年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

免許証の写真、ピアスは外したほうがいい?服装や表情は?

身分証明として提示する機会の多い運転免許証。
日常的に使うものではないとは言え、3年もしくは5年、次の更新のときまで同じものを持つので、できれば写りが良く気に入った写真が良いですよね。

とは言え、
「いつも身に着けているピアスなどのアクセサリーはそのままで良いのか?」
「どこまでがOKなの?」
と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

この記事ではこれから免許の取得や更新を控える人に向けて、

・免許証の写真を撮る際ピアスは外すべきか
・服装や表情など注意点
・キレイに写るコツ

について調べて分かったことをお伝えします。

免許証の写真、ピアスやアクセサリーは外すべき?

免許証の写真を撮る際、ピアスなどのアクセサリーはよほど大きなものでなければ着けたままでも良いようです。

警視庁のホームページによると、特にアクセサリーについては言及されていません。
ですが、不適正な写真例を見てみると、髪の毛や衣類、ヘアバンドなどで輪郭が隠れるような写真は適さないと言うことがわかります。

参考画像:

例えば以下の画像のように大きなフェザーなどのパーツがついているピアスは、顔にかかる可能性があるので避けたほうが良いですね。

大ぶりなピアスは小顔効果もあるのでつい選びたくなってしまう人もいるかも知れませんが、スムーズに撮影を済ませるためには控えましょう。

鼻や唇のピアスに関しては、そのままで良い場合もあれば指摘される場合もあるようで、撮影担当者によってばらつきがありそうです。
心配であればはじめから外しておくのが無難ですね。

また、ヘアアクセサリーやネックレスなども同様に、サイズに気を付けて選んで下さい。
小さめのものであれば特に問題ないので、TPOに合わせたおしゃれを楽しめると良いですよね♪

スポンサーリンク

服装や表情は?

服装について

服装に関しても注意すべき点があります。

・露出が多く裸に見えてしまう(洋服の部分が見えない)もの
・顔の輪郭や頭部が隠れるもの
・背景と同化してしまうもの(ブルー系)

これらは免許証の写真には不適正なので、避けるようにしましょう。

参考画像:

宗教上、医療上の理由により普段から布や帽子などを使用している方に関しては、「個人識別の容易性が確保される範囲において使用は可能」とのことなので、事前に相談してみてくださいね。

参考画像:

サングラスやマスク、カラーコンタクトに関しては着用を控えるようにとの記述があります。
その場で慌てて外すことにならないようにしたいですね。

表情について

表情については、

・歯が見える笑顔のもの
・目を細めているもの
・目線が正面でないもの

これらが不適正とされるので、十分に気を付けましょう。

参考画像:

写真を撮られるのが苦手な人は特に、どんな表情で写れば良いのか悩みますが、無理に笑顔を作る必要はありません。
口を閉じて口角を少しだけ上げるように意識するだけで、自然な表情で写ることができます。
あまり緊張しすぎず、リラックスして撮影に臨んで下さいね。

スポンサーリンク

キレイに写るコツは?

キレイに写真に写るポイントは以下の3つです。

・白やベージュなど顔色が明るく見える洋服を選ぶ
・清潔感のある髪色や髪型を意識する
・コンシーラーやチークを上手く使い、血色良く見えるメイクを

これらを意識すればバッチリ!

気合いを入れて華美な服装やメイクをすると言うよりは、清潔感やナチュラルさを意識すると良いですね。

【まとめ】TPOに合わせた服装やメイクで、免許証の写真撮影に臨もう!

今回は免許証の写真を撮る際のアクセサリーや服装、表情などについてご紹介しました。
ポイントを復習しましょう。

・ピアスなどのアクセサリーは小ぶりなものであればOK
・露出を控え、かつ輪郭や頭部が隠れないような服装を
・無理に笑顔を作らず自然な表情で

これらのポイントを押さえれば、きっと納得のいく写真が撮れますよ♪
身分証明にもなる大切な免許証、素敵な仕上がりになると良いですね。