年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

蚊取り線香の煙に害はない?赤ちゃんや妊婦、ペットに与える影響とは?

蚊取り線香は効き目があるけど、体への影響は大丈夫なのかな?

かなこ

夏の天敵「蚊」対策として、蚊取り線香を使っているご家庭は多いかと思います。

蚊への効果は抜群ですが、その分、人体への影響はないのか心配になりますよね。

特に赤ちゃんがいるご家庭や妊娠中の方、ペットを飼われている方にとっては不安も大きいはず。

そこで今回は、蚊取り線香の煙の害についてまとめてみました!

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

蚊取り線香の煙は人体に有害?

蚊取り線香といっても様々なタイプのものがありますが、まず思い浮かべる方が多いのは、独特の香りがある渦巻状(煙タイプ)のものではないでしょうか。

火を付けて煙を出すことで蚊を退治する商品ですが、これは人体に害はないのでしょうか。

結論から言うと…その答えは「NO」です!

蚊取り線香には「ピレスロイド(ピレトリン)」という成分が含まれており、これが昆虫や爬虫類などにとっては有害となります。

一方で、この成分は人間などの哺乳類には影響がないとされています。

好き嫌いが分かれる特徴的な香りではありますが、安全面での害はないということで安心して使うことが出来そうですね!

では次に、強い香りがしなくて火も使わない、電気式蚊取りタイプはどうでしょうか。

このタイプも基本的には、同じ薬品を使用しているため人体への影響はないと言われています。

ただし人によっては、煙タイプも電気式であっても、体質的にこの成分が体に合わず頭痛や吐き気をもよおすという方もいるようです。

人体への影響はなくとも、化学薬品との相性というものはありますので、万が一そうした症状があらわれた場合には使用を中止しましょう。

スポンサーリンク

蚊取り線香の使用…赤ちゃんへの影響は大丈夫?

体の機能がまだ十分に発達していない、赤ちゃんへの影響はどうでしょうか。

これについても、先ほどお伝えしたとおり混合成分は人体に無害のため、赤ちゃんがいるご家庭であっても安心して使うことができると言うことが出来ます

ただし、渦巻状(煙タイプ)のものの場合には火を使うことになりますので、やけどや家事には注意が必要です。

特にフローリングに置いて使うタイプは、赤ちゃんであっても手が届いてしまうもの。

やけどだけでなく、火がついていない場合でも誤飲などの可能性も考えられます。

取扱には十分に注意しましょう。

蚊取り線香の使用…妊婦さんは使うことができる?

さて次は妊婦さんへの影響についてです。

赤ちゃんに対して無害であったように、妊婦さん、そしてお腹の中の胎児に対しても、蚊取り線香の害はありません

ただし、妊娠中はつわりなどで匂いに敏感になることがよくあります。

そのため普段は問題がなく使うことが出来ていた方であっても、妊娠中には気分が悪くなっ
たり…といった可能性が考えられます。

閉め切った部屋で長時間使い続けるのではなく、定期的に換気をして、部屋の空気を入れ替えながら使うのが良いでしょう。

スポンサーリンク

蚊取り線香の使用…ペットへの影響はある?

最後にお伝えしたいのが、ペットへの影響です。

実はこれについては、注意が必要です。

犬や猫などの哺乳類であれば、人間同様、「ピレスロイド(ピレトリン)」成分が害になることはありません。

ただし、ペットは哺乳類だけには限らないですよね。

魚や昆虫に対しては有害となりますので、観賞魚や昆虫を飼っているご家庭では使用を避けるようにしましょう。

まとめ

今回は、蚊取り線香の煙の影響についてまとめてみました。

ポイントは3つ。

  1. 蚊取り線香に含まれる成分は、人間にとって無害であるため安心して使うことができる。
  2. 赤ちゃん、妊婦さんも同様に安全面で問題はないが、やけどや誤飲に注意することと、適度な換気が大切
  3. 猫や犬であれば問題ないが、魚や昆虫などにとっては有害な成分であるため使用を避ける

以上です。

人に害はないのでほぼ安心して使えますね。

哺乳類以外のペットに使う場合だけ注意しながら上手に使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください