年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

iPhoneSEの防水機能はどこまで耐える?お風呂に落としても壊れない?

iPhoneシリーズの中ではコンパクトサイズのiPhoneSE。

他のものより小さいサイズなので、iPhoneSEはとても人気です。

うちの夫もポケットに入れやすいのでiPhoneSEを使っています。

でも、ポケットに入れていると落としやすいので、いつかトイレに落としてしまうのではないかと冷や冷やしています。

最近のiPhoneは防水機能がついていますが、iPhoneSEはどうでしょうか?

今回は、iPhoneSEの防水機能について調べたいと思います。

スポンサーリンク

 

iPhoneSEの防水機能はどこまで耐える?

Apple公式サイトには防水機能についての記載は一切ありません。

そのため防水機能はついていないようです。

防水機能がついていないということは、水没させると故障します。

インターネットで検索すると「iPhoneSEを水没させても故障しなかった」という内容のものが出てきますが、それはあくまで自己責任で行ったものです。

防水機能がついていない以上、「水没させると壊れてしまう」と思っておきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneSEはお風呂に落としても水没しない?

先に紹介したように、iPhoneSEに防水機能は付いていません。

そのため、お風呂に落としてしまうと即アウトです。

精密機器にとってお風呂はとても危険です。

湯船に水没させてしまう以外にも、湯気などが入り込む可能性もあります。

お風呂に持って行くこと自体が故障の原因になるということです。

もしお風呂の中に持って入りたいときは、湯気なども入り込まないように防水ケースを使うようにしましょう。

【iPhoneSE/5S対応】防水ケース カバー アイフォンSE

iPhoneSEは水中で使っても大丈夫?

iPhoneSEに防水機能はついておらず、水中で使うのなんてもってのほかです。

でも、海やプールなど水中で写真や動画が撮れたら、きっと素敵な思い出が残せますよね。

そんな時は、「完全防水」にしてくれる防水ケースがあるので、きちんとケースの入れて使用しましょう。

ただ、これも自己責任。

前もってバックアップはきちんと取っておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ご紹介したように、iPhoneSEに防水機能は付いていません。

iPhoneシリーズは防水機能が付いたものが多いので、勘違いしてお風呂に持って行ってしまう人もいるかもしれません。

防水機能が付いていないと、お風呂などに落としてしまう以外にも湯気などでも故障の原因になります。

また、「海やプールでも使いたい!」と思う人が多く、インターネットで検索すると「iPhoneSEを水中で使ってみた」という内容の記事が多く出てきます。

でも、これはあくまで自己責任です。

何の保証もありません。

そのため、どうしてもお風呂や海・プールなどで使いたいときは、必ず防水ケースに入れるようにしましょう。

それでも絶対に大丈夫とは言い切れないので、常日頃からバックアップを取る癖を付けておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください