マーガリンは体に悪い?ネオソフトに危険な成分は入ってる?

マーガリン

マーガリンが体に悪いっていう話、聞いたことありませんか?

朝食でトーストを食べるとき、料理に使うバターを切らしてしまっているとき、私たちは日々の様々な場面でマーガリンを使い、それを口にしています。

その頻度は結構多いのではないでしょうか。

ですが、そんなマーガリンが体に悪いと知ったとき、あなたはどうしますか!?

実はマーガリンには「トランス脂肪酸」という体に悪いと言われる成分が入っています。

通称「食べるプラスチック」とも呼ばれているこのトランス脂肪酸。

摂取すると一体どんな危険があるのでしょうか?

ということで今回は、

・マーガリンって体に悪いの?
・ネオソフトには危険な成分が含まれているってホント?
・安全性の高いマーガリンってあるの?

ということについてご紹介していきたいと思います。

マーガリンは体に悪いのか?

マーガリンは体に悪いという情報はなんとなく聞いたことがあるかもしれません。

私は以前スーパーで買い物をしているときに、バターを店頭販売しているおばちゃんから如何にマーガリンが私たちの体にとって危険なものなのかということを力説されたことがあります。

バターの方が風味が豊かで美味しいのですが、一方でマーガリンの方が安価なため家計のことを考えるとこちらの方が良かったりもするんですよね。

では、具体的にはどんなことが原因でマーガリンは体に悪いと言われているのか?

その一番の原因となっているのが、マーガリンに含まれている「トランス脂肪酸」です。

トランス脂肪酸を含むことによってマーガリンは硬化するようになっているのですが、この硬化した脂肪分子がプラスチックの構造に似ているという理由からマーガリンは別名「食べるプラスチック」とも言われています。

ここから想像するに、もう既にマーガリンは体に悪いものというイメージが強くなっているのではないでしょうか。

このトランス脂肪酸は摂取することで悪玉コレステロールを増やすはたらきをしてしまい、血中の悪玉コレステロールが増加することで動脈硬化を引き起こしてしまうリスクが高まってしまいます

また、それだけでなく認知症になるリスクも高まるということが研究によって分かっています。

このトランス脂肪酸はマーガリン以外にも様々な食品に使われているわけナのですが、そもそも私たちが食品から摂取する必要が無いと言われるくらい無駄で害悪な成分というふうに考えられているのです。

スポンサーリンク

ネオソフトに危険な成分は入ってる?

マーガリンは国内の様々なメーカーで製造販売されているわけなのですが、そのなかでもマーガリンとして知名度の高い雪印メグミルクの「ネオソフト」に着目してみました。

ネオソフトにはマーガリンが体に悪いものと言われている原因となるトランス脂肪酸がどのくらい含まれているのでしょう。

そもそも日本の決まりとしてトランス脂肪酸の含有量についての表示義務は無いそうなのですが、これが体に悪い成分であるということを一般消費者たちが認識し始めたことから多くの製品で表示されるようになっています

2000年くらいまではネオソフトも例に漏れずトランス脂肪酸は使われており、100gあたり0.8gのトランス脂肪酸が配合されていました。

0.8gと聞くととても少なく感じますが、朝食で毎朝マーガリンを塗ったトーストを食べるのが習慣となっている人からすればたまったものでは無いでしょう。

ですが、2018年以降ネオソフトにトランス脂肪酸をほぼ使わないという配合が実現したのです!

その量わずか0.08gと、2000年頃と比べるとわずか1/10の量に減っています。

これなら安心してマーガリンを口にできそうですよね。

スポンサーリンク

安全性の高いマーガリンを紹介

ネオソフト同様、トランス脂肪酸の配合量が少なく安心して食べられるような安全性の高いマーガリンって他にもあるのでしょうか。

いくつかご紹介していきましょう。

①小岩井乳業 小岩井マーガリン ヘルシータイプ

こちらは調べてみたところトランス脂肪酸の含有量が一番少ないマーガリンとなっており、100gあたり0.34gでした。

②月島食品工業 パン屋さんのおいしいマーガリン

こちらは小岩井マーガリンに続いて二番目にトランス脂肪酸の含有量が少なく、100gあたり0.5gでした。

③帝国ホテルキッチン ホテルマーガリン

三つ目は有名ホテルの帝国ホテルから販売されているマーガリンで、こちらのトランス脂肪酸含有量も二つ目にご紹介したマーガリンと同じく100gあたり0.5gでした。

【まとめ】マーガリンに含まれるトランス脂肪酸に危険がいっぱい!

トランス脂肪酸の危険性についてご紹介しましたが、一応日本人の摂取量であればそれほど健康に害は無いということでした。

・マーガリンに含まれているトランス脂肪酸が体に悪いとされている
・ネオソフトは製品改良が進み、現在は含まれているトランス脂肪酸の量がかなり減っている
・トランス脂肪酸をあまり使用していないマーガリンはいくつかあった!

とは言え「悪いもの」と聞くと気になりますし、今回ご紹介した安全性の高いマーガリンに切り替えてみるというのもいいかもしれませんね!