乾電池は飛行機に持ち込みOK?預け入れ荷物に入れる場合の注意点

みなさん、こんにちは!

飛行機を使う旅行前は、ワクワクする半面、荷造りが少し大変だったりしますよね。

特に、飛行機に持ち込んで良いものとダメなものの区別は、「あれ、どっちだったかな?」と悩んでしまうことも。

そこで今回は、気になる乾電池の持ち込みについて調べてみました!

空港でバタついてしまうことがないよう、ぜひ荷造り前に参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

乾電池は飛行機に持ち込める?注意点は?

航空会社ごとに規定の違いがありますが、今回は全日空(ANA)を例に見ていきましょう。

まずは普通の「乾電池」に関してですが、これは預け荷物、機内持ち込み、ともに可能です。

また、時計などに主に使われるボタン式電池も大丈夫です。

これに準じて、乾電池が内蔵されている携帯充電器やヘアアイロンなども、預け荷物、機内持ち込みともに問題ないということになります。

なお預け荷物に入れる際には、下記の点に注意しましょう。

  1. 液体物と併せて収納する場合、万が一水漏れをしてしまっても塗れないように梱包する
  2. 漏液、発熱、破裂などを避けるため、強い衝撃を受けないよう梱包する(洋服など柔らかいものをはさむ)
  3. 乾電池を入れて使う電子機器を収納する場合は、誤ってスイッチが入ってしまうことがないよう乾電池を抜いてしまう

注意が必要な電池の種類とは?

では、注意が必要な電池のタイプとはどのようなものでしょうか?

それは、「リチウム(リチウムイオン)電池」と呼ばれるものです。

リチウム電池とは

負極にリチウムを用いる電池。正極に弗化黒鉛・二酸化マンガン、電解質には有機溶媒や固体電解質を用いる。小型・薄型にでき、寿命も長く、腕時計・電卓などに使用。

引用元:コトバンク

計算機やデジタルカメラなどの中には、このタイプの電池を使っているものがありますので、必ず確認をするようにしてください。

ANAでは、リチウム(リチウムイオン)電池を内蔵する電子機器は、基本的に「貨物室」で輸送することを義務付けています。これは、リチウム電池内蔵の電子機器が偶発的に発火するリスクに対処するためです。

つまり、機内持ち込み荷物として持ち込むことは出来ず、スーツケースなどの預け荷物としてのみ可能であるということになります。

リチウム電池内蔵の電子機器をスーツケースにしまう場合は、下記の指示に従ってください。

①本体の電源を完全に切る(スリープモードは不可)

②本体を、硬く頑丈なスーツケースまたは衣類等で梱包し保護する

ただし、内蔵された電池が以下の容量を超えない電子機器の場合には、機内持ち込み・預け荷物ともに可能です。

◆リチウム電池 2g以下

◆リチウムイオン電池 160Wh以下

また、電子機器と併せて注意したいのがモバイルバッテリー(予備電池)です。

「予備電池」にはまた異なる規定があり、取り扱いは以下のとおりです。

◆100Wh以下のもの 制限なし 機内持ち込み 〇 預け荷物 ✖

◆100Wh以上160Wh以下のもの 2個まで 機内持ち込み 〇 預け荷物 ✖

◆160Whを超えるもの   機内持ち込み ✖ 預け荷物 ✖

少しややこしいですが、安全な空の旅を送るための大切なことになります。

詳しくは、航空会社のホームページでも確認をするようにしてください。

ANAホームページはこちら

スポンサーリンク

他にも気になる!持ち込みできるアイテムは?

乾電池の他にも、似たようなアイテムで区別しづらいものがありますよね。

そこで、疑問に思いやすいアイテムの一部についてご紹介します。

<変圧器>

最近では、携帯電話や電子機器など海外でもそのまま使えるものが増えていますが、変圧器を必ず持参するという方も多いはず。

ANAでは、変圧器は機内持ち込み、預け荷物ともに可能です。

<コンセント式ヘアアイロン、ヘアドライヤー>

女性の方なら、海外でもやっぱりおしゃれを楽しみたいですよね。

そんなときに気になるのが、ヘアアイロンやドライヤーについて。

コンセント式タイプのものであれば、機内持ち込み、預け荷物ともに可能です。

<電気シェーバー>

男性の身だしなみアイテムとして、電気シェーバーを持ち歩くというビジネスマンもいるでしょう。

電気シェーバーも、機内持ち込み、預け荷物ともに可能です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、乾電池の飛行機への持ち込みについて調べてみました。

ポイントは3点。

  1. 最も一般的な、乾電池Tボタン式電池については、機内持ち込み、預け荷物ともに可能
  2. 収納時には、水漏れ防止、衝撃予防、誤作動防止に注意する
  3. リチウム電池(リチウムイオン電池)については、それぞれ規定が異なるので再度チェックする

以上です。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください