年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

ヨーグレットの食べ過ぎは体に悪い?1日の目安量について!

子供の頃からヨーグレットが大好き!

今でもスーパーで見かけると買ってしまいます。

ヨーグルト味で爽やかな酸味、カリッポリッ食感は病み付きになります。

ついつい食べ過ぎてしまって、気付けば一箱食べてしまいます。

でも、食べ過ぎは体に悪いのかな?と少し心配でもあります。

今回は、ヨーグレットについて以下の項目をご紹介します。

・ヨーグレットの食べ過ぎは体に悪い

・ヨーグレット一粒のカロリーは?

・ヨーグレット1日の目安量

・ヨーグルトの味以外にどんな味があるの?

・ヨーグレットが花粉症に効くって本当?

ヨーグレットの食べ過ぎは体に悪い?

ヨーグレットは、ビフィズス菌とカルシウムが含まれる“栄養機能食品”です。

体に良いものだからたくさん食べても問題ないんじゃ?

いえいえ、何事もほどほどが肝心。

過剰摂取になり、様々な病気の原因にもなります。

●カルシウムの過剰摂取による影響

高カリウム血症、高カリウム尿症、泌尿器系結石、前立腺がん、鉄や亜鉛の吸収障害など。

栄養機能食品をたくさん食べても、健康になるわけではありません。

また、カロリーもあるので食べ過ぎたら当然太る原因にもなります。

ヨーグレット一粒のカロリーは?

ヨーグレットは、一箱18粒入りで110kcal。

一粒あたり約6kcalです。

一粒で考えるとカロリーは低いですが、一粒食べるだけでは済みませんよね。

カリッポリッ食感が病み付きになるので、一気に一箱食べ切ってしまいます。

一箱食べると、小さめのクロワッサン1個分ぐらいのカロリーがあります。

他のおやつも食べるなら、少しカロリーを意識して食べた方が良さそうですね。

スポンサーリンク

ヨーグレットの目安量は1日1箱

栄養機能食品は、必ず摂取目安量を記載しなければなりません。

ヨーグレットの場合、1日あたりの目安量は18粒!

1日一箱です。

少し多めに食べたからといって過剰摂取になるわけではありませんが、多めに食べても体に良いわけではないので程々にしておきましょう。

ヨーグレットが花粉症に効くって本当?

ヨーグレットに含まれるビフィズス菌は、腸内環境を整える効果があります。

腸内環境が整うと、免疫力がアップしてアレルギーに強い体になります。

そのため、“花粉症に効く”と言われています。

ただ、薬とは違うので即効性はありません。

あくまでサプリメントのような感覚です、“健康な体づくり”をサポートしてくれる食品だと考えてくださいね。

ヨーグレットは、お菓子なのに栄養機能食品!

ヨーグレットは、ビフィズス菌とカルシウム配合の栄養機能食品です。

ビフィズス菌は、腸内環境を整える→免疫力アップ→花粉症に効く!

お菓子でありながら、栄養機能食品という優れものです。

カロリーは一粒6kcalと低いですが、一箱で考えると110kcalです。

低カロリーではありますが、他のお菓子を食べたりするなら食べる量を調整した方が良さそうです。

カルシウムの過剰摂取は、病気の原因になります。

1日一箱程度にしておくのがベストですね。

お菓子でありながら栄養機能食品なので、子供に食べさせるお菓子として選ばれ続けています。

また、爽やかや味わいなので、大人が食べても楽しめます。