妊娠中の生ハムは加熱すれば食べられる?トキソプラズマ感染症に注意しよう!

妊娠中に生ハムを食べてはいけないということは、最近では広く知られるようになりました。

しかしまだ外食先のサラダなどには出てくることも多く、思わず食べてしまった方もいるかもしれませんね。何故生ハムを食べてはいけないのかを理解することが大切だと思います。

生ハムにはトキソプラズマという胎児にも感染する怖い病原体が潜んでおり、そのままで食べるのは危険です。そんな生ハムも加熱すれば妊婦さんでも食べられるようになりますよ。

ここでは、恐ろしいトキソプラズマの症状と、妊婦さんでも楽しめる生ハムの加熱調理メニューをご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

妊娠中の生ハムは加熱すれば大丈夫!

生ハムは燻製した非加熱のハムです。

日持ちを良くするために塩漬けされており、その塩分も妊婦さんは気になる所です。

しかしもっと恐ろしいのは、トキソプラズマという細菌が生ハムに潜んでいる点。

非加熱の生ハムはトキソプラズマの可能性が高いのです。

しかし、そんな生ハムもしっかりと加熱すれば妊婦さんでも食べられます!なかなか生ハムを加熱して食べることはないのですが、妊婦さんはただえさ食事制限が多いので、少しでも好きな食べ物を楽しみたいですよね。

加熱さえすれば生ハムも食べられますので、どうしても食べたい場合はしっかりと加熱するようにしましょう。

恐ろしいトキソプラズマとは?

私が妊娠中、友人とランチをした際にサラダに生ハムがのっていました。私はそれを食べませんでしたが、友人からは「何故?」と不思議がられたのを覚えています。

妊婦さんは生ハムを食べたらダメだということは、妊婦さん以外にはまだまだ浸透していないようです。

妊娠中の生ハムがダメだと言われるのは、トキソプラズマに感染する可能性があるからです。

生ハムだけでなく、ナチュラルチーズや生肉など非加熱のものに潜んでいます。

このトキソプラズマは、既に大人の10%が感染しています。妊娠中に初感染した場合、胎児も感染し、先天性トキソプラズマ症を引き起こします。水頭症や神経障害、最悪の場合には流産・死産を引き起こす、とても怖い病気です。

妊娠初期にトキソプラズマに対する抗体があるかどうかを調べることも出来ます。妊娠がわかった際には調べてみるのもいいかもしれません。もし抗体がない場合は、生ハムや生肉は絶対に食べないようにしましょう。

また免疫力が落ちている妊婦さんがトキソプラズマに感染すると、症状が重症化しやすいため、生のものを食べて体調を崩した場合は、すぐにかかりつけの産婦人科へ行かれてください。

スポンサーリンク

おすすめの生ハムを加熱調理したメニュー

ここを見られている方は、きっと生ハムを食べたい妊婦さんだと思います。

そんな妊婦さんに是非食べてもらいたい、生ハムを加熱調理したメニューをご紹介します。

加熱するので食感などは変わってしまいますが、おうちで生ハムを是非楽しんでくださいね。

ピザに載せて加熱

おうちで作ったピザでもよし、市販やテイクアウトのピザでもよし。
ピザの上に生ハムをのせて、オーブントースターでしっかり加熱してください。とても美味しくいただけますよ。

野菜巻きに

生ハムメロンなど、生ハムに果物や野菜を巻くととても美味しいですよね。これを応用します!

生ハムに大好きなお野菜(オクラやトマトなど)をのせて、しっかりと焼くだけ。

生ハムの塩分がとてもいいアクセントになり、止まらなくなってしまうこと間違いなし!

生ハムは塩分濃度が高く、加熱するとさらに塩見が増しますので、食べすぎには気をつけてくださいね。

まとめ

生ハムにはトキソプラズマ感染の可能性があり、妊婦さんは控えなければなりません。

しかし加熱することで妊婦さんでも食べることが出来ますので、うまく加熱調理しながら生ハムを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください