年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

十六茶や爽健美茶は妊娠中に飲んでOK?ハトムギで流産する噂はガセ!

ノンカフェインの「十六茶」と「爽健美茶」、メーカーは違いますが、味がとても似ていると思いませんか?

それもそのはず、使っている原料が共通しているものが多いんです。

この2つのお茶、SNS上である噂が飛び交いちょっとした騒動になったということもあります。

妊娠中に飲むとある成分の影響で、体に害があるというものでした。

このような噂の中、果たして妊婦さんが安心して飲めるのか、成分にも注目して解説していきましょう。

十六茶や爽健美茶は妊娠中に飲むのはOK?

妊娠中は、やたら喉が渇くんです。

2児の母でもある私は、産婦人科で十六茶をもらったことがあります。

水分補給も大事な妊婦さんの役目、ノンカフェインの飲料が一番人気ですね。

十六茶や爽健美茶は、何種類もの自然原料が含まれる体にやさしいお茶なので、妊娠中に飲んでも大丈夫ですよ。

妊婦さん向けの雑誌でも、水分補給におすすめする飲料として十六茶や爽健美茶がランクインしていている記事が載っていました。

ミネラルの多いこの2つのお茶、妊婦さんにとって辛い夏には必要な飲料だと思います。

だから検診時に頂けたのだと、今さらながら私は思います…。

十六茶や爽健美茶に含まれるハトムギとは?

十六茶と爽健美茶には共通する原料がいくつかあります。
ハトムギが、その代表格です。

このハトムギってどんなものかというと、昔から多くの人々に食されてきたとても栄養価の高い植物なんです。

どんな栄養があって、どんな効果効能が得られるのかご紹介しましょう。

ハトムギから得られる効果効能

とても香ばしいハトムギの風味が、2つのお茶を引き立てているんです。

ハトムギには、たんぱく質・ビタミンB1・カルシウム・鉄分など、特に女性に必要な栄養が含まれています。

妊婦さんが悩む「むくみ」にはビタミンB1が効果的、カルシウムや鉄分は妊娠中は特に不足がちなので、ぜひハトムギを気軽に摂れるお茶がおすすめですね。

身体に安心で安全な十六茶や爽健美茶にはハトムギが入っているので、気軽に妊婦さんに飲んでもらえるのは便利です。

流産するという噂について

昨年、ある投稿が物議を醸しだし、ネット上が大騒ぎになるという事態が起こりました。

それは、爽健美茶に含まれるハトムギが赤ちゃんを異物とみなして体から排出してしまう(流産)性質がある!というもの。

これを見た妊婦さんに、どんなにか不安がよぎったかと思うと、同じ妊娠・出産を経験した私としては怒りのような気持ちでいっぱいでした。

異物とみなすという表現は、ハトムギはもともとイボの治療に使われたことがあるということに由来していると考えたツイッターによる独自の見解で何の裏付けもないんです。

これを見た医師や医療従事者も、何の根拠やデータもないことを拡散させるのは妊婦さんにとってかえってストレスになるので、その方が心配だと反論。

メーカーも、公式サイトに「妊娠中であっても、そうでなくてもどんな年代にでも、安心して飲んでいただけるお茶である」とコメントを出しました。

もともと流産は染色体異常が原因で起こるのがほとんどで、きちんとした検査を通して販売されたお茶にその原因があるとは根拠のないガセだと発表されたことで、やっと落ち着いてきたようですね。

心無いツイッターの行為によって、不安になった妊婦さんの心を思うと残念でなりませんが、どうしても気になる方は産婦人科医に確認するのもいいと思いますよ。

スポンサーリンク

十六茶や爽健美茶に含まれるカフェインは大丈夫?

もともと十六茶にも爽健美茶にも、カフェインはまったく含まれていません。

かえって、ガセを信じてしまい代わりにのむカフェインを含んだ飲料を飲み過ぎる方が危険かもしれません。

コーヒーでも2杯~3杯ならカフェインが入っていても何の影響もないと医師の発表があります。

食べたいものや飲みたいものを我慢してストレスを抱える方が、体に悪影響をもたらすので、適度な量をコントロールしながらバランスの取れた食事をするのがベストなんですね。

妊婦におすすめしたいお茶の飲み方

妊婦さんは、自分のことより赤ちゃんのことを優先します。

一心同体ってこのようなことなんですね。

私も食べものを自分の口に入れるときは、やっぱり赤ちゃんには大丈夫かな?といつも考えていました。

基本、飲みたい時に適量を飲むのが一番いい飲み方だと思います。

もし悪影響ならきちんとした説明が医師からあるはずなので、お茶なら気にしないで安心して喉を潤して欲しいですね。

特に汗をかく夏や、妊娠後期に入って動くのが大変なときにはお茶を飲むことでリフレッシュ・気分転換も必要です。

お風呂上りの水分補給にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

十六茶や爽健美茶は妊娠中に飲んでも悪影響はない!

少しでも消費者にとって悪影響が心配されるものは、メーカーは販売はしません。

逆に信頼を失うことは、メーカーにとってもマイナスなのでするはずがないんです。

科学的根拠のないガセネタを心配して自分を追いつめることのないよう、自分で情報を確認するのも「母親」の役目ですね。

※ハトムギによって得られる成分が多い!

決して量は多くないのですが、妊婦さんに必要なカルシウム・鉄分を始め、妊娠中によくある「むくみ」に効果を発揮するビタミンB1はぜひ毎日摂りたい栄養素ですね。

※十六茶や爽健美茶を飲んで流産するというのはガセ!

なぜこんなツイッターがいるのかわかりませんが、赤ちゃんを守れるのは母親が一番です。

他人の書き込みで不安になるなら、かかりつけの産婦人科医に相談したり、旦那さんと食事に出かけたりすることでストレスのない生活を心がけましょう。