ウタマロ石鹸は赤ちゃんには危険?安心安全な使い方も紹介します!

汚れがよく落ちると話題のウタマロ石鹸。多くのご家庭で使われているのではないでしょうか。

毎日吐き戻しやうんち漏れで洗い物がたくさんある赤ちゃんを持つお母さんも、ウタマロ石鹸で汚れを落とされているかもしれませんね。

ですが、ウタマロ石鹸は赤ちゃんに良くないという話を聞いて不安になっているママさんもいるのではないでしょうか。

でも安心してください!

ウタマロ石鹸には確かに気になる成分は入っていますが、基本的には普通に使っていくことができますよ。

とは言え、少なからずリスクがあるのであれば、どんなものか知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、ウタマロ石鹸のリスクと安心安全な使い方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

ウタマロ石鹸、気になる赤ちゃんへの影響は?

では、ウタマロ石鹸は赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか?

ウタマロ石鹸を使うことで、肌の弱い赤ちゃんの場合、肌かぶれを起こす可能性があります。

そして、その原因となるのが、ウタマロ石鹸に含まれる「蛍光増白剤」という成分です。

蛍光増白剤は、多くの洗剤に含まれている添加物で、紫外線を吸収し青白く見せる効果があり、黄ばんできた衣類等を白く見せる効果があります。

ですが、この蛍光増白剤が、赤ちゃんの弱い肌にをかぶれさせてしまうことがあるのです。

でも、よくよく調べてみると「添加物」と言っても、蛍光増白剤はそこまで害のある成分ではありません

日本人は「添加物=危険」と認識している傾向があるので、過敏に害のあるものだと思い込んでしまったのでしょう。

商品の審査が厳しい日本でこれだけ出回っているということからも、過度な健康被害は起きていないと考えて良さそうです。

ただし、赤ちゃんはよだれやおむつでもかぶれを起こしてしまうくらい肌が弱いのも事実。

もしウタマロ石鹸を使用した衣類を着て肌が荒れるようなことがあれば、その子に合っていないのかもしれません。

その場合はすぐに使用を中止しましょう。

ちなみにうちの子のことを話すと、1人目の時は気を使っていましたが、2人目ともなるとウタマロ石鹸でも普通に衣類を洗っていましたし、蛍光増白剤の入った洗剤で洗濯機も回していました。

それでもなんの影響も出ませんでしたよ♪

本当にこればかりはその子によるとしか言えませんが、まずは気にせず使ってみて子供の様子を見ながら判断していくと良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ウタマロ石鹸の安心安全な使い方

ウタマロ石鹸の汚れ落ちは本当にいいので、うまく利用すれば主婦の大きな味方になります。

ここではウタマロ石鹸の上手な使い方をご紹介します。

靴や靴下を洗うのに使う

我が家ではウタマロ石鹸は靴と靴下を洗う際に重宝しています!

子供の指定の靴は白ですので、ウタマロ石鹸で洗い太陽の元で乾かすと、とても白くなります!

紫外線を吸収して白く見せるという性質の蛍光増白剤のおかげです。この白さはクセになり、「あぁ、私頑張ったな」と報われます(笑)

靴なら靴下を履くので、直接肌に触れるわけではありません。ですので肌が弱い方でも使えますよ!是非この白さを体験してくださいね!!

保管方法

ウタマロ石鹸はとても水に溶けやすいため、水気がある所に置いておくとすぐにふやけてしまいます。

使ったあとはよく風の通るところで保管しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウタマロ石鹸には蛍光増白剤が含まれているため危険と言われていることが分かりました。

蛍光増白剤は衣類を白く見せてくれる反面、肌の弱い人はかぶれる可能性もあるため、赤ちゃんの使用には注意が必要です。

ですが、そこまで有害な成分ではないので、あまり神経質になりすぎないことも大切です。我が家では問題なく使えていますからね。

もしかぶれなどが気になるようであれば、靴や靴下だけに使うように使い分けてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください