いくらは冷凍保存で賞味期限が30倍UP!解凍方法と食べ方も紹介

いくらの美味しい時期は、ちょうど鮭と同じ秋冬です。

特に9~11月頃が一番旬で、その頃にたくさん出回ります。

ご飯の上に大量のいくらがドカッと乗ったいくら丼なんて、最高の贅沢ですよね(笑)

いくらはお寿司だけでなく、酢のものなど少し色味を足すのにも使います。

多めに買っておいて冷凍できれば、いつでも美味しいいくらが食べられるのですが・・・

いくらは冷凍保存できるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

いくらは冷凍保存できる?

さて、いくらは冷凍保存できるのか否か。

その答えは・・・「冷凍保存できる!」

いくらの醤油付けなど味が付いているものも冷凍保存できます。

空気に触れると悪くなってしまうので、新鮮な状態で冷凍する必要があります。

タッパーやチャック付きのフリーザーバッグに入れて、密閉して保存してください。

少量ずつ使いたい人は、先にラップなどで小分けにしてから冷凍すると便利ですよ。

市販されている冷凍いくらもあり、小分けにされていてとても便利です。

↓ ↓

【北海道産 いくら イクラ 小分け】イクラ醤油漬け 【特選】 70g×1本

冷凍いくらの賞味期限はいつまで?

冷凍する前のいくらの賞味期限は、1日が限度だといわれています。

では、冷凍するといつまで保存可能なのでしょうか?

目安としては1ヶ月程度のようです。

冷凍なので安心して半年や1年保存してしまう人も多いと思いますが、冷凍焼けして美味しくなくなってしまいます。

スポンサーリンク

腐ったいくらの見分け方は?

では、いくらが腐ってしまった場合はどうやって見分ければいいのでしょうか?

  • 異臭がする
  • 白く濁っている
  • 変な味がする
  • 糸を引いている
  • 身崩れしているのもがたくさんある

腐ると明らかにわかると思います。

生モノなので、常温に数時間置いておくだけで傷んだり腐ったりしてしまいます。

購入後はできるだけ早く冷蔵・冷凍保存をしてください。

冷凍したいくらはどうやって解凍するの?

冷凍保存されたいくらは、食べる前日に冷蔵庫に移しておくと自然解凍できます

今すぐ使いたい場合は、流水をかけて解凍すると良いでしょう。

この時、直接いくらに水が掛からないように、袋などに入れてすることをお忘れなく。

面倒でレンジでチンとして解凍したいところですが、温めてしまうと生の美味しくいくらではなくなってしまうので、絶対に温めてはいけません。

スポンサーリンク

いくらの美味しい食べ方をご紹介!

いくらといえばお寿司のイメージが強く、レパートリーがあまりありません。

いくらを使った料理など、いくらを美味しく食べられる食べ方をご紹介します。

丼ものにする

いくらを贅沢に味わういくら丼やサーモンと一緒に食べる親子丼などもあります。

いくらの醤油付け

そのまま丼に乗せても良いし、少量だけ使って料理のアクセントにしても良いですね。

サラダに入れる

いくら以外にもお刺身などを乗せる海鮮サラダがオススメです。

パスタにあえる

冷製パスタに入れられていることが多いと思います。

お寿司やいくら丼以外にも、いくらは色んなお料理に使うことができます。

特に夏場の冷たいお料理にはいくらがとても合いますね。

スポンサーリンク

まとめ

食べ物にはそれぞれ旬の美味しい時期があります。

旬の美味しいいくらを少しでも長く味わいたいので、冷凍保存できるのは有難い。

旬だと大量に出回るので、通常よりも少し安くなったりもします。

安い時に少し多めに買っておいても、生モノなので保存期間は1日が限度。

冷凍することで一ヶ月ほどは美味しく食べることができます。

丼や醤油漬けが定番ですが、贅沢にサラダやパスタに入れるのもオススメです。

いくらの赤色が入ることで、お料理がとても華やかに綺麗に仕上がりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください