年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

サラダの食べ過ぎは逆に太る?ダイエット効果を高める食べ方

ダイエットの強い味方!と思われているサラダですが、サラダの食べ過ぎは逆に太る?と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今ではコンビニでも多くのサラダが発売されており、手軽に野菜を摂れて健康にもダイエットにもいいと思っていらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし、主食抜きでサラダばかりを食べた場合やサラダの種類・調理法などによっては、逆にダイエットの妨げになってしまう場合があるのです。

でも、食べ方さえ間違えなければサラダはダイエットの強い味方になってくれますよ♪

この記事では、太りやすいサラダとダイエット向きのサラダをご紹介していきますので、ダイエット中の方は是非ご覧になってみてくださいね!

スポンサーリンク

 

こういったサラダの食べ方は太る!避けるべきサラダとは?

ドレッシングのかけすぎ

生野菜サラダにドレッシングをかけて食べる方も多いでしょう。
しかしこのドレッシングも、かけすぎはよくありません!

ドレッシングは油や糖分がほとんどでカロリーも高く、塩分も高いものがあります。
フレンチドレッシングやシーザードレッシングはカロリーも高めです。

また、油分を控えるためにノンオイルドレッシングを選ばれる方も多いと思いますが、ノンオイルドレッシングにはオイルの代わりに糖類で味を調整しているため、実はダイエットの敵なのです。

いくら生野菜で低カロリーとはいえ、このように高カロリー&高糖質のドレッシングをたくさんかけていたのではダイエットにはなりませんね。低カロリーのドレッシングは後ほどご紹介していきます!

糖質の取り過ぎ 

サラダの種類によっては糖質の摂り過ぎになってしまうものもあります。

じゃがいもなどのイモ類やかぼちゃなどは糖質も多く含まれるだけでなく、ポテトサラダには大量のマヨネーズを使うのでダイエットには不向きです。

シーザーサラダもチーズやベーコンなどが使われており、太る要素たっぷりなので控えましょう。

またオイル漬けされたツナやコーン、マカロニやスパゲッテを使ったサラダを食べ過ぎるのも明らかに糖質の摂り過ぎです。

これらには糖質だけでなく油分や脂肪分も多いため、出来るだけ避けるようにしましょう。

腹10分の食べ過ぎ

何事も適量を心がけなければなりません。サラダはヘルシーで太らないからと言って、お腹いっぱいになるまで大量に食べていると、その分胃も大きく膨らんでしまいます。すると空腹になる間隔も早くなるだけでなく、次第に満腹感も得られにくくなってしまいます。

サラダはあくまでも副菜とし、サラダだけでお腹をいっぱいにするのではなく、適量を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

サラダばかり食べていると太る理由

生野菜サラダはヘルシーですが、食事を生野菜サラダのみにしているとたんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質が不足すると筋肉が落ち、逆に脂肪を燃焼しづらい体になってしまうため、ダイエットには向きません。

またサラダばかり食べていると栄養が偏り、体が低栄養の状態になってしまいます。すると次にとった食事の栄養を余分に吸収してしまうため、逆にカロリーオーバーになってしまうのです。

サラダのみを食べるのではなく、主食(炭水化物)と副菜(たんぱく質やビタミン類)などをバランスよく食べ、痩せやすい体を作ることがダイエットには大切です。

食事と運動で、ガリガリの体より程よく筋肉のついた美ボディを目指すようにしましょう。

スポンサーリンク

ダイエット効果を高める食べ方

ポテトサラダやマカロニサラダなどは太りやすいとご紹介しました。

ここでは逆にダイエットにおすすめのサラダの食べ方を紹介しますね。

食物繊維豊富な海藻サラダを食べる

海藻サラダはカロリーも低く食物繊維も多いので、便通もよくしてくれ女性にはおすすめのサラダです。

よく噛むことで満腹感も増しダイエット効果が高まります。

トッピングは豆腐、ささみ、ゆで卵で良質なタンパク質を摂る

トッピングもダイエット中は気をつけなければなりません。

太りやすいコーンやベーコン、オイル漬けのツナ等は避け、豆腐やささみ、ゆで卵などの良質なたんぱく質を摂れるものが良いでしょう。たんぱく質は筋肉を作ってくれるので、痩せやすい体になりますよ。

温野菜を使ったサラダもおすすめ。生野菜のサラダは体を冷やしやすいので、冬場や体が冷えやすい女性には向きません。ブロッコリーや人参、豆類などをレンジでチンして食べるだけなのでお手軽ですよ。

ドレッシングは青じそなどの低カロリーなものを使う

そして大切なドレッシング。先ほども書きましたように、フレンチドレッシングやシーザードレッシングは避け、青じそドレッシングや和風ドレッシングなど、低カロリーのものを使用すると良いでしょう。

また自分でも簡単にドレッシングを作ることができます。

オイルは悪いものと思われがちですが、良質なオリーブオイルを使用したドレッシングは実は体作りにおすすめ!いい油はビタミン類を体に吸収しやすくする働きがあるのです。

オリーブオイルに塩を少々混ぜるだけでも十分ですし、酢やレモン汁を加えても美味しくいただけます。

ただし、オリーブオイルには偽物も多く出回っているので注意してくださいね。

玉ねぎドレッシングは手作りでも作れる

人気の玉ねぎドレッシングも簡単に作る事ができます。

すりおろした玉ねぎとオリーブオイルを混ぜ、はちみつ・酢・醤油で味を整えるだけ。

玉ねぎは血管をさらさらにしてくれるので、健康にもいいですよ。砂糖の代わりにはちみつを使用しているので、抗酸化作用もあります。

市販のものはトランス脂肪酸が多く含まれていますが、手作りすることで健康的なドレッシングを摂取することができますよ。

手作りのドレッシングは防腐剤などは使用しておらず日持ちはあまりしませんので、1日分を作るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

太りやすいサラダとそうでないサラダがあることが分かりましたね。

ダイエットにもってこいのサラダですが、何事も食べ過ぎやかけ過ぎを防ぎ、適量を摂取するようにこころがけましょう。

良質なたんぱく質と一緒にサラダを食べるようにし、サラダで健康的に痩せてダイエットを成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください