相手はあがらない」
「あがられる心配のない安全な牌」
それが略されて「安パイ」ということです。

一般的な俗語として使われているので、文法等には厳しくはありません。
しかし、かしこまった場での利用は控えた方が良さそうです。

スポンサーリンク

あんぱいの使い方・事例

使い方としては、

「安パイばかり選んでないでたまには冒険してみたら?」
「いつも安パイな答えばかりだね。」
「この店で人気のあるこのメニューは安パイだね!」
「安パイな企業に就職を決めた。」

良くもならないけど悪くもならない。
消極的なイメージで使われる言葉のようです。

例えば、「あなたって本当に安パイな人生だよね」
と言われた場合、それを褒め言葉として受け取れるでしょうか。

そんな風に言われたら、自分の人生ってつまらないのでは?と
思ってしまったりするのではないでしょうか。

どちらかといえば、ネガティブにとらえられてしまう言葉かもしれません。
みんながみんなそう感じるわけではないのかもしれませんが、
そう受け取る人もいる、と思って使うべき言葉かもしれないですね。

【まとめ】

「安パイ」を調べた結果、「安全である」ということはわかりました。

しかし「安全」というより、「危険はないが満足いく結果も見込めない」といった意味合いの方を強く感じました。

でも麻雀の場合では大事な局面の時に振らず(負けず)に済むのだから大事なのかもしれません。

しかし、麻雀ではなく一般的に使う「安パイ」とは「ノーリスクノーリターン」や「無難」といった意味として考えられます。

人に対して使う際、そんなつもりはなくても「害も益もなく扱いやすい人」といった意味として受け取られてしまうと
相手に嫌な気持を与えてしまうことになりかねません。

気軽に使われている言葉ですが、今後は人に対して使う時は気を付けましょう。